Loading

ビーズ屋黒猫Blog

久々のアンモナイト

久々のアンモナイトの作品です。
小ぶりのアンモナイトを銅線と真鍮線でラッピングしています。
アンモナイトの褐色に真鍮の金色が流れるように包んでいます。
アンモナイトの淵が見えるように詰め留めで留めています。
真鍮線だけだとギラギラしすぎちゃうかな~と思ったので、土台に銅線を使ってみました。
アンモナイトの色と合うし、なかなかいいかも。

苦労したのは意外にもバチカン。
簡単に作れると思っていたのに、作り始めたらどうも納得いかなくて・・・。
前後から見たときにねじれないように、内側で爪が重ならないように、そしてしっかりかみ合ってトップが外れないようにってやろうと思うとどこかがずれて綺麗にできないんですよ。
紙で試作してみたりして試行錯誤してやっとできました。


裏はアンモナイトをしっかり支えています。

着画はこちら。
素敵でしょう。

リーフリングを作ったモニターさんの感想

簡単だけどゴージャスなブレスレット

関連記事

  1. アンモナイトを加工しております

    2016.10.04
  2. 親子で楽しめる体験教室♪

    2019.01.15
  3. 曲げてたたいて真鍮棒

    2015.05.31
  4. 電子カタログなるもの

    2019.03.28
  5. 4人展始まりました

    2019.11.24
  6. グレードアップした体験教材♪

    2019.01.22

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。