チラシ作りの裏話

ビーズ屋黒猫は住宅街の中の一軒家で、路面店とは違い、人通りが少ないところに立地してします。
なので、知っていただかないと来ていただけませんよね。
内装もいろいろ手を加えるのも落ち着いてきましたので、写真撮影をしてチラシを作ろうと決めました。
オープンをお知らせするのがいいのか、ワイヤージュエリー教室の生徒さん募集がいいのか、コンセプトを決めないといけないですよね。
オープンのお知らせのチラシって、オープンから時間が経つとそのチラシはもう使えないんですよね。
だから、今回は生徒さん募集のチラシを作ってみることしました。

教材並べて、お店の雰囲気がわかる写真を並べて、募集要項を記載して・・・こんなんでいいの?
キャッチコピーもこれで本当にいいのだろうか?
チラシを勉強したことがないから、チラシの作り方がわからない事に気が付きました。
そこで、デザイン会社で働いている知人にチラシの作り方の基本を教えてもらおうと相談したところ、作ったチラシを見てもらって、枠の大きさを変えて、写真の位置を変えてなど、いろいろ添削してもらえました。

一番お知らせしたいこと、枠線の取り方とその意味、写真の数と並べ方、教室情報の位置、ロゴの位置、吹き出しを使う意味、キャッチコピーの作り方など、詳しく解説してもらえたんです。

添削通り修正後に印刷してみて、枠線の位置だけでこんなに印象が変わるのかって、説明を聞いてすごく納得しました。
見るからにチラシがよく見えるようになり、改めてチラシ作りは難しいという事がわかりました。
このデザインだと見た人はどう思うのか、見た人の印象に残すにはどんなふうにすると効果的なのかという事を徹底的に客観的な見方ができるところがプロなんですね。
なかなか作り手になるとこちらの思いばっかり詰め込んじゃって、客観的な物の見方が難しいんですよ。
その道のプロの方がいるわけですね~。
相談してよかったです。とても勉強になりました。

 

 

生徒さん募集いたします。

オープンしてから1か月がたちました。
オープン時にいただいたフラワーアレンジメントは、水を上げて、枯れた花を抜きながら、アレンジし直したりしながら、3週間もきれいな状態を楽しんでいました。
いまだに枯れていないお花もありまして、カーネーションはすごく長持ちするんですね。
紫のカーネーションだけを小瓶に入れていたところ、翌日小瓶の水が紫になりました!
茎を伝って花の色が水に溶けるなんてことがあるんでしょうか?
よくわかりませんが、水も紫で、これはこれで綺麗です。

オープンしてから何をしていたかといいますと、ただただキット作りをしていたんです。
だいぶ材料も減っていて、年末にパーツを取り寄せることもできず、あまり捗っていませんでした。
今年に入ってそれぞれのパーツなどを取り寄せてまして、まだ届いていないパーツも今週中には揃う予定です。

目標は20セット。
8種類あるので、160キット作る予定なんです。
特に販売の予定もないのですが、用意していると後々楽ですし、パーツの在庫状況も余裕をもって確認することができるので、早めに用意することにしました。
今日はベーシック1が完成。

一つづつ数えて小袋に入れて、商品の名前と数を記載したシールを作ってそれぞれに貼ります。
これを全部大袋に入れるんですね~。

一生懸命やっているんですけど、一人だと進んだ気がしませんね。
単純作業でワクワクするわけでもないので、すぐに集中力が切れてお菓子とか食べちゃってます・・・
それがダメなんじゃない?(^▽^;)
明日はベーシック2を完成させます!

さて、ここからやっと本題。

生徒さんを募集します。
まだキット作ってる最中なのに大丈夫なの?
仙台の時に作ってあるキットがいくつか残っているのでご安心くださいませ~♪

日時 毎週 水、金、土 10:00~12:30
(好きな時に予約を入れるシステムなので、月に何度も習いたい人や2か月に1しか来れない人でも自分の都合で予約を入れてください)
要予約 電話かメールでご連絡ください。
定員 6名(定員になり次第締め切ります)
料金 受講料 2700円 + キット代(フリードリンク付き)

オリジナルベーシックコースモードジュエリーメイキング やりたい方をご連絡ください。

連絡先 問い合わせからメールをいただくか下記の方法でお願いします。
    tel:        045-875-0662
                e-mail:  shop@beadsya-kuroneko.com

ご自分の工具がある方は、それを持ってきてください。
持っていない方にはお貸しします。
(これから工具を買う方には、選ぶ時のポイントなどお教えしますね。)

よくある質問
モードジュエリーとオリジナル教材の違いは?

モードジュエリーとオリジナル教材の基本テクニックはほぼ同じ技術を学ぶことができます。
違いは、始まりの難易度と後半のワイヤーワークの技術の違いです。
ワイヤーワークは両手に工具をもって作業する為、工具を使ったことのない方が慣れていただくために、オリジナル教材の最初の3作品は簡単だけど、基本的な技術が身につく形で作品が作れるようになっています。


モードジュエリーの1で学ぶメガネ留は、オリジナル教材では4番目でようやく出てきます。
2番で練習した技術でメガネ留がより綺麗に作れるようになります。

 

オリジナル教材の5番と6番はモードジュエリーと共通する技術の部分もありますが、お花の作り方などは全く違う作り方になっています。
   

オリジナル教材の7番、8番はモードジュエリーでは出てこない技術になり、若干難易度が上がります。

 

どちらでやっていただいても基本的なワイヤーワークの技術が身に付きます。
好みに合わせてお選びください。

レッスンが終わった後は、皆さんでちょっとお菓子を食べたりお茶してゆったりましょうね。
ご連絡お待ちしています!

さりげなく古いものを使う贅沢

お店に置いた対流式ストーブは火力の調整ができず、常に全開で燃えているのでとても暖かく、そして超燃費が悪いのですが、可愛いのでそれなりに気に入っております。
せっかくお湯を沸かすこともできるのに何もしないのももったいないと思って、乾燥対策にやかんを乗せてお湯を沸かすことにしました。


このやかんは実家に眠っていたものです。
ずっと眠らせておくより使った方がいいかなと思って、持ってきました。
一枚の銅をかんかん叩いて引き延ばして作る鎚起銅器というものです。
かなり古いものだと思うのですが、どのくらい前の物かわかりません。
結構凝った作りで、表と裏に違う装飾が見られます。

 

これでお湯を沸かしたのはいいのですが、熱くて取っ手が持てません(^▽^;)
でもね、ここから湯気が出ている様子は気持ちをゆったりさせてくれます。

もう一つ大事にしているものがあります。
これは5年前93歳で亡くなった祖母が亡くなるその日まで使っていた大事な糸巻き機です。
越後上布という織物を織っていましたが、目が悪くなり晩年は細い毛糸とミシン糸で織物を続けていました。
その道具が今でもそのまま残してあるのですが、誰も使わないので、使えるものを私が改良して使っています。
右側のハンドルをくるくる回すと左側に糸をが巻かれます。
左側にプラバンで作ったコイルを付けていますが、本来は木製のコイルが付きます。


私は糸ではなくて、ワイヤーを綺麗に巻くための道具としてこれを使っています。
ここをプラバンにしたのは、ワイヤーを巻いたときに外れるようにしているためです。
ワイヤーコイルを固定するホルダーを作って、連動させています。
これだと何メートルでも綺麗に巻けるので、大変重宝しています。
探してもこういうのはなかなか手に入らないので、とても貴重です。

こういう古いものは作りがとても丁寧でしっかりしているので、壊れにくく良いものです。
普通の生活にさりげなくアンティークを使う贅沢♪

ファイヤーキング 初売りセール!

新年の特別企画
ファイヤーキングを特別価格で販売します。
ファイヤーキングは1940~60年代にかけてアメリカで大人気だったテーブルウエアです。
ミルクガラス特有の優しい緑色が有名ですね。

アンカーホッキング社はすでにファイヤーキングの製造を終了しており、現在アメリカで製造しておりません。
2011年よりファイヤーキングジャパンとして当時の製造方法で日本で復刻版が販売されておりますが、ビーズ屋黒猫では1940-60年代にアメリカで製造されていたオリジナル品を販売しております。

ヴィンテージのファイヤーキングをついているお値段から10%off(一部商品を除く)で販売いたします。
ヴィンテージものですので、追加で入荷することもありません。
このお値段で販売するのもこの時期だけです。
同じ商品でも40年代と50年代の微妙に色が違うレアものの皿もありますよ。
この茶箪笥の引き出しにそれぞれ違うものが入っていますので、宝探しをするようにいいものを見つけてください。
ぜひこの機会をお見逃しなく!

営業しています!

今日から営業しております!
今朝は山形から切り絵作家さんが来てくださいました。
ありがとうございます。
いろいろ聞きたいお話をゆっくりお話しできましたし、7月には展示会に誘っていただきましたよ~
俄然やる気ができてきました!
わくわく、何作ろうかな~

今年も残りわずか

今年も残りわずかですね。

ビーズ屋黒猫の今年の営業は明日が最終日です。
リフォームが完了しないと写真も撮れなかったので、チラシも作っていませんでしたが、来年はご近所にポスティングなどしながら、ゆるーく宣伝して行こうかなと思っています。
生徒さんの募集も1月から始めますね。
1月4日から営業します。

さて、私はオープンしてから何をしていたのかといいますと、教材のキット作りをしておりました。
まだ作品を作らないのか?って感じですが、仕方がないのです~。
仙台の時に作ったものは数が少なくなってしまったので、新たに作っております。
オリジナルコースは8作品あるので、10人分作ろうと思うと、80キットも作らないといけないんですね。
足りないパーツもあったりで、まだもうちょっとかかりそうですね。

昨日、今日は近所に住む大家さんが、お店で勉強してもいい?と訪ねてきてくれました。
大歓迎です。


パソコンでレポートを作ったりしていたようです。
何もビーズで物を作る方ばかりでなく、こんな風にお勉強などに活用していただいてもいいんですよ~♪
こちらのスペースの貸し出しについては、後ほど詳しくご案内しますが、お一人様1時間 250円(コーヒー無料)になる予定です。


私はその間自分の場所でひたすら黙々とキット作りです。
めちゃくちゃ話しかけたりして、勉強やお仕事の邪魔をしたりしませんのでご安心ください。

疲れたらバリスタが設置してありますので、コーヒー飲みながらお菓子食べておしゃべりしたり。
それぞれ違うことをしながら、あっという間に時間が過ぎていきます。

まほろばの貴婦人

先ほどお店に宅急便が届きました。
何も注文していないのに何が届いたんだろう?と受け取りました。
割れ物と書いてある。
差出人は仙台の生徒さんではありませんか!
開けて(ノ゜⊿゜)ノびっくり!!
こんな素敵プレゼントいただいてしまいました。
名前が「まほろばの貴婦人」というワインです。
まほろばとは「素敵な処」「住みやすい処」という意味があります。
素敵な名前!
クリスマスのプレゼントという事でサンタさんのカードが付いていました。
ありがとうございます!!! 

あーもう~ 嬉しくて涙が出ちゃいます。
この間のオープンの時も生徒さんからお花をいただいて、もう前みたいに教えることができないのに、こんなによくしてもらって、どうやって恩返ししたらいいのかしら?
何ができるかわからないけど、仙台の生徒さんもワイヤーやってよかった、楽しいなって思える何かを今後も考えていこうと思います。

生徒さん、ありがとうございます。
文才がなくて、ありがとうと嬉しいしか表現ができないのが悔しいです。
皆さん、本当に感謝しています!!!

店内のご紹介

まだ天然石やジュエリーの販売スペースをちゃんとご紹介していなかったことに気が付きました。
こちらは玄関を入って見える風景です。
右手に手作りジュエリー
左の棚に天然石やチェコビーズを一粒から販売しています。

赤いカーペットの方に行くと、以前からご紹介しておりました教室スペースがあります。

時計の奥にはパーツ販売コーナーがあります。

茶箪笥にはファイヤーキングがあります。
こちらは数に限りがありまして、再入庫することはありません。

教室スペースの隣にはカフェスペースがあります。
バリスタをご用意しておりますので、ご自由に本など読みながらコーヒーを楽しんでください。

ゆったりとくつろげる空間になっておりますので、ぜひ遊びに来てください。
お待ちしております。

なお、教室のご案内は後日ご連絡いたします。

内装と違いすぎる外観です!

ビーズ屋黒猫の外装は、昭和レトロなお家を代表しているようなトタンの平屋です。
先日のオープニングパーティーに来てくれた方も「外装が、内装とだいぶ違いますね・・・」と言っていました。
(T▽T)アハハ! そうなの!この昭和の雰囲気たっぷりのトタンの外装を大正風に変更するには、私の技術と財力がなさすぎるという事であきらめたので、そのままなのです。

それでは外装をご覧くださいませ。
いまいち目立ちませんが、ビーズ屋黒猫の看板はついていますよ。


玄関前はこんな感じ。
一般住宅ですね~(*^▽^*)

前はここにガムテープでベタベタのポストがついておりました。
穴をふさぐように赤いガムテープがべっとりと付いていましたが、取り除きました。

金色を塗って、窓にはアクリル板をレジンで付けて、猫ちゃんシールを貼り、
雨で取れないようにこちらもべっとりとレジンで固めてみました。

上の2匹の猫ちゃんがそれぞれ遊んでいる感じですね♪

外観は正直目立ちませんが、知る人ぞ知るといった感じの隠家風という事で、遊びに来てくださいね!
お待ちしています!(^^)!