ビーズ屋黒猫Blog

平成最終日にパールとアクアマリンの優しいバングル

今日は平成最後の日ですね。
平成の始まりは昭和天皇の崩御に伴い始まったため、お祝いムードではありませんでした。
どちらかというと最後の最後まで天皇としてあらゆる延命治療を施されて崩御された天皇をかわいそうだなと思っていたことを思い出します。
平成は、自然災害が多かったけど戦争に巻き込まれたりしなかったので、これからもそれが続いてほしいと願ってしまいますね。

さて、平成最後にご紹介するのは、シルバーとパールとアクアマリンでお花と葉っぱのボタニカルなバングルを作りました。

パールは2㎜以下のシードパールを使い、座金の上にびっしりと敷き詰め、中央にアクアマリンを付けました。
淡い優しい色合いのお花です。
全体的に白っぽくなりすぎないようにシルバーでできたフレームはアンティーク加工で少し黒くさせています。

バングルの反対側は葉っぱです。
こちらもシードパールを敷き詰めています。

座金を使わずワイヤーだけで葉っぱを作りましたので、裏側からワイヤーの処理が見えないように両面にパールをつけています。
今回は、座金などのパーツはシルバーではなくメッキ加工のパーツを使っていて、強度を持たせるため、一部ステンレスワイヤーで固定するなどしています。

手首側のバングルのフレームはツタが這っているようなイメージでデザインしました。

着画です。
お花をどちらに向けてつけていただいても結構です。

関連記事

  1. 市販の石座のような爪留

  2. 龍と水晶

  3. スワロフスキーと黒革のチョーカー

  4. テキストが出来るまでのお話

  5. ピアスフックも作れちゃう

  6. 初挑戦!ワイヤーとマクラメのコラボ

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

PAGE TOP