Loading

ビーズ屋黒猫Blog

角線バングル

お盆が終りましたね。
私は帰省せず、自宅で近場にちょっと買い物行くくらいでのんびり過ごしていました。
皆さんどのように過ごされましたか?
例年ですとお盆を過ぎると暑さのピークも過ぎて風が秋っぽいの物に変化していきますが、今年は梅雨が明けるのも遅かったですし、どうなんでしょうね?
毎日暑くて不快指数マックスで目が覚めます。

さて、バングルは今回は角線を使っています。

角線は断面が正方形の線ですね。
甲丸線より太さがありますので、存在感があります。
男女問わず使っていただけるシンプルなバングルです。

平角線でも作ってみました。
平角線は断面が長方形の物で、今回はそれを捩じっています。
角線をねじるより、長方形の面積が広いので、捩じりがよく見えます。

前回投稿したのは上記の通りなのですが、写真を間違ってしまいました。
平角線は右の中央だけ捩じったもので、左の全部ツイストしているのは角線のツイストでした。
↓の写真も上が平角、下が角線のツイストです。

サイズは同じ大きさで作っているんですけど、不思議とたくさん捩じっている方が大きく見えるような・・・
私だけかな?
捩じるところによっても雰囲気が変わりますよね。
これも同じくらいのワイヤーの太さなんですけど、たくさん捩じっている方が細く見えますね。
ツイストバングルはなかなか面白いです。

平角線を全部捩じるとこんな感じです。
上が角のツイスト
下が平角線のツイスト

ぱっと見に多様でわかりにくいのですが、アップにするとちょっと違いが判ります。
上が平角
下が角
角線は正方形をねじっているので、凸と凹が同じ幅でねじれています。
一方平角線は長方形をねじっているので、凸と凹の幅が微妙に違うんですね。
この場合2×3㎜の長方形のねじりなので遠くから見るとわかりにくいかもしれません。
ちなみに、これは磨き前なので表面がまだざらざらの状態ですね。
ということで、写真撮影の時に平角だけで撮影したつもりが、角と一緒に撮影しておりました。

シンプルな甲丸バングル

葉っぱのブラスバングル

関連記事

  1. 母の日忘れてた~!

    2020.05.12
  2. オーダー品完成

    2018.04.05
  3. 体験教室は小学生でもシニアの方でも楽しめます♪

    2018.07.08
  4. 286 アクアアンティークネックレス

    2014.08.02
  5. 鯨歯細工とワイヤーのアロマポットの合体

    2019.06.05
  6. 穴のないチャトンをソウタシェコードで包む

    2018.02.28

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。