ついに完成!マクラメとワイヤーのコラボ作品

以前、途中経過をご紹介していたマクラメとワイヤーのコラボ作品です。
お客様もいろいろ使うシチュエーションを考え、どう変更しようか
悩まれた結果、これ以上立体的にすると引っかかってしまうかもしれない
とのことで、基本このままの形で、控えめな石をつけるという
ご依頼が来ました。

こちらは薄手のマントです。

626

こちらは紺のワンピース
遠目だと刺繍みたいに見えますね。

626-1

石はオニキスのカットで、お花の中心に控えめに入れました。
626-2

後ろのリボンはかなり長めです。
コートの上から着けるかもということをおっしゃっていたので、
あまり短いと結べないといけないので、長めです。
不要でしたら、好きな長さに切っていただくこともできますね。
626-3

クリスマスに向けて、キラキラネックレス

これから年末に向けて、いろいろ行事がありますよね。
忘年会やクリスマスなどパーティなど人が集まる所に
参加される方もいらっしゃるのではないですか?
そんな時、仰々しくなくて、ちょっと人と違うキラッと光るものを
身に着けたいですよね。

シンプルだけど、キラキラ!そして、ちょっとアンティークで
大人の雰囲気も持ち合わせたネックレスをご紹介。

赤とモスグリーンのクリスマスカラーのネックレスです。
メタルビーズを入れて、ギラギラしすぎないように抑えていますよ♪

627 627-2

こちらはシャンパンゴールドのキューブビーズの間に、
ミルキーな艶消しされているボタンカットを入れたシャイニーなネックレスです。

628-1 628

オレンジのガラスキューブにスモーキーのカットビーズの間に
メタルを入れたアンティーク調のネックレスです。
ギラギラしすぎない大人の雰囲気ですよ♪

629-1 629

オリーブカラーのガラスキューブと一回り小さいオレンジキューブ、さらに
ミルキーグリーンのカットガラスの間にメタルビーズを入れた
アンティーク調のネックレスです。
ミルキーグリーンがアクセントですね。

630-1 630

さわやかなピーコックブルーのガラスキューブのネックレスです。
キューブとメタルだけでシンプルなネックレスですが、
色合いがさわやかで、カットしたガラスがキラキラするので、
細いのですが華やかな印象です。

631-2 631

 

留め金はカニカンで、5㎝のアジャスターが付いていますので、
47㎝-52㎝(ブルーのものは45-50㎝)くらいで調整可能です。

 

ご注文はこちらからどうぞ

初挑戦!ワイヤーとマクラメのコラボ

お友達から、テレビで芸能人が着けていたような
ネックレスを作ってほしいと連絡がありました。
画像が送られてきて、確認したところ、
これはネックレスではありませんでした。

%e8%8f%85%e9%87%8e%e7%be%8e%e7%a9%82

そう!このお花はお洋服に縫い付けられているお花だったんですね。
そのことをお伝えしたところ、フレームだけでいいから似たような感じで
ワイヤーで作ってほしいというご依頼をいただきました。

早速ワイヤーでお花の作成。

DSC_7182

DSC_7183

並べてみる

DSC_7184

う~ん ちょっとイメージと違うな~。
光沢があって硬い・・・ ワイヤーだから当たり前だけど。

リクエストのお花は、おそらくミシンで巻きロックをしたんじゃないかな~
布の柔らかい感じはどうやって表現しよう。
どうしようかな・・・と考えていて、思いついた!

マクラメコードで全部包んでしまいましょう!
ワイヤーとマクラメのコラボです~♪
0.5㎜の黒のマクラメコードを使って、お花を包んでみました。

DSC_7281

全部繋いだ様子がこちら。

DSC_7305

DSC_7304

まだ、これは途中です。
リボンも仮で結んだだけです。

ここまでで、お客様に画像を送り、確認していただきました。
とても気に入っていただけましたが、もう少しリクエストが
あるということなので、それを調整して完成になる予定です♪

 

 

ベーシック4 カシスとグレープ

ベーシックの4番目の作品は「カシスとグレープ」です。

これは、大人ロマンティックというイメージで作っております。
ロマンティックっていうとちょっと少女っぽくなっちゃうので、
大人浪漫って言ったほうがいいかな?
意味としては同じなんですけど、こっちの方がレトロっぽくていいような~。

まぁ何が言いたいかといいますと、黒と白で大人っぽい雰囲気を
出しつつ、渦巻きぐるぐるで乙女チックな雰囲気も持ち合わせてる
感じを感じていただけたらな~なんて思って作りました。

607-14

黒いつぶつぶはカシスですね!
私はカシスが大好きで、居酒屋では絶対カシスソーダは注文します!
(o・。・o)あっ! そんなことはどうでもいいですね・・・
そして、メインは葡萄です。
朝露で輝いているようなラスター加工をされているチェコガラス
からできている葡萄です。
ブルーとライトグリーンの2種類から選んでいただけます。

着けてみると、なかなかシックになるんですよ~♪
607-12

DSC_6556

 

テクニック

メガネ留
チェーン部分や葡萄のトップなど、接続部分に作る輪のことですが、
9ピン留のようにカンが開いたりせずに、完全に閉じている輪を
繋いでいくので、とても丈夫なネックレスを作ることができます。

ワイヤーシャンク
ワイヤーシャンクとはワイヤーをねじる技法です。
この葡萄はワイヤーシャンクで作られています。

 

 

毎日1つづつ作品の名前の意味などご紹介していますが、
そんなのどうでもいいのよ!どんな作品があるのか
一覧で見たいの!という方、こちらをご覧ください。
ベーシック 「光と影」

ベーシック2 ブラックベリーとホワイトベリー

本日連投です!

ベーシックコースの2つ目の作品
「ブラックベリーとホワイトベリー」

basic2

見てのとおり、ベリーに見えるビーズボールを繋いでいます。
熟れたベリーとまだ熟れていないベリーですね♪

テクニック

ビーズボール
30個で作るビーズボールです。
コシがあるのにしなやかに結べるナイロンコートワイヤーで
つくるので、テグスで挫折してしまったという方でも
作ることができますよ♪

9ピン留
ビーズボールと石は9ピン留で繋がれています。
綺麗に円を作るにはコツがあります。

9ピン留の応用で作るチェーンパーツ
9ピン留の応用でチェーン部分の石と石の間に入っているパーツを作ります。

 

一般的にピンワークと呼ばれているものです。
市販の9ピンやTピンを使うものはこの技術で作ります。
9ピンは使わなくてもワイヤーで9ピン自体を作ることができますよ。
9ピン留で、綺麗な円を作るテクニックは、今後のメガネ留などの基本になります。
ピンワークが出来るようになるだけでも、イヤリングなど、いろんなものに
応用できますよ!

ステンレスワイヤーの猫ちゃん

ステンレスの角ワイヤーでできている猫ちゃん。
しっぽにはスワロフスキーが付いています。
明日の上級者の方の教材です。

ステンレスでの教材は初めてなんです。
明日来ていただく生徒さんは、ステンレスはもうちょっとしてから~
っておっしゃっていたのですが、そろそろ挑戦してみようかなという
ことを聞きましたので、早速用意しました!

硬いワイヤーですが、器用な方なので、サクサクできちゃうかも♪
624

後ほど、ベーシックコースの2番目の作品のご紹介も投稿しますね♪

ベーシック1 日食ペンダント

basic1

このペンダントは 太陽、月、地球が一直線に
並び、太陽の光を月が遮ることで地球が一瞬暗くなる
日食が明けていく瞬間をイメージしています。

ベーシックの一番最初の作品で、比較的簡単に作ることができます。
通すだけのチェーン部分ですが、真ん中のモチーフが取れないよう
ちょっとだけ工夫されていたりします。

中央のフープは、上からだんだんと大きくなるように石が配置されていて
その周りをワイヤーでらせんに見えるように装飾しています。

ワイヤーを初めて扱う方も、指で巻いていくので簡単に巻くことができます。

テクニック
ストリンギング
いわゆる通すだけなんですが、ビーズを通した後の
最後の処理の所の始末の仕方を学びます。

ワイヤーフープ
ただ通しただけのフープではなく、周りにらせん状に
飾りを付ける方法と最後のワイヤーの始末が綺麗に見える方法

全くテグスなどのビーズ手芸をやったことのない方でも
気軽に始められるレベルの作品です。

 

アンモナイト、生きていたころを想像して!

先日アンモナイトを納品したお客様から
新たなアンモナイトをお預かりしまして、
今回はブローチで、チェーンを通せばペンダントに
なるようなバチカンを付けてというご依頼でした。
フリンジを付けて豪華な感じにしてほしいとのことでしたので
誰もやったことのないようなデザインにしました!

アンモナイトって現存するオウムガイに似ていたらしいんですけど、
想像図みたいなのを探したらウィキペディアに載っていました。
タコみたいに手なのか足なのかわかりませんが、触手がいっぱいあったんですね。
それをフリンジに見立ててみました。

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%a2%e3%83%8a%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%96%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%9a%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%b3%e3%83%88

623

ブローチの時はこんな感じ
623-1

ネックレスでも!
623-2

623-3

裏側はこんな感じでブローチピンが付いています♪
623-4

レザーのフラワーブローチをネックレスにリメイク

ご自身で作られたというカラフルな革のブローチ
こちらをネックレスにというご依頼でした。
今回の革製品は穴など開いているところがないので、
作品に穴をあけるわけにもいかず、裏に座金を付けるのに
大変苦労しました。

DSC_7026

まずはついていたブローチピンを慎重に外しました。

DSC_7027

その後、このピンの入っていた穴にワイヤーを入れて、
座金を固定しました。

今回はお花が大きくカラフルなので、周りはあまり装飾せず
メタルの葉っぱを付けるだけにとどめました。

DSC_7036

裏はこんな感じ

DSC_7037

チェーン部分はピンクと黒だけにしようと思いましたが、
ピンクと黒だけだとどちらも主張して、かなりどぎつい感じに
なってしまったので、緑も入れました。
622

シンプルでしたが、見えない裏の処理が大変でした。

 

ワイヤーアクセサリーの基礎から学べば、リメイクだって
自分でできるようになっちゃいます!
まずは、体験教室から手軽に始めてみませんか?
体験教室