ステンレスワイヤーの猫ちゃん

ステンレスの角ワイヤーでできている猫ちゃん。
しっぽにはスワロフスキーが付いています。
明日の上級者の方の教材です。

ステンレスでの教材は初めてなんです。
明日来ていただく生徒さんは、ステンレスはもうちょっとしてから~
っておっしゃっていたのですが、そろそろ挑戦してみようかなという
ことを聞きましたので、早速用意しました!

硬いワイヤーですが、器用な方なので、サクサクできちゃうかも♪
624

後ほど、ベーシックコースの2番目の作品のご紹介も投稿しますね♪

ベーシック1 日食ペンダント

basic1

このペンダントは 太陽、月、地球が一直線に
並び、太陽の光を月が遮ることで地球が一瞬暗くなる
日食が明けていく瞬間をイメージしています。

ベーシックの一番最初の作品で、比較的簡単に作ることができます。
通すだけのチェーン部分ですが、真ん中のモチーフが取れないよう
ちょっとだけ工夫されていたりします。

中央のフープは、上からだんだんと大きくなるように石が配置されていて
その周りをワイヤーでらせんに見えるように装飾しています。

ワイヤーを初めて扱う方も、指で巻いていくので簡単に巻くことができます。

テクニック
ストリンギング
いわゆる通すだけなんですが、ビーズを通した後の
最後の処理の所の始末の仕方を学びます。

ワイヤーフープ
ただ通しただけのフープではなく、周りにらせん状に
飾りを付ける方法と最後のワイヤーの始末が綺麗に見える方法

全くテグスなどのビーズ手芸をやったことのない方でも
気軽に始められるレベルの作品です。

 

アンモナイト、生きていたころを想像して!

先日アンモナイトを納品したお客様から
新たなアンモナイトをお預かりしまして、
今回はブローチで、チェーンを通せばペンダントに
なるようなバチカンを付けてというご依頼でした。
フリンジを付けて豪華な感じにしてほしいとのことでしたので
誰もやったことのないようなデザインにしました!

アンモナイトって現存するオウムガイに似ていたらしいんですけど、
想像図みたいなのを探したらウィキペディアに載っていました。
タコみたいに手なのか足なのかわかりませんが、触手がいっぱいあったんですね。
それをフリンジに見立ててみました。

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%a2%e3%83%8a%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%96%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%9a%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%b3%e3%83%88

623

ブローチの時はこんな感じ
623-1

ネックレスでも!
623-2

623-3

裏側はこんな感じでブローチピンが付いています♪
623-4

レザーのフラワーブローチをネックレスにリメイク

ご自身で作られたというカラフルな革のブローチ
こちらをネックレスにというご依頼でした。
今回の革製品は穴など開いているところがないので、
作品に穴をあけるわけにもいかず、裏に座金を付けるのに
大変苦労しました。

DSC_7026

まずはついていたブローチピンを慎重に外しました。

DSC_7027

その後、このピンの入っていた穴にワイヤーを入れて、
座金を固定しました。

今回はお花が大きくカラフルなので、周りはあまり装飾せず
メタルの葉っぱを付けるだけにとどめました。

DSC_7036

裏はこんな感じ

DSC_7037

チェーン部分はピンクと黒だけにしようと思いましたが、
ピンクと黒だけだとどちらも主張して、かなりどぎつい感じに
なってしまったので、緑も入れました。
622

シンプルでしたが、見えない裏の処理が大変でした。

 

ワイヤーアクセサリーの基礎から学べば、リメイクだって
自分でできるようになっちゃいます!
まずは、体験教室から手軽に始めてみませんか?
体験教室

アンモナイトのネックレス納品♪

今日、お客様にアンモナイトのネックレスをお渡ししました。
オーダー品はお渡しするときまで、どんな反応が返ってくるか毎回緊張します。
621
以前アンモナイトのネックレスをオーダーいただいた時に
普段お客様が来ている洋服や雰囲気に合うように作ったのですが、
お渡しするときにイメージと違っていたようだったんです。
その後、お客様から「最初もらったとき、イメージと違うかなと思っていたんだけど、
人から一番雰囲気にあっていて似合うと言われて、気が付くとこのネックレスを
一番使っているのよね~、とても気に入っているの」って話してくださって
本当に心から嬉しいと思いました。

そして、毎回私と会う時に、アンモナイトのネックレスをしてきてくださるんです。
今日も身に着けて来られました。
いつもありがとうございます!

DSC_7040

今回は、イメージしていたよりずっと素敵にできていると言って、
一度バックにしまった物をもう一度出して眺めてみたり、
本当に喜んでくださいました。
近々行われる式典にしていかれるそうです。
旦那さんに内緒にしているそうで、
「主人にいつ話そう・・・」って言っていましたけど、
「式典にしていかれるってことは、その時にはバレますよね?」
「ヾ(^▽^*わはははっ!! そうよね!」ってとても明るいお客様です♪

この喜びって、作っている人が味わえる達成感と充実感ですね。
私はこれがうれしくて続けているのかもしれないです。

そして、また新たにアンモナイトをお預かりしました。
今度はブローチです。
チェーンを通せばネックレスにもなる2wayでということなので、
また、デザインを考えてみたいと思います。

また頑張るぞ~!

アンモナイトのネックレス出来上がりました!

前回作りかけだったアンモナイトのオーダー品が出来上がりました。
淡水パールとムーンストーン、ラブラドライトと組み合わせ、
綺麗なアンティーク調に仕上がりました♪

この大きなパールはフェイクじゃありません。
こんな大きな淡水パールもあるんですね。

渦巻きのところはマザーオブパールです。

621-1

パールのお花にはびっしりと2mm以下のシードパールと
呼ばれるものすごく細かいパールを使いました。
そして、真ん中にはムーンストーン
これが青く光って綺麗なんですけど、写真だと
青い色が白く映るんですよね~
もっと濃い青なんですよ!
見ていただけなくて、残念です。

DSC_7022

お花のわきにはロンデル型のこれもきれいなラブラドライト

DSC_7024

これはきれいに撮れています。
角度的にこの石しか光っていませんが、全部の
石がこれくらい光ります!

チェーン部分はお客様の持ち込みのネックレスをバラバラにして
使ってほしいとのことでしたので、パールと組み合わせました。

DSC_7020

ナツメ型のものは、アンモナイトと同じくらいの大きさがあり
大きすぎるので、今回の作品には入れませんでした。

621

後ろはカニカンで、チェーンのどこにでもカニカンが入るので
長さの調整がどこでもできます。
621-2

気に入ってくれるかな~?

私のあこがれ

もう何年前だったかな~ ライトオンという㎝に女優の蒼井優さんが
上下デニムでいかにもカジュアルな格好に、スキャパレリの
ヴィンテージジュエリーを合わせて出ていたんです。
それを見たとき衝撃を受けましたね~。
(気になる方はライトオン ヴィンテージジュエリーって検索すると出てきますよ)
こんなにカジュアルなのにヴィンテージジュエリーが浮いていない!
むしろ可愛い!!! 私もやってみたい!

もうあの㎝みてから、そうやって普段着と合わせて、ちょっと豪華に
見えるジュエリーを使いたいし、そういう人が増えたらいいなって
思っています。

ベーシックコースの中でもゴージャスなデザインのものをデニムに合わせてみました。
前回紹介した時より、少しマイナーチェンジしています。
一番下の部分を少し長くしてv字がはっきりするようにしました。
ワンピースと合わせるとこんな感じです。
パーティー用に見えますよね。

これを、デニムに合わせるとどんな感じになるでしょうか。
まずはシャツの中
シャツ中なので、正面で見たときに目を引く感じでしょうかね~。

DSC_7010

実は、昨日このシャツより、もうちょっと胸元の開いた
紺のリネンシャツを着て、これを首に着けて1日過ごしていました。
そのままスーパーで買い物したりしましたが、周りの人に
ぎょっとされたり、じろじろ見られたりすることなく
さりげなく豪華なものを付けてても、自然に見えることがわかりました。

さらに襟を閉じて、シャツ上からも付けてみました。
cmではこうしてシャツの上から着けていたんですよ~。

DSC_7014

これはこれで、こういうデザインのシャツみたいに見えますね。
パールやきらきらジュエルが最初から縫い付けられている
シャツって最近ありますよね。

普段着にちょっとゴージャスなものをさりげなく取り入れる!
なんだか楽しい♪ って感じて、多くの人のそんな風に使ってもらえるようになりたいです。

もし、このブログを見て、興味を持ったら、ぜひ試してみてくださいね。
1日すごくウキウキした気分で過ごせますよ♪

 

このネックレスはベーシックコースの作品です。
これを作れるようになりますよ。
体験教室もありますので、お気軽にご連絡くださいね。
体験教室

エイジャの赤石 作っている途中を見せちゃおうかな

前回紹介したこの作品、エイジャの赤石という名前がついているんですね。

エイジャの赤石
さて、今回これは結構てこずりました。
というのも、頭の中で組み立てたときは、こんな感じでできるかな~って
思っていたことが、実際作ってみるとそんなに簡単にいかないってことが
分かっちゃったんですね~
フレームを2回作ってダメだということが判明・・・(T_T)

根本から作り方を変更しました!

DSC_6800

最初はすべてのフレームを作ってから合体させる予定だったのですが、
なかなかうまい具合に左右対称に接合できなかったんですね。
アニメ画像の中央の石と周りの石の比率が違うので、
周りのガラスの間隔をどの程度にしたらいいのか分からなかったんです。
上手な人ならできたのかもしれないですけど、私には難しくてできなかったの・・・

だから、バラバラのフレームを作ってから合体させるんじゃなくて、
フレームを合体させながら、外側の小さなフレームも同時に作っていくことにしました。

つまり、そこで失敗したらもう一度最初からってこと!
ステンレスの角ワイヤーだから硬いし、失敗したら最初からだよ!っていう
プレッシャーで緊張しちゃって、暑くないのに汗かいちゃいましたね~。

今回は、全部石座をワイヤーで作るとかなり重たい雰囲気になってしまうので
スワロフスキー用の石座を活用しての作品になりました。

お客様が気に入ってくださって、嬉しかったな~♪

DSC_6808

アニメ画像そっくりに作ってほしいというオーダー

アニメ画像と同じようにペンダントを作れますか?
というご相談がありました。
その画像がこちら
%e3%83%aa%e3%83%b3%e6%a7%98%e5%8f%82%e8%80%83%e7%94%bb%e5%83%8f

彫金だったらそっくりにできると思うのですが、
ワイヤーでこれを再現するには、どういうパーツを作ったらできるか考えました。
全く同じにはできないけど、似たような形にはできそうな気がするな~
お客様にはまったく同じではないけど、似たような形だったらということを
お伝えして、オーダーをお受けすることにしました。

まずは使う石やガラスのご相談。
私が用意できる石やガラスの種類や色、サイズなどをご連絡して
その中から選んでいただきました。

中央の赤い石に近いのはスワロフスキーで用意できそうでした。

そして出来上がったのがこちら!

DSC_6805
画像を実サイズのガラスに合わせた大きさに印刷して、
周りのガラスをどれくらいの大きさのものを用意したらいいのか
確認してから、材料を探し始めました。
画像とぴったり同じ比率のガラスは見つけられなかったので、
似たような大きさのものを用意しました。
こちらもスワロフスキーです。

画像から同じような形に作品を作っていくというのは、
初めての試みで、私にとってはチャレンジでしたが、
作り始めたら、夢中になって作っていました。

出来上がって、画像と同じようにできて、ほっとしています。

こちらは着画

DSC_6808

DSC_6806

DSC_6807

DSC_6811

神が降りてきました~!!!

ベーシックコースの作品も最後の2つとなったのに、
パーツは作ったのに、全体的なデザインがさっぱり決められず
悩んでおりましたが、昨日、今日とサクサクデザインが決まり、
本日ついに全部完成しました~!
あまりに決められない私に神が降りてきて手伝ってくれたようです!!!
神様ありがとう(T_T)

今回使う新しいビーズはこんなもの
真ん中に穴が開いているコイン型のビーズ

DSC_6793

 

さぁ~これがアンティークジュエリーのようになりました♪
%e3%82%b3%e3%82%a4%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%8d%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%b9

%e3%82%b3%e3%82%a4%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%8d%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%b91

こちらのネックレスは基本的な技術だけでできています。
各パーツを繋ぐ箇所に丸カンを使わず、ワイヤーでパーツを作って繋ぎます。
%e3%82%b3%e3%82%a4%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%8d%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%b92

%e3%82%b3%e3%82%a4%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%8d%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%b93

後ろはアジャスターもあるのですが、メガネ留の穴にも入りますので、
どこでも調整ができますね。
%e3%82%b3%e3%82%a4%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%8d%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%b94