内装工事完了

ほぼ内装工事が完了しました。
明日電気工事が完了すると業者さんにお願いする内装工事は完全に終了です。
この後は私が一人でコツコツ修理していきます。

押入れ完成! ブースのようになり、もう押入れじゃないですね。

押入れの床もかなりフニャフニャでただ床材を張り付けても危険だという事で、
大工さんがきちんと頑丈に作ってくださいました。
壁もベニヤを張り付ける方が簡単だけど、床材がたくさん余ったという事で全部床材で作ってくれたんです。
床材はすでに綺麗に塗装がされているので、私がいろいろする必要もなく、綺麗になりました。

次に縁側です。
こちらの床もどこもかしこも水平じゃなかったので、水平になるように調整してもらっています。
大変すぎて、もう一度お願いされてももうやりたくないな~ 入院したことにしちゃおうかな~なんて言って笑っていました。
そのくらい大変だったんですね。
ありがとうございました。

反対側は押入れになっているのですが、こちらの中の床も全部綺麗にしてくださいました。

久々の作品作り オーダー品

お店の方はまだリフォーム途中ですが、オーダーをいただいておりました。
バタバタしてしまって、梱包したものも開梱していなかったので、
ちょっとお時間をいただいて、ゆっくり作成させていただきました。
オーダーしてくださったお客様は、以前にネットで3回ほどオーダーいただいていた方で、
一度もお会いしたことなかったのですが、一昨年の銀座でのグループ展にわざわざ見に来てくださったんです。
それが縁で、今回引っ越ししてきたので、中華街でランチして楽しい時間を過ごさせていただきました。

オーダーはスーパーセブンのポイントをシンプルにラッピングしてほしいという事でした。
色変わりが少ないステンレスの角ワイヤーでのラッピングです。

ステンレスは硬いので、石が欠けないよう注意が必要です。
そして、もう一つ注意しているのが、角ワイヤーの場合、ワイヤーの面がねじれないという事です。
ねじれると汚く見えますし、束ねる時に綺麗にいかないのです。
束ねているところは渦巻きなどで隠れていますが、一応そういうところも気を付けています。
わざとワイヤーをねじって、デザインとしてねじりを出すこともありますが、
今回はシンプルにという事だったので、どこもねじっておりません。

石の形が左右非対称なので、それに合わせて少しづつ形を合わせていきました。
なるべくシンプルにという事で、周りには装飾したりせず、包むだけにしています。
光が無いと黒っぽく見えますが、光が差すと細かい線が見えて、グレーにも見えたりする石なので、
なるべく光が差した時に綺麗に見えるように装飾が石にかからないようにしています。

上部は左右非対称のハートです♥

裏は上に一つ渦巻きがあるだけですね。
石の表情が違いますので、裏側を表としてリバーシブルでも使えます。

両脇は石の形が全然違うので、サイドも違った形になります。

 

 

久しぶりの作品作り、やっぱり集中できるし、すごく楽しかったです♪

押入れのリフォーム

今日は押入れのリフォームが進められています。
こちらは昨日までの様子。


押入れの床もかなり傷みがひどかったので、下地から丈夫に直していただきました。
そして、床材が余っていますので、それらを押入れの床や壁に利用してくれました。
白い床材はそのまま壁になっちゃいます。
これで白く塗る必要がなくなりました。
床材は一般的なコンパネと同じ厚さで12㎜あるので、釘など打ち付けることができます。

一方で縁側のリフォームも進んでいます。
元の様子はこんな感じ。
もともとあった縁側にさらに板を足して、壁も付け足して家を増築したような形にしていたようです。
黒い板の隣はコンパネがむき出しのままになっています。
ここにフローリングの板を貼ろうかな~って思っています。

ここも水平じゃないそうなので、全部水平になるように調整して下地を作っていただきました。

明日あたり、こちらもフローリングとして生まれ変わるでしょう。

床工事完了

昨日まで床の下の工事をしていただいておりましたが、今日から床材を貼る作業に入りました。

そして、奥まで貼り終わったのがこちら。

奥の床材は色が違います。
実は、この床材全部いただきものなんです。
半端に余った床材で色がバラバラなんだけれど、それでよければという事でいただいたんですね~。
同じメーカーの床材なので、色は違いますが、繋ぎは問題なく出来ました。
手前の色が濃い所が1種類、奥の薄い所は2種類の床材を使っています。
本当に大変助かりました。
ありがとうございました。

そして、職人さんに床を貼るときのコツ、釘を打つ角度や普段使ったことのない道具を使わせてもらって少しだけ教えてもらいました。
私のような素人がいると邪魔になって、返って仕事が遅くなってしまいますので、すべてお任せしました。
しばらく大工さんの工具を使っているところを見たり、木のゆがみに合わせて床材を切ったり、削ったりしているところを見学したりしています。
短時間に隙間なくぴっちりと綺麗に仕上げていただいて、さすがプロですね。

明日は縁側の床を綺麗にしてもらいます♪

 

リフォーム開始!

昨日からリフォームが始まりました!
かなり古い家で、周りの壁はすべて土壁だったんです。
そして床も一部じゃなくて、どこもかしこも水平じゃないということが今日判明いたしました。
ここまでくるとやっぱり職人さんに頼まないとダメですよね。

今日は途中経過を載せちゃいます。

まずはリフォーム前の玄関からの様子。
これ見ただけで、古いって分かるでしょう?
今回は床だけでなく、今見えているストライプ柄の中途半端な壁も壊します。
     
そしてこちらが中の様子
コンパネがむき出しになっていて、その継ぎ目にはガムテープ・・・

このコンパネをはがして、フローリングにする予定です。
まずは剥がして、その下にフローリングを貼るための下地をしっかりと作ります。
この時に左右前後で全く水平じゃないらしいので、調整してもらっています。
家の土台から調整するとなると大掛かりになったしまうので、この段階での調整をお願いしました。
古い家なので、いろんなところがガタ来ていて、大工さんが補強しながら進めてくれていますが、
「なかなか大変ですな・・・」と言いながら作業されていました。
中途半端な壁がなくなり、全体的に広い雰囲気になりました。

もう一つ押入れの解体も行われましたよ。
こちらはもともとの姿です。

襖を外すとなかなかの広さなんですよね。
押入れは棚を設置するにしても、深すぎて手が届かないし、このままだと使えないんですよ。
押入れ内の天井は、この壁の下の位置と同じ高さなので、ライトをつける位置が低すぎちゃうんです。
そこで、天井と同じ高さにしてほしいと依頼したところ、この壁も取っちゃったら、すっきりするよと
アドバイスをいただいたので、取っていただくことにしました。

中間の棚を外して、壁を少し壊したところです。
この後土壁を壊したのですが、ものすごい土埃で、出てきた土の量に驚きました。
ほんのちょっとしか解体していないのに、結構な量が出るんですね。

こちらは完全に壁を壊し、押入れの天井も外したところです。
天井裏の木材の様子が見えます。

こちらの押入れも綺麗にして棚を付けて、人が中を歩けるようにしようと思っています。

こんな大掛かりなリフォームは初めてなので、元あった姿が壊れて、家の中が埃にまみれていく様子を見て、ワクワクするより、こんなにボロボロの姿になって・・・ってなんだか悲しいような気持ちになってしまいました。
でもよく考えたら、素人の私がやっているならともかく、プロの職人さんが素敵に変身させてくれているんだもん、大丈夫。
気を持ち直して、何もお手伝いできないんですけど、お茶とお菓子もって見に行っています(*^▽^*)

また、進んだら様子をお見せしますね♪

電話番号の変更が延期

つい先日お伝えした電話番号の変更についてですが、訂正します。
本日ネット環境の工事予定で、新しく電話が設置される予定だったのですが、
業者さんが来て、リフォーム最中の現場では工事ができないということが判明しました。
リフォームが完全に終了したのち、ネット環境の工事ということになってしまった為、
電話も取り付けることが出来なくなりました。

従いまして、引き続き 080-6052-6302にお電話いただ来ますようお願いします。
変更時期は未定です。
確定しましたらご連絡します。

ややこしくなってしまってすみません。

電話番号が変更になります

おはようございます。
突然ですが、ビーズ屋黒猫の電話番号が変更になります。
9月2日より新しい番号になりますので、お間違いないようにお願いします。

045-875-0662 (9/2~)

080-6052-6302(9/1まで)です。

このような予定にしておりますが、小路が予定通りに進まなかった場合、日にちが変更になる可能性もあります。
その時はまたこちらでご連絡いたします。

お店の方はまだ工事が始まっておりませんが、見積を取りつつ、必要になる部材を集めておりますので、
工事が始まるとダダダッっといろいろ出来上がってくるような気がします。

 

電気工事は誰がやるの?

アンペアを上げてもらいたいので2線式から3線式の工事をお願いしようと電力会社に連絡したところ、この工事は電力会社でするんじゃないんだって!
電気工事店に依頼するもので、その後のアンペア変更の連絡もその工事店から連絡が行くそうなのです。
知らないとこういうトンチンカンな依頼をしちゃったりしますよね~。
一つお勉強しました!
じゃあ、次回大工さんが紹介してくれる電気工事屋さんにお願いしてみよう!

リフォーム どこから決めていくの?

お久しぶりです~。
仙台から横浜に越してきて初めての投稿です。
住まいの方の引っ越しは一段落しまして、普通の生活が出来るまで片付きました。
周辺の環境にも慣れてきたので、そろそろお店のほうの準備をしようかと動き始めました。

最初、ちょっと甘く考えていて、少し修理したら使えるかな~って思っていたんですよね。

お店として借りたお家は非常に古く、一部床が下がっていたり、土壁が割れていたりと、見れば見るほど、素人がチャチャっと修理できますなんて言うレベルでもなく、プロの人に見てもらわないと修理できないな~って思うような物件でした。

でも、やるなら最初から綺麗にしないと後からリフォームする方が大変ですからね。
思い切って、大工さんに見に来てもらって修理にどのくらいかかるか見積してもらうことにしました。

こうして決めるまでいろいろ悩みました。
どうやって段取りを付けて行っていいか、私も初めての事なので分からないんですよ。
でも、動いていたら何となくまとまってきたので、同じように迷っている方もいるかもしれないので、
今までの動きをまとめてみましたので、どうぞ参考までにご覧ください。

1)部屋に什器などを全部入れてみて、どんな配置にしたいかレイアウトを想像してみる。

これがね~、頭の中でずっと考えていたんですけど、実際入れてみないとわからないものなんですよね。
仕方がないので、エアコンも入れていない部屋で汗だくになりながら、大きなテーブルや机をいろいろ動かしてレイアウトがどんな感じになるかやってみました。

やってみて気が付いたこと、床が一部下がっている!
ある個所に机と椅子を置いて座ってみたら、椅子が若干傾いているような気がする・・・
このまま座っているとおそらく骨盤の位置が左右で同じ高さじゃなくなるので、体がゆがむぞ!って思ったんです。
本当にちょっとした傾きで歩いている分には気が付きませんが、座るとわかるんです。
これはもう修理しないと、私の体が壊れちゃう。

2)壁はこのまま使う?それとも塗り直す?

レイアウトを決めてみたら、なんだか壁が気になりだしました。
このまま使おうと思っていたんだけど、襖をとってそれぞれ分かれていた部屋が一つの部屋にしてみたら、個々の部屋の壁のデザインが違うんです・・・
うーん、節約するにはこのままでもいいけど、やっぱりちょっと漆喰とか塗りたい・・・
もちろんどのくらい費用が掛かるのかわからないので、それも相談してみようかな
ちょうど1年前に仙台で、漆喰塗りをプロの人が教えてくれるセミナーに参加したことがあるんです。
その会社に電話して相談してみました。(聞くだけなら無料ですからね。なんでも聞いてみます)
あまりに費用が掛かる様だったら断念しますが、予算内なら漆喰にしたいな。
見に来てくれることになりました♪

3)電気工事は必要?

最初は電気工事不要で普通の家庭の30アンペアでいいや~って思っていたんです。
でも、襖を全部外して部屋を全部つなげてしまうと、30アンペア100Ⅴで入れられるエアコンには限りがあるので、お部屋が冷えない可能性が大なのです。
大きなエアコンにするとなるとアンペアを上げないと・・・・それには今の2線式を3線式に変更する工事も必要
うーん、思ってもみない出費です~
どこかで節約しないとダメですね。

4)床と壁どちらを先にするの?

壁を塗るか塗らないかわからないけど、塗るなら床をやる前のほうがいいのか、床を先に修理してからの方がいいのか。それもわからないから決められないので、壁塗りの会社にもう一度電話で確認してみました。
床を先にやった方がいいんですって。
この段階で床工事が一番最初になりそうということが決定しました。

5)照明器具を付けるための電気工事

お店にするにはディスプレイを綺麗に見せるための照明も増やさないといけませんね。
天井に照明を付けるには配線をしてもらわないといけないけど、そもそも天井にたくさんぶら下げて大丈夫なのか見てもらう必要もありますね。

6)インターネット回線の開通工事

ネットを必要としない人もいるかもしれなんだけど、私には必須。
絶対光回線を入れると決めていましたからね。

7)自分でできそうにないリフォーム個所の選定

そのほか、リフォームしたいけど自分ではできないことをピックアップ。

8)業者の選定

一般的な工務店にお願いするか、この物件の手直しなどをしていた人や業者を大家さんから紹介してもらうか。
まずは、自分のやりたいことを一般的に全く取引のない工務店に依頼したらいくらかかるのかを知りたかったので、近くの工務店にいきなり見積もりを依頼してみました。
この時、見積無料というところを選びます。
さらに、大家さんにも相談、良くお願いする業者さんや融通が利く方がいればその方にも見積もりを依頼します。

<まとめ>
絶対やらないといけない所とやりたいことをピックアップ。
具体的に床の水平、床張り、電気工事、照明器具の為の電気工事、ネット回線が必須項目。
壁塗りは予算に応じてやろうかなという感じ。
業者の選定は、一般的な値段がわからないので、1社だけではなくいくつか見積してもらい、その時、どんな手順でどんな工事をするのか、両社に聞くようにしました。
手順は業者に任せたらいいじゃないの?って思いますよね。
でも、手順によってだいぶ値段も違うんですよ。

たとえば、今回の天井の電気工事の場合。
A社 配線し直すために天井を全部はがします。

え~!剥がさないでできないんですか?それだと照明の重さに耐えられるかわからないんですよって言われてしまい・・・
天井は張り替える予定じゃなかったのに・・・かなりの予算オーバーになるんだけど(T_T)

B社 見積をしに来た時に、天井の具合を見て、全部天井をはがさなくても一部穴をあけて配線することは可能とのことでした。

おぉぉ!そんなことできるんですか?全部天井は剥がさないとダメって言われたんですけど?って聞いたら、一般の工務店は普通はそういいますよ。その方が簡単ですからね。今見た限りでは、ここの部分に付ける分には全然問題ないですよっていう答えでした。

という具合に、会社によって考え方も違うんですよね。

大工さんに相談すると電気工事の方も紹介してもらえて、今度はその電気工事の方も見に来てくれるそうです。
来週は東京電力にアンペア変更の工事依頼をしなければ!
大工さんの見積もりをもらい、それと同時進行でアンペア変更の工事も行う。
それが終わったら、エアコン選んで、インターネットの開通工事も同時ぐらいに行う。
壁塗りはそのあとになりそうですね。
全部でいくらかかるんだろう?
そしていつ再開できるんだろう・・・
まだまだだけど、頑張ります!

 

ワイヤートルソー活用法

本日特別レッスンで作った半立体のトルソーですが、レカンフラワーとコラボして、これがどのような形になるのか、想像できませんよね~。
そこで、こんな写真をお借りしました。

これはワイヤートルソーにお花を取り付けたものではなくて、紙でできた台紙にお花を取り付けていったものを額装したものです。
このはがきサイズの額装にトルソーを入れて、トルソーの表面にこのようにお花を盛り付けていくそうです。
つまり、この写真の作品より、もっと盛り上がった立体的なドレスに仕上がるんですね。
骨組みだけのドレスが、どんな素敵なドレスになるのかしら?
完成品がぜひ見てみたいな~。

ちなみに今回作ったトルソーの試作品は、我が家の壁にこんな風に飾っています。
これは、これでいい感じです。