Loading

ビーズ屋黒猫Blog

角ワイヤーのねじれの取り方

スクエアワイヤーの事をご紹介しましたが、スクエアワイヤーを扱う時に絶対やった方がいい下処理をご紹介します。
スクエアワイヤーは言いにくいので、普段私は角ワイヤーとか角線って呼んでます。
角線は断面が四角いので、丸線と違い、上下左右の面がねじれると、ねじれているというのがすぐにわかってしまいます。
販売されているワイヤーはコイル状に巻かれて売られているので、どうしてもねじれてしまっているんですね。
これをそのまま使うと作品が美しく出来ないんです。
そこで、作品を作る前に角線のねじれをまっすぐに修正するという作業が必要です。

そのために必要な道具がナイロンジョープライヤーです。

プライヤーの先端にナイロンが付いていて、これで挟んでねじれを修正します。
どうやって使うのかは、こちらの動画をご覧ください。

ナイロンなのでワイヤーをつかんでも傷がつかず綺麗に伸ばしてくれます。
角線だけでなく甲丸線や丸線のヨレヨレも直してくれますよ。
一つ持っていると非常に便利です。
何度もワイヤーを修正するとナイロンが傷んで、だんだん凸凹してきたりしますが、この部分だけ交換できるというのもいいところです。
この部分が交換できないプライヤーもありますので、購入されるときはプライヤーの先が交換できるものを選んだほうがいいですね。

オンラインショップにもありますので、どうぞご覧ください♪

ネットショップにスクエアワイヤーとハーフラウンドワイヤーを載せました

通信講座の生徒さんの素晴らしい完成品!

関連記事

  1. 2㎜以下の小さなケシパール

    2015.07.15
  2. 接着剤の取り扱いにはご注意を!

    2016.06.21
  3. アートの春音 四人展 始まりました

    2021.04.20
  4. 経費データの相談と私の管理方法をご紹介

    2017.09.21
  5. 間違って巻いたワイヤーを数量限定でお安く販売します

    2021.02.17
  6. 蓮ちゃんと蓮の葉

    2020.01.07

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。