接着剤の取り扱いにはご注意を!

瞬間接着剤の出口に先に接着剤の塊がついていたので、
はがしていたら、うっかり力が入っちゃって、本体を押しちゃった!
一気に接着剤が溢れ出て 「うぁぁぁ!!!」
焦った私はそれをティッシュで拭いちゃったから、さぁ大変!
接着剤の出口にはティッシュが貼りつき、それを急いで取らないといけない事態に。
指にもティッシュが絡んでいるから、大きなものだけ取って、まずは
すっかり固まってしまう前に出口のところを綺麗にしなければ。
幸いにもこちらは固まらず、グミのような感じになっていたので、すぐに外れました。

困ったのは指の方。
左右の人差し指、中指と親指に、ティッシュごと固まって、指で物を触っても感覚がないくらい厚くなっていました。
こんなドジな失敗をしたことがない方はどんな感じかわからないですよね~。
指の感覚は、指にセロハンテープを3回巻き付けてみると、指の感覚が鈍りますよね。
そんな感じです。そして見た目はティッシュが混じっている・・・
洗っても取れないし、ボンドはがしのチューブは中までしっかり乾燥していて全くの役立たず・・・
もう朝からテンションダダ下がり・・・(;´д`)トホホ

仕方がないので、指の感覚が戻るまでダイヤモンドやすりで指の腹の接着剤を削りました。
接着剤は指紋の中にまで流れ込んでいるので、ここまで削ると皮まで削って痛くなっちゃうので、ここで終了。
今はマニキュアがちょっと手についちゃったくらいの感覚になりました。
皆さんも、接着剤の取り扱いにはご注意を!

グリーンのシェル型チェコビーズ何作ろう!

今日はこのビーズを使って、作品を作ろうと考えていました。
14㎜シェル型のチェコビーズです。
濃いグリーンは落ち着いた色ですが、形もちょっと個性的なので
今まで使えないでいたんですよね。
今日は急に何か降りてきましたよ~♥

DSC_5149

ぱっと閃いてビンテージ風のネックレスとイヤリングのセットを作ることにしました。
まだ途中なので、作品は明日ご紹介しますね♪

ジュエリー目打ちに一工夫

私の仕事の必需品、ジュエリー目打ち。
すごく細い目打ちで、これがないと私は仕事が進みません。
とても使いやすいんだけど、このキャップがね、すぐどこかに行っちゃうのよね~。
キャップが透明だし、細いし、転がるし・・・
気が付くといつも見当たらなくて探しまくっています。
たった今も探しまくって、ペン立ての中に落ちているのを発見。
ジュエリー目打ち1.jpg

生徒さんは目打ちにレジンで紐を付けて、その先にキャップを付けていました。
これはいいと思ったのですが、作業中ぶらぶらすると、私の性格上
きっと煩わしくなって、ひも切ってしまうかもしれないな~。
ということで、今日こそは別の方法で何考えよう!
(おいおい、仕事はどうした?)

鉛筆のキャップみたいに鉛筆の反対側にはめられればいいのに・・・
(o・。・o)あっ!そっか。ワイヤーで作ればいいんだ!

ワイヤーでコイルして、目打ちの後ろにはめて、レジンで固める。
ワイヤーの先っぽを少し丸めて完成^(ノ゜ー゜)ノ☆パチパチ・・・
ジュエリー目打ち.jpg

ちゃんとははまるし、キャップも抜けません。
うん、便利、便利♪♪♪
これで集中して仕事ができるはず・・・
ジュエリー目打ち2

 

初お目見え、老猫のラモスです♪

 

最近はオリジナルの教材をもう少し見直さないといけないかなと思いまして、
いろいろ考えて作っておりますが、1日かけて出来上がった!と思っても
自分でつけてみると、「やっぱり、このパーツはここじゃなくて、もっと上がよかったな」って
やり直しちゃったりしてるから、全然仕事が進んでおりません・・・

試作1号は、出来上がった直後にボツになりました。
現在試作2号を製作中。

紹介できるものがないので、この作品が紹介できない間を埋めるため、
HPでは初お目見えになる、我が家の老猫ラモス君を紹介します。
黒猫じゃないのか!って声が聞こえてきそうですが、シルエットは
どの猫も黒くなりますから、みんな黒猫です!
(ラモスはお店にいるわけではありません)

ミルク付けてます

<ラモスのプロフィール>

誕生日 不明 (我が家に来た日を誕生日としている)
年齢 14歳(2016年現在)
性別 オス(去勢済み)
体重 3.5㎏ (オスにしては小柄で体力がなく、いつもよろよろしながら歩き、寝てばかりいる)
持病 腎不全 / 馬尾症候群 / 生まれつき頸椎が6個しかない(哺乳類は普通7個)
性格 おとなしく、優しい子。 しかし鳴き声がヤギのような濁声で鳴き、時々全力で遠吠えをする。
一般的な猫が好きな箱や袋は嫌いである。
生息地 一日の大半をこたつの中で過ごす。ラモス専用の特別な出入り口から出入りしている。
こたつの中はラモスの聖地であり、ラモスの世界なので、こたつの中で足を伸ばしたけど
ラモスが目の前にいる時には、ラモスが優先される。

生い立ち

6歳の時に飼い主によって捨てられ、保健所で殺処分になる手前でNPO団体に引き取られる。
1年間数名のボランティアさんの家を転々として暮らす。
2009年2月 7歳の時に、NPO団体から次の飼い主が見つかるまでの一時預かりとして我が家に来る。
2009年7月 正式に我が家の子に! 以来ずっと一緒に暮らしています。

腎不全の為、毎週病院で輸液などを行って暮らしていますが、
今のところ、普通の猫と変わらぬ生活しています。

口周りの筋肉が弱いのか、しょっちゅう口に何か付けています。
写真の顔もミルクが鼻のわきについていますね(^▽^;)

好きなことはパパにだっこしてもらうとです。

DSC_2339

時々、ラモスが登場しますので、今後よろしくお願いしまーす_(._.)_

 

水晶と古金美のチェーンで何作ろう?

3月にスマホのギガを使いすぎて、ネットが重くて動かいない状態が
最週末続いておりましたが、4月が着てギガ復活!
うっかり大きなデータをダウンロードしてしまったのが原因でした。
今月は気を付けよう!

アンティークと水晶

ちょっと太めの古金美の喜平チェーンで何作ろう?
アンティークな雰囲気でキラキラっていう感じのものを作ろうかな♪
出来上がりをお楽しみに。

 

巻薔薇コサージュの材料を見せちゃいます!

私の作っているのは巻薔薇コサージュ
リボンを巻いて作っています。
そして薔薇に見えるようにこのリボンも市販をそのまま使うことはありません。
巻く前にいろいろ加工して使っておりますが、今日は巻く前のリボンの状態とそれを巻いた後の状態をご紹介。
こちらのリボンはすでに私が加工したものですね。

DSC_4538

青い方が巻く前のリボンの状態。
巻いていくとゴールドような薔薇に変身!梨地という梨の表面のように少しザラザラしたオーガンジーです。
普通のオーガンジーよりギラギラ感が押えられていて、しっとり落ち着いた色合いが気に入っています。
生地の張があり、グルーガンのような糊で貼っていくのは難しいような気がしたので、
ちくちく一針一針縫って作っています。
針仕事が好きでない私は時間がかかります・・・

でも、出来上がった時嬉しんですよね~♪
そうして出来上がった薔薇をコサージュにしています。

作り方はベーシックを終えた生徒さんにはお教えしています。

流血防止策

ワイヤーを使っていると結構な頻度でワイヤーを指に刺すんですよ。
細いワイヤーは刺さってもすぐに血が止まるからいいんですけど、
太くて角ワイヤーでステンレスだったりすると本当に痛い(T_T)
今日も親指の爪の脇をぐっさり刺してしまって、なかなか血が止まらないし、
止まったと思っても、力を入れるとまた出てきて痛いし、しばらく
作業を中断したりしていました。

そこで、あっ!そうか 刺さらないようにワイヤーの先に
保護するものを付ければいいんじゃないって思ったんです。
とりあえず今日は近くにあるもので保護してみました。
まずはつぶし玉をワイヤーの先端に付けてみました。

DSC_4253

でも私のことだから、うっかりこのままの状態で指に刺しちゃうかも・・・
そうなったもっと痛いよねって思ったので、さらに練り消しゴムを付けました。
これなら指に当たった時点で練りケシの感触があるから気づくよね♪

DSC_4263

今日はこれをしてから怪我をしませんでした。
もっといいものがあると思うので、もう少し簡単に保護出来るもの考えよう!

18,19日は不在ですが、お店は営業しています。

明日18日(金)と19日(土)は不在となります。
お店の方はオハリコさんに見ていただくので、通常通り営業します。

しかし、修理やリメイクをご希望の方は、見ることができませんので、
来週22日以降に来ていただきますようお願いします。

親戚の結婚式に出るんですけど、アクセサリーがないということで、
今日は午後から自分のアクセサリーを作りました。
紺のシンプルすぎるくらいのワンピースなので、ちょっと華やかなものを
着けないと思いまして、先日は髪飾りを作りました。
イヤリングはそれとお揃いにしました。

DSC_3753

ネックレスは大粒のバロックパールです。

DSC_3752

 

フックはヴィンテージジュエリーによく見られるフックタイプにしました。
こういうフックは既製品がないので、手作りです。

DSC_3754

チェコビーズの粒売りを始めました!

チェコビーズの1粒売りを始めました。
今までチェコビーズは袋詰めした状態で、販売しておりましたが、
好きな数量購入できるようにしました。
さらに10個単位で購入するとまとめ買い割引が適応されます。
ガラス瓶に入っていますので、瓶ごとレジにお持ちくださいね♪
角瓶

角瓶1

角瓶2

お待ちしておりま~す!

心の充電

お盆が終わりましたね。
みなさん故郷に帰省したり、旅行など行かれましたか?
私は帰省して、新潟県十日町市で3年に一度開催されている「大地の芸術祭」に行ってきました。
とても広い範囲で開催されていて、1日で全部見るのは不可能なので、半日で見ることができそうな
所だけ見てきましたよ。
田園風景に突如近代的な建物が出てきたり、昔ながらの欅の素晴らしい古民家があったり、
素朴な中に、素晴らしいアートが飾ってあって面白かったです。

見てきたほんの一部をご紹介しますね。

こちらは藁で作った軍艦ですね。周りには飛行機など戦争にまつわる乗り物が
たくさん吊り下げられていました。
藁の戦艦

こちらは木でできているのですが、燃やして炭にしたようなものでした。
いろんな形があったのですが、どうやって作ったの?って感心して見てました。

炭

こちらはテレビでも時々紹介されていますよね。
新聞に書いた顔ではなくて、新聞の字の部分も全部手書きの絵なんです。
この絵は大きな紙に書かれていて、新聞よりずっと大きな絵なんですよ。

新聞

こちらも写真に見えますが絵なんです。
猫の表情や光が写真のようですよね。
写真のような絵

こちらは草間彌生さんの作品です。
もうすでに世界的に有名な方ですよね。

草間彌生

今回個人的に欲しいなとおもう作品がこちら。
欅の柱や梁が素晴らしい古民家に、ウサギの絵が描かれた
ライトがたくさん下がっていて、幻想的な雰囲気で素敵でした。
兎の灯籠

兎の灯籠1

これは、私の祖母も織っていた機織り機「いざり機」ですね。
もうこれを使って織っている人は本当に少ないです。

兎の灯籠2

田中望さんという宮城県の作家さんだそうで、帰宅してから調べたら
まだ25,6歳の若い作家さんだけど、もうすでに世間から注目されている
才能のある方のようです。

この建物の2階ではうさぎが踊りだすプロジェクションマッピングもやっていて、幻想的でした。

国内の有名な作家さんの他に多数の海外の作家さんの作品が見られますよ。
心の充電できました♪