ベーシックコースのリース型ブローチの色を変更しました

以前ご紹介したベーシックコースのブローチですが、
周りの色を少し変更しました。

以前はどうだったかということ、こちらがご紹介したものです。

この色もよかったんですけど、ペリドットのさざれが毎回
同じ大きさでないんですよね~
毎回同じデザインになるには、やっぱり大きさが大切ですからね。

ということで、もう一つ作ったんですよ。
紹介していなかったかもしれませんが、土台のワイヤーを
ブロンズカラーに変えて、周りの石も変えました。
雰囲気変わるでしょう!

これもシックで素敵にできたなって思ったんですけどね。
いかんせん、ちょっと落ち着きすぎて色味が暗いようなきがする。
すてき~って見ていってくれるお客さんもいたのですが、
教材としては採用を見合わせしました。
でもキャメルとか生成の色の洋服とかに合わせるとかっこいんですよ~♪

そして今回、明るくシックに葡萄が主役のリースができました♥
周りの色は控えめです。

リースの土台はゴールド。
葡萄の周りはベージュと黒にして、明るすぎず、暗すぎずにしました。

皆さんはどれが好き?

好きなデザインを形にするまでの工程を教えました

先週来てくださった生徒さんは一番長く続けてくださっている方で
私の用意したレシピは少し教えればすぐに理解する上級者です。
もう、いろんな技を持った方なので、オリジナルだって作れるはず!

ということで、今回はレシピ通りに作るのではなくて、
オリジナルの作品を作っていただくことにしました。
参考にしたのはこちらの作品
566

これとまったく同じものを作るわけではなくて、
石の形も周りのデザインも自分で選び、デザインしてもらう
ところからはじめました。

選んだのはオーバルカットのラピスラズリ
今回はこれを横にした作品にしたいということでした。
さらにワイヤーの色で雰囲気がだいぶ違ったものになりますよね。
ワイヤーはゴールドで、オリエンタルな雰囲気にします。

材料を選んだら、絵をかくことから始めます。
絵の上手な人は、見ただけで描けるのでしょうけど、
私のように絵の苦手な人は、ここでやる気が下がりますよね~(^▽^;)
でも大丈夫!それぞれちゃんと原寸大のパーツが簡単に
作れるような書き方を教えましたよ。
彼女も絵はちょっと~っと言いながらも、おしゃべりしながら、サクサク書いていました。

オリジナルの組み立て方

こちらの絵が原寸大パターンです。
内側の円が石の大きさ。
外側はフレームの大きさです。
こんな感じでパーツを作っていきますね。

最初にフレームを作ります。
フレームは以前に作った作品と同じですので、ここまでは
説明なしで作れますね。
とはいうものの、絵のサイズ通りにフレームをちゃんと仕上げないと
周りのパーツに狂いが生じてしまうんですね。
フレームを絵のサイズ通りに仕上げられるあたりは流石です!

次にパーツを絵のサイズで作ります。
右から順番に作ったりせずに、同じ形のパーツをまとめて作るようにします。
同じ長さのワイヤーで渦巻きの大きさも同じになるように一気に作ります。
作ったら、原寸大の絵の上に置いて大きさを確認。
次に、全部できたパーツを絵のように並べてみて、隣り同士がきっちりくっつか確認。

絵があるので同じ形のものが簡単に作れそうなんですけど、
練習しないと絵があっても、いびつになったり、重ねたときに
同じ渦巻きの大きさになっていなかったりと、なかなか難しいんですよ。

左右対称の渦巻きをどうして左右対称に作れるんですか?って
よく聞かれるんですけど、これも練習による手の感覚と
もう一つコツがあるんです。

そのコツを教室で教えています。

今回のレッスンはここまでで時間が来てしまいました。
次回までに家で全部仕上げてみますとおっしゃっていたので、
次のレッスンの時に素敵な作品が見られるのではないでしょうか。
その時にまたご紹介しますね~♪

このように完全オリジナルの作品が作れるようになります。
まずは体験教室から始めてみませんか?
体験教室

エイジャの赤石 作っている途中を見せちゃおうかな

前回紹介したこの作品、エイジャの赤石という名前がついているんですね。

エイジャの赤石
さて、今回これは結構てこずりました。
というのも、頭の中で組み立てたときは、こんな感じでできるかな~って
思っていたことが、実際作ってみるとそんなに簡単にいかないってことが
分かっちゃったんですね~
フレームを2回作ってダメだということが判明・・・(T_T)

根本から作り方を変更しました!

DSC_6800

最初はすべてのフレームを作ってから合体させる予定だったのですが、
なかなかうまい具合に左右対称に接合できなかったんですね。
アニメ画像の中央の石と周りの石の比率が違うので、
周りのガラスの間隔をどの程度にしたらいいのか分からなかったんです。
上手な人ならできたのかもしれないですけど、私には難しくてできなかったの・・・

だから、バラバラのフレームを作ってから合体させるんじゃなくて、
フレームを合体させながら、外側の小さなフレームも同時に作っていくことにしました。

つまり、そこで失敗したらもう一度最初からってこと!
ステンレスの角ワイヤーだから硬いし、失敗したら最初からだよ!っていう
プレッシャーで緊張しちゃって、暑くないのに汗かいちゃいましたね~。

今回は、全部石座をワイヤーで作るとかなり重たい雰囲気になってしまうので
スワロフスキー用の石座を活用しての作品になりました。

お客様が気に入ってくださって、嬉しかったな~♪

DSC_6808

アニメ画像そっくりに作ってほしいというオーダー

アニメ画像と同じようにペンダントを作れますか?
というご相談がありました。
その画像がこちら
%e3%83%aa%e3%83%b3%e6%a7%98%e5%8f%82%e8%80%83%e7%94%bb%e5%83%8f

彫金だったらそっくりにできると思うのですが、
ワイヤーでこれを再現するには、どういうパーツを作ったらできるか考えました。
全く同じにはできないけど、似たような形にはできそうな気がするな~
お客様にはまったく同じではないけど、似たような形だったらということを
お伝えして、オーダーをお受けすることにしました。

まずは使う石やガラスのご相談。
私が用意できる石やガラスの種類や色、サイズなどをご連絡して
その中から選んでいただきました。

中央の赤い石に近いのはスワロフスキーで用意できそうでした。

そして出来上がったのがこちら!

DSC_6805
画像を実サイズのガラスに合わせた大きさに印刷して、
周りのガラスをどれくらいの大きさのものを用意したらいいのか
確認してから、材料を探し始めました。
画像とぴったり同じ比率のガラスは見つけられなかったので、
似たような大きさのものを用意しました。
こちらもスワロフスキーです。

画像から同じような形に作品を作っていくというのは、
初めての試みで、私にとってはチャレンジでしたが、
作り始めたら、夢中になって作っていました。

出来上がって、画像と同じようにできて、ほっとしています。

こちらは着画

DSC_6808

DSC_6806

DSC_6807

DSC_6811

神が降りてきました~!!!

ベーシックコースの作品も最後の2つとなったのに、
パーツは作ったのに、全体的なデザインがさっぱり決められず
悩んでおりましたが、昨日、今日とサクサクデザインが決まり、
本日ついに全部完成しました~!
あまりに決められない私に神が降りてきて手伝ってくれたようです!!!
神様ありがとう(T_T)

今回使う新しいビーズはこんなもの
真ん中に穴が開いているコイン型のビーズ

DSC_6793

 

さぁ~これがアンティークジュエリーのようになりました♪
%e3%82%b3%e3%82%a4%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%8d%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%b9

%e3%82%b3%e3%82%a4%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%8d%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%b91

こちらのネックレスは基本的な技術だけでできています。
各パーツを繋ぐ箇所に丸カンを使わず、ワイヤーでパーツを作って繋ぎます。
%e3%82%b3%e3%82%a4%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%8d%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%b92

%e3%82%b3%e3%82%a4%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%8d%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%b93

後ろはアジャスターもあるのですが、メガネ留の穴にも入りますので、
どこでも調整ができますね。
%e3%82%b3%e3%82%a4%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%8d%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%b94

ビーズボールと9ピン曲げでヴィンテージのようなネックレス

ビーズボールと9ピン曲げだけでヴィンテージジュエリーのような
ネックレスが作れちゃいます!
これもベーシックコースの作品にします♪

%e3%83%99%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%83%e3%82%af2-%e3%83%93%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%81%a89%e3%83%94%e3%83%b3%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%8d%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%ac

ビーズ30個で作るビーズボールは形の違うビーズを使うと
全く雰囲気が違うものが作れるので、覚えておくと便利です。
今回は白と黒のボールを5つ作りました。
%e3%83%99%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%83%e3%82%af2-%e3%83%93%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%81%a89%e3%83%94%e3%83%b3%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%8d%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%ac

これはただの9ピン留ではありません。
%e3%83%99%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%83%e3%82%af2-%e3%83%93%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%81%a89%e3%83%94%e3%83%b3%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%83%8d%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%ac

オニキスとマザーオブパールの間に部品が入っているのがわかりますか?
これも手作りですよ♪
この部品も9ピン曲げのテクニックで作れますが、綺麗な円を作るためのコツや
直角にきれいに曲げるためのコツなどを受講者の方にはご紹介していきますね。

 

10月の体験教室の募集です。

10月の体験教室の募集を行います。
募集期間 9月20日~30日

体験教室日程
火曜日 4日、11日、18日25日
木曜日 6日、13日、20日、27日

午前の部 11:00~ 定員3名 午後の部 14:00~ 定員3名

所要時間 1~2時間

お申し込み方法は下記の申し込みフォームにご記入いただくか
お電話でご連絡ください。
申し込み
tel: 080-6052-6302

子供用の体験教室もご用意しております。
詳しい内容はこちらをご覧ください
体験教室の内容

穴の開いた石のラッピング

taiken

巻き付けフープピアス(イヤリング)

フープピアス

巻き付けフープネックレス

139-141

簡単リング

DSC_2271

シャンデリア

シャンデリア風サンキャッチャー

 

今日の生徒さんは上級者の方でした

ワイヤーを編んで穴の開いていない石を包む方法を
上級者の方に教えています。

今日はそのラッピングに挑戦していただきました。
真剣に集中しております!

DSC_6757

DSC_6754

DSC_6755

そして出来上がったのがこちら。
裏側の石の淵ぎりぎりでひっかけるのが難しいのですが、
石を邪魔しないように上手にできました♪

DSC_6758

DSC_6760

こうした作品も作れるようになりますよ♪
まずは体験教室で穴の開いた石のラッピングをやってみませんか?
体験教室

猫ちゃんこうなりました!

昨日作っていた猫ちゃん。
実は昨日の猫ちゃんは一度分解してもう一度作り直しました。
周りのワイヤーを巻きすぎて、猫ちゃんが重たそうでかわいそうかなと思ってね。

こちらの猫ちゃんを採用!

DSC_6746

 

さて、この猫ちゃんの最終形態はこちらです!!!
オープンネックレスなのです♪
%e7%8c%ab%e3%81%a8%e6%af%ac%e3%81%ae%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%b3%e3%83%8d%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%b91

着けたときに首元で開いているからオープンネックレスっていうのかどうか分かりませんが、
外国だとこういうスタイルのものをオープンネックレスとかオープンチョーカーって言うみたいですね。

こちらは開いて使っていただいてもいいのですが、閉じることもできます。
%e7%8c%ab%e3%81%a8%e6%af%ac%e3%81%ae%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%b3%e3%83%8d%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%b9

どうやって閉じるかというと、猫ちゃんの手が弦をつかんでいるんですね!
%e7%8c%ab%e3%81%a8%e6%af%ac%e3%81%ae%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%b3%e3%83%8d%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%b92

最初に作った猫を見て、ちょっと手が長くない?って思った方もいるかもしれませんが、
これは計算のうちでした。
猫ちゃんはモノを取るときなど、手首のあたりをちょこっと曲げるんですよ。
猫好きにはこのしぐさがたまらなく可愛いですよね。
それを表現してみました。

猫ちゃんがどうして弦をつかんでいるかというと、弦に引っかかっている
毬で遊びたいんですね。
だからそれを取ろうとしているんです。

このビーズボールも作りますよ♪
%e7%8c%ab%e3%81%a8%e6%af%ac%e3%81%ae%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%b3%e3%83%8d%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%ac%e3%82%b93

これ作るのは結構時間もかかりますし、ちょっと難しいですね。
ベーシックの最終課題にしようかなと思っています。
これのレシピが一番難しそう。
頑張ろう!

ただ今猫ちゃん製作中

猫ちゃんを作っております!
これがどんな作品になるのか楽しみにしていてください。
考えがまとまっていないところがあって、猫ちゃんの後の工程で
つまづいております・・・(T_T)
今日中にその工程をクリアして完成させたいな!

DSC_6740