オリジナルベーシックコース

「光と影」シリーズ

「光と影」シリーズは、オニキスとマザーオブパールで白と黒で統一されたデザインで、コーディネートして使える作品です。
白と黒は、「陰と陽」や「光と影」を現していて全く反対のものなのに、光の後ろに影ができるように同時に存在しています。
人も同じで、白も黒も持っていて、魅力的なんだと思います。
時に明るく、時にフェミニンに、そしてミステリアスに魅せてみたり、女性が持ついろんな魅力を引き出してくれるジュエリーたちです。

この作品は主にオニキスとマザーオブパールを使用していています。
(「ジキルとハイド」のみリバーストーンに変更)
この組み合わせは「家族間のコミュニケーションをよくして、家族のきずなを深める」という素敵な意味もあるんです。

ベーシックコースのコンセプト
ベーシックコースが目指しているのは、既成のパーツを繋ぐだけのアクセサリーではなくて、パーツも自分で手作りできるようになって、オリジナル作品が作れるための基礎を学べる事!

 

ビーズ屋黒猫の教材はここが違う!

この教材は、8種類の作品を作っていただきます。
その中で出てくるテクニックはザクッと15種類

オリジナルの作品が作れるようになるためのコツも教えていますので、ベーシックコースとはいえ、かなり内容が濃いものとなっております。
初歩的なテクニックから順番に学んでいただくことで、一つづつステップアップできるような連続的なプログラムにしています。
1番の次にいきなり5番を作ろうと思っても、2番のテクニックの応用が出てきますので、2番のテクニックを持っていない方は作ることができません。
番号順に作っていただきますようお願いします。

作品1~3
「ストリンギング(ワイヤーにビーズを通すだけ)」、「9ピン留(ピンワーク)」、「巻き付け」など、ワークショップでもときどき見かけるテクニックを取り入れつつ、工具の使い方に慣れていただきます。
プラスして、ワイヤーで作るフープやビーズボール、渦巻きなど、特徴的なモチーフも作ります。
ここまではおそらく、やったことのない方でもサクサク作っていただけます。

作品4
「ワイヤーの基本」とよく紹介されている「メガネ留」を学びます。
基本ですが、メガネ留は練習を必要とするテクニックで、毎回同じ形で綺麗に作ろうとすると、結構難しい技術の一つだと思います。
作品3のテクニックを応用した形で出てきます。アクセサリーショップでよく並んでいる商品は、大体作品1~4までのテクニックでできています。
同じような作品を作りたいのでしたら、この技術だけでも十分作ることができます。

作品5~6
専用工具を使って、既製品にはないオリジナルパーツを作って、組み合わせていきます。
作品2と4のテクニックも出てきます。

作品7~8
このあたりに来ると、中級じゃないの?って思う方もいるかもしれませんね。
そうなんです、ここに来ると初中級クラスになります。
普通なら、買ってくるパーツをワイヤーで作りますので、何度が少し上がります。
でも心配いりません。
基本的なテクニックは作品3の応用なので、順番に進めていけば作っていくことができます。このように、初歩的なテクニックを応用的な使い方で、作ったパーツを組み合わせることで、オリジナル作品を
作ることができるということを学んでいただけるのが最大の特徴です!

通信講座もご用意しております。➡「通信講座の詳細
気になる方は、お気軽にご連絡ください。

お問合せ
080-6052-6302

 

「光と影」作品紹介

1) 日食ペンダント
白と黒の2連のネックレスの先に螺旋状のワイヤーでフレーミングされているフープが付いたペンダントです。
シャツやセーターなど、普段のお洋服に着けていただくとかっこいいですよ♪
<テクニック>
ストリンギング
螺旋フレームのワイヤーフープ

 

2)ブラックベリーとホワイトベリー
basic2名前の通り、ベリー系の実がコロコロついた可愛らしいネックレスです。
モノトーンなので、可愛らしすぎず大人の方も使いやすい色合いです。
<テクニック>
9ピン留
9ピン留応用のチェーンパーツ
ビーズボール

 

3)ジキルとハイド
ブラック&ホワイトハートピアス
黒と白の左右がはっきり分かれたハートの中に渦巻きがある、可愛いけど大人の魅力も持ち合わせた、不思議なピアスです。
イラスト通りの形をワイヤーで作る練習をします。
<テクニック>
巻き付け
渦巻き(同じ形のものを作る)

 

4)カシスとグレープ
607-14
Ⅴ字の蔦の周りにカシスと色付く前の実もついています。
朝露を浴びたような艶やかな葡萄を付けた、大人ロマンティックなテイストのネックレスです。(2色から選べます)
<テクニック>
ワイヤーシャンク
メガネ留

 

5)レトロで乙女

フェミニンだけど、アンティーク調の色遣いでレトロな雰囲気のネックレスです。
フラワーの周りのコイルの付け方はオリジナルの方法で付けています。
さらにそれぞれのパーツを繋ぐ、繋ぎパーツも手で作ります。
<テクニック>
コイリングフラワー
座金使い

 

6)リースと揺れる葡萄

ワイヤーを編んで作るリースにオニキスとベージュのマザーオブパール優しい色合いに動く度に揺れる葡萄がついたブローチです。
土台の部分から作っていくので、ブローチピン以外ほぼすべて手で作っていきます。
<テクニック>
バイキングニッティング
揺れる立体的な葡萄

 

7)光と影の華
B&Wバングル1
白と黒がはっきりと分かれた花の中央にうっすらと青い光を放つムーンストーンをあしらい、周りには透かし彫りのようなデザインのバングルです。
フレームが手作りなので、既製品には出せない柔らかい雰囲気を出すことができます。
<テクニック>
タペストリーワーク

 

8)猫と鞠
猫と鞠
猫のモチーフのオープンネックレスです。
猫の手が蔦をつかみ、その先にある鞠を捕まえようとしています。
これは全部手作りで、既製品のパーツを一切使いません。
<テクニック>
モチーフづくり
ビーズボール

 

教室、教材に関するお問い合わせはこちらです。
お問合せ もしくは 080-6052-6302

通信講座はこちら