ビーズ屋黒猫Blog

動物シルエットのサンキャッチャー

お店のキッチンにある古い蛍光灯の紐、引っ越してきた時は紐にアルミホイルががっちり巻かれた状態でした。
おそらくコンロの真上の蛍光灯だったので、油でベトベトになってしまっていたんでしょうね。
今はその紐を切って、以前作ったサンキャッチャーをぶら下げています。

仙台にいるころに作ったサンキャッチャーです。
猫の後ろ姿なんですけど、これがライトの紐になっているだけでなんだかかわいらしいですよね。
残念なのは窓がないのでせっかくのガラスがキラキラしないんですけど、これはこれでインテリアとして気に入っています
元々サンキャッチャーとして作ったので長いんですけど、一番端っこにカニカンを付けて途中のチェーンのどこにでも入るので長さ調節ができるんです。

先日これを見た親戚が飼っているペットをモチーフに作ってほしいと依頼がありました。
猫とチワワとイタリアングレーハウンドでということで、作りましたよ~♪
ってまだ途中なんですけどね。

猫もイタリアングレーハウンドも毛が短くてつるんとしたイメージなんですけど、チワワはふさふさって感じだから、ちょっと尻尾を強調して首のあたりも少し毛を付けてみました。
う~ん・・・なんかイメージしたのと違うのが出来ました。
なんていうかポケモンっぽい感じになっちゃった。

これは素材をアルミワイヤーで作りませんでした。
モチーフの大きさが15㎝程の大きさで割と大きなものなので、アルミで作ると落としたりしたときに変形しちゃうかなと思いまして、建築資材としても使っているような鉄ワイヤーで作っています。
鉄なので当然錆びるのですが、最初からこのように酸化させて黒いものになっています。
これ以上黒くはなりません。
作っている最中は硬くて、握力と手のひらが真っ赤になって薬指と小指の第二関節の下がペンチだこのように固くなってしまいました。
そのかいあって、変形しにくい丈夫なものが出来上がりましたよ~♪
ガラスをこれから付けて装飾していきます。

関連記事

  1. チタンコーティングのドゥルージーのシルバーラッピング

  2. 何ができるかな?

  3. ベーシック3の材料変更

  4. 雪の結晶を使って作っています

  5. キットのサンプルを作っています。

  6. 内装工事完了

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

PAGE TOP