縁側の下塗り

昨日塗った下塗りは密封空間のせいなのか、一部乾いていない部分があったり、
雑に塗られている個所が見つかったりで、補修して乾燥させるため、今日は本塗りをしませんでした。

縁側の一部の壁に漆喰を塗るための下塗りが終わっていませんでしたので、今日はその個所を下塗りしました。
塗って、窓を開けて扇風機で風を回して乾燥させています。

だいぶ乾いてきましたが、板のつなぎ目に少し段差があったので、そこを厚めに塗って段を平らにしたら、やっぱりたくさん塗ったので乾きが悪いですね。

明日は本塗り出来るはず・・・
21日は相談会に参加するので塗れないし、22日で完成かな。
頑張ろう!

内装工事完了

ほぼ内装工事が完了しました。
明日電気工事が完了すると業者さんにお願いする内装工事は完全に終了です。
この後は私が一人でコツコツ修理していきます。

押入れ完成! ブースのようになり、もう押入れじゃないですね。

押入れの床もかなりフニャフニャでただ床材を張り付けても危険だという事で、
大工さんがきちんと頑丈に作ってくださいました。
壁もベニヤを張り付ける方が簡単だけど、床材がたくさん余ったという事で全部床材で作ってくれたんです。
床材はすでに綺麗に塗装がされているので、私がいろいろする必要もなく、綺麗になりました。

次に縁側です。
こちらの床もどこもかしこも水平じゃなかったので、水平になるように調整してもらっています。
大変すぎて、もう一度お願いされてももうやりたくないな~ 入院したことにしちゃおうかな~なんて言って笑っていました。
そのくらい大変だったんですね。
ありがとうございました。

反対側は押入れになっているのですが、こちらの中の床も全部綺麗にしてくださいました。

久々の作品作り オーダー品

お店の方はまだリフォーム途中ですが、オーダーをいただいておりました。
バタバタしてしまって、梱包したものも開梱していなかったので、
ちょっとお時間をいただいて、ゆっくり作成させていただきました。
オーダーしてくださったお客様は、以前にネットで3回ほどオーダーいただいていた方で、
一度もお会いしたことなかったのですが、一昨年の銀座でのグループ展にわざわざ見に来てくださったんです。
それが縁で、今回引っ越ししてきたので、中華街でランチして楽しい時間を過ごさせていただきました。

オーダーはスーパーセブンのポイントをシンプルにラッピングしてほしいという事でした。
色変わりが少ないステンレスの角ワイヤーでのラッピングです。

ステンレスは硬いので、石が欠けないよう注意が必要です。
そして、もう一つ注意しているのが、角ワイヤーの場合、ワイヤーの面がねじれないという事です。
ねじれると汚く見えますし、束ねる時に綺麗にいかないのです。
束ねているところは渦巻きなどで隠れていますが、一応そういうところも気を付けています。
わざとワイヤーをねじって、デザインとしてねじりを出すこともありますが、
今回はシンプルにという事だったので、どこもねじっておりません。

石の形が左右非対称なので、それに合わせて少しづつ形を合わせていきました。
なるべくシンプルにという事で、周りには装飾したりせず、包むだけにしています。
光が無いと黒っぽく見えますが、光が差すと細かい線が見えて、グレーにも見えたりする石なので、
なるべく光が差した時に綺麗に見えるように装飾が石にかからないようにしています。

上部は左右非対称のハートです♥

裏は上に一つ渦巻きがあるだけですね。
石の表情が違いますので、裏側を表としてリバーシブルでも使えます。

両脇は石の形が全然違うので、サイドも違った形になります。

 

 

久しぶりの作品作り、やっぱり集中できるし、すごく楽しかったです♪

本日特別レッスン

以前からお客様からワイヤーで小さなトルソーを作れないか相談がありました。
そして、出来ればその作り方を教えてほしいと。
立体のトルソーではなく、半立体のトルソーで、はがきサイズのこのトルソーを
台紙に張って、そこにレカンフラワーというドライフラワーを張り付けていくのだそうです。
作ったことがないし、どんなふうに作ったらいいのか、そして初めての方でもそれなりに
形にできるためのテキストを作らないと。
デザインから配線するワイヤーの本数や立体の部分の浮かせ具合など、何度かお客様と
打ち合わせして、試作品を作りました。
初めてものは試作品もお客さんに見せる前にいくつか作って失敗したりして、
なかなか進まず、閉店間際は忙しくて、特別レッスンをすることもできませんでした。

ようやく今日できます。
半立体ですが、寸法通りつくると自立します。
さて、行ってきまーす♪

Diploma(終了証)が出来上がりました

何かコースが終了した後に何も残らないのって、少々寂しいですよね。
そこで、オリジナルベーシックコースを作ったときに、終わった方には終了証をお渡ししたいなと思っておりました。
閉店までなんだかものすごく忙しくて、全然準備ができていなかったのですが、終了証のフレームのデザインだけは、ビーズ屋黒猫のロゴデザインやオリジナル工具のデザインも作ってくれた「岡部公房」さんに依頼して作っておいたんです。
ビーズ屋黒猫らしく、フレームの中にさりげなく猫ちゃんが2匹いるんですよ~♪ わかりますか?

中のデザインもようやく出来上がり、こんな感じにできました。

中央の名前は、私の名前が入っちゃっていますが、本当は終了した生徒さんの名前が入ります。
これを受け取って達成感を感じていただけたら嬉しいな♪

上級者用 バットマンペンダント 生徒さん作品

17日土曜日に来てくれた上級者の生徒さんの作品です。
バットマンペンダント!
着画を撮らせてもらいました。
羽の広さは選ぶ石の大きさによって少し変わりますし、周りの渦巻きの大きさによっても変わります。
ここは人によって個性が出るところですね~。
今回は細めの羽で、シャープなかっこいいものになりました。

今頃テキスト作っています!

後10日ほどで閉店なのに、今頃テキスト作っています。
作っているのはこちらのリング。

このリングを飾っていたところ、最近ベーシックを終了した生徒さんから、これが作ってみたいというご要望がありまして、テキストを作ることにしました。
実は、この作品は上級者用に作ってみようかと試作したのですが、作ってみたら、上級者っていうほど難しくないので、テキストを作らずにいたんですね。

中級者用ということで、採用です!
テキストも完成しましたし、この作品用のガラスも届きましたので、ガラスとワイヤーの色を選んで自分好みのリングを作っていただきますよ~♪

リメイク品、こんな感じになりました♪

昨日の続き。
ブローチのリメイクは大きなネックレスになりました。
元の素材が大きいので、その大きさそのものなんですけど、周りを少しワイヤーで飾って、
下にエメラルドグリーンの鮮やかな蝶を付けました。
中央のお花に向かって飛んでいるところです。

チェーンは、お花の色とワイヤーの色に近いものを選んで着けています。

もともとブローチだったもので、ブローチピンを壊さずそのままにしてネックレスにしました。
裏の上のワイヤーのぐるぐるは当初前面に出す予定だったのですが、表がうるさすぎて
せっかくのブローチが隠れてしまうので、背面からちょっとだけ上に出すようにしました。
裏を見ないとわからない、隠れた装飾ですね♪

長さは50-55㎝くらいで調整できるようにしています。

メタルリーフのブローチが何になるかな?

リメイクのご依頼。

ヴィンテージのメタルリーフのブローチをちょっと豪華にしてペンダントに作り替えてほしいというご要望です。
さて、どうやって装飾するかな。
まずは蔦を這わせてみようかな。

それから、下にⅤ字のフレームを付けて・・・
蝶々もあとで付けてみよう!

さぁ これからどうなるか明日のお楽しみ♪

私は怪力なのか?

フラットワイヤーに穴をあけるためのパンチ。
5mmのフラットワイヤーは厚みもあるので、このパンチで穴を開けるのには
結構な力が必要なんですけど、今回はなかなか開きませんでした。
目を瞑り、力の限り手を握ると「パチン」と音がして穴が開きます。
今回も「パチン」と音がしたので、ようやく開いたか!と思ってみてみると
穴が開いていない・・・・
じゃあ、この「パチン」は何の音?と思ってよく見ると・・・
なんとパンチが折れている!

(  ゜ ▽ ゜ ;)エッ!! 私がやったの? 
そうだよね・・・ 私がやったの・・・握力だけで!

ワイヤーワークは確かに手の力が必要だけど、こんな怪力になってしまっていたんだろうか。
今、握力どのくらいあるのかな~?
恐ろしい・・・(^▽^;)