Loading

ビーズ屋黒猫Blog

鯨歯細工のオーダー品

5月とは思えないほど暑い日が続きますね。
昨日は町内の運動会で午前中にお手伝いに行ってきたのですが、帰宅後ドッと疲れが出て頭痛がしてきました。
炎天下だったので、頭が熱くなりすぎてしまったようです。
午前中だけだから大丈夫だと思ったんですが、強烈な暑さでしたね。
皆さんもお気を付けくださいね。

さて、今日はネックレスに仕立ててほしいという品物を3つお預かりしました。
そのうちの一つ鯨歯で作った菊ですね。
小さい菊でこれをワイヤーでラッピングしてほしいということだったんですが、どのようにラッピングしようか悩みました。

結構小さい割に高さがあるんですよ。
爪留めしても3点留めにしてもどちらも菊の模様を邪魔してしまうんですよね。
菊が綺麗に見えない、どうしよう・・・。
そして、ひらめいたのは綺麗に見せるためにはワイヤーのラッピング技法にこだわる必要ないんじゃないのってことでした。
この鯨歯の菊は一つづつ穴をあけてあるんですね。
だから、淵に一番近い穴にワイヤーを通して固定すれば落ちる心配がありません。
でも、その穴を起点にバチカンを作った場合、重量がその穴だけにかかった時に欠けてしまう可能性があります。
そこで、ぐるっとフレームをつけて、そのフレームにバチカンを付けました。
そうすることで、バチカンが引っ張られたとしてもフレームに加重されて鯨歯そのものには圧力がかかりません。
このフレームの中に鯨歯細工が収まっているように固定すればいいわけです。

裏から見るとたくさん穴が開いている様子がわかると思います。
中心は円柱のような形のもので真ん中に途中まで穴が開いていたので、もしかしたら、ここに接着剤何かの固定できるような細工になっているんだと思います。
裏側はフレームの下で鯨歯細工と渦巻きを一緒に留めて、鯨歯細工がきちんと固定されるようにしています。

小さいのでラッピングは表に渦巻きなど作らずシンプルにしました。

がま口かごバックペンダントトップ

ガラスのアロマポットのワイヤーラッピング

関連記事

  1. 412 ハウライトトルコ、赤メノウ、ラブラドライトのロングネックレス

    2015.04.11
  2. アンモナイトのネックレス納品♪

    2016.10.07
  3. がま口かごバックペンダントトップ

    2019.05.17
  4. アンモナイト、生きていたころを想像して!

    2016.10.19
  5. 鍵モチーフのペンダント オーダー品

    2018.08.03
  6. 両面膨らんだ石は包みにくい!

    2018.06.25

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。