ホワイトローズとソウタシェのコサージュ

今回のホワイトローズの縁取りはシルバーです。
キラキラのシルバーを淵に付けています。同じリボンで作っているのですが、縁取りでイメージが変わりますよね。

毎日コサージュを作っておりますが、今日は今まで私が作品に取り入れたことなかった新しい技術を取り入れてみました。
ソウタシェという技術で、ホワイトローズの後ろにソウタシェで作った葉っぱを入れました。
これはソウタシェコードというコードをいくつか重ねてその間にビーズを入れて糸と針で縫い合わせていくというものです。

色の違う2種類のコードを使っていて、中にはガラスビーズが入っています。
コサージュの上の方にはドロップカットの水晶を3つ並べています。
これもアクセントとしてキラッと光ってくれますよ。

着画はこちら

 

こちらはコサージュの裏側です。
ピンのほかにクリップが付いていますので、髪を結ってその上からクリップで頭に飾ることもできます。
ソウタシェは通常裏側にフェルトのような当て布をして仕上げるのですが、今回はビーズの透明感を残したかったので、裏側の当て布をしない方法で作りました。

今日でホワイトローズはいったん終了。
明日からピンクのコサージュを作ります♪

本当は午前中に完成する予定でしたが、シャワー台に付けたところで、シルバーカラーの作品なのに、ゴールドカラーのシャワー台に留めつけてしまったことに気が付き、やり直し・・・
午前中の仕事を無駄にしてしまいました。
配置を見るだけだからと色の違うパーツで確認して、本当につける時はシルバーの台に付けようと思っていたんですけど、夢中になってそのまま色の違う台に付けちゃった。
ちゃんと正しいパーツを用意してやらないとダメですね。

ホワイトローズのコサージュ(その3)

今回もホワイトローズですが、濃い目のアンティークブラスカラーの縁取りで薔薇の後ろに黒のメッシュを入れたちょっとハードな印象のコサージュです。
ゴールドの粗目のメッシュの葉っぱに黒にゴールドラメのメッシュの葉っぱ、さらにその下にゴールドラメのメッシュの葉っぱを付けました。

着画はこちら
ハードと言っても、ゴシック系になるほどのハードさないので、合わせやすいと思います。

裏側は今までと同じくクリップが付いていますので、結った髪に付けることできますよ。
裏にブラスのワイヤーでループを付けていますが、メッシュの葉っぱがとても柔らかいので、裏側に折れないように支えとしてつけています。

リボンから薔薇を作っています

コサージュの為の薔薇を作っているのですが、リボンから作っています。
後のリボンを手前の薔薇の形にしていくんですね。

そのあと、薔薇の花びら1枚1枚に縁取りで色を付けていきます。
これはコサージュの台座の色とちぐはぐにならないような色を選んで付けます。
まずは手前のものがシルバーのラメで縁取りしました。
奥にある2つはまだ何もしていない状態です。

これでも綺麗なんですけど、もうちょっと色を入れたいな~と思ったので、ラメのほかに少し青い縁取りにしてい見ました。
うっすら青い色にシルバーのラメを入れています。
これがどんなコサージュになるかお楽しみに~♪

トルソーに布ドレス

トルソーに素敵なドレスを着せたいけど持っていないので、布でドレス風にしてみました。
よく見ると全身シースルーで海外のレッドカーペットを歩く女優のようにセクシー路線になっております!
ちょっとラメの入ったシフォンジョーゼットの布を巻いただけ。
肩はレースリボン。
簡単だけど華やかになりました。


そこにゴールドのローズコサージュを付けています。

このコサージュは手が込んでいて、葉っぱの部分から作っています。
ブレードリボンというものにシードパールを付けているんです。
詳しくはこちら

こちらは紺のワンピースに合わせたときの様子です。
ギラギラした色合いのゴールドではないので、紺などに合わせると華やかだけど落ち着いた雰囲気になりますよ。
卒業、入学シーズンに活躍します。

 

 

ブレードリーフのコサージュ完成品

昨日の続きです。
ブレードでリーフを作り、梨地オーガンジーリボンで作った
巻薔薇とでコサージュにしました。
いかがですか?パーツで見ていた時と想像していた完成図が違っていました?
それとも想像通りでしたか?

o148-1

可愛らしいけど、アンティークな雰囲気で大人の女性がしても
素敵なものにしたかったんです。
なっているかな?
下に垂らしたのは、ちょっと大きめのドロップパール。
わきにはチュールレースも入れました。
見えにくいのですが、黒いチュールレースも使っています。
白だけだと白があまり目立たず、軽い感じになってしまったので、
黒を入れて白が目立つようにしたのですが、正面からだとわかりにくいですね。

o148-5

DSC_4634

こちらは、コインパールのクレオパトラネックレスと合わせてみたものです。
どちらもレースみたいに見えるので、かわいらしいですね。

o148-2

コサージュって立体だから、正面から写してもなかなか全体的に
どうなっているの見せるのが難しいですね。

こちらはエレガントに見えるライス型パールのネックレスと合わせています。
合わせるネックレスによって、可愛らしかったり、エレガントになったりします。

o148-4

裏はいつも通り、クリップがついています。
つばの大きな帽子に着けたりしたら、それこそアンティークで
素敵な感じになるだろうな~♪
o148-3

ブレードリーフ 作成途中公開

ブレードを使って何か作りたいな~っということで、葉っぱを作っています。
こちらは葉っぱ型に曲げたワイヤーにブレードを通しただけのものです。
これだけだと、ブレードがクニャクニャ前後に倒れてしまうんですよね。
この写真もちょっと前に倒れているように見えるでしょう。

DSC_4628

ここから内側に小粒のパールをつけて、外側にシードパールを
レースのように付けていきますよ。
こうすると、あら不思議、ブレードがきっちり固定されて
前後に倒れたりしないで、綺麗な葉っぱ型を保ってくれます。

DSC_4627

さて、これは何の葉っぱでしょう?
本物に忠実に作っているわけではないので、分かるわけないですよね~。

答えは巻薔薇の葉っぱでした!
落ち着いた色のゴールドの薔薇を今回はアンティーク風にしてみようかと思います。

DSC_4626

出来上がった葉っぱはこんな感じ

DSC_4630

レースがついているみたいできれいでしょう?
これがどんなふうに作品になるのかは、明日完成品を載せますね~♪

o147 インディゴブルーローズコサージュ

インディゴブルーの巻薔薇コサージュを作りました。
一言でいうと「大人のシック」って感じですかね!
自分で作っておいて言うのもなんですが、かっこよくできました。
o147

o147-1

生地は梨地オーガンジーなので、ギラギラした色合いでなく、
輝きを抑えた輝きで、手触りは梨の肌のように少しざらざらした肌触りです。
それを巻いて薔薇を作っています。

素敵なブルーローズになるのですが、一見すると地味に見えちゃうんですよね。
なので、縁取りを華やかにしてみました。
まずは、ギラギラしない落ち着いたシルバーで縁取り、さらに所々にキラッとさせるために
明るいシルバーラメをつけました。
これだけだと、安っぽくなっちゃうので、大人のシックな雰囲気を出すため、
さらにブルーのラメをつけて、光の角度によって、シルバーに光る個所と
ブルーに光る個所を作りました。
写真だとうまく映らないのですが、綺麗なんですよ。

そして、薔薇の下にはムーンストーンを揺れるようにつけています。
小さなラウンドのムーンストーンの下にドロップカットを付けました。
こちらも光の角度によって青く光ります。

o147-5

今回は、同系色のブルーのワンピースに合わせていますが、
白やベージュなどのワンピースやジャケットに着けると、
とても映えると思いますよ♪

o147-2

裏はクリップがついていますので、結った髪につけて髪飾りとしても使えます。
この色は和の雰囲気とも会うと思うので、浴衣を着て、髪にムーンストーンが
揺れるように髪飾りとしてつけてもいいかな~なんて思います。

今回も見えないところにこだわっています。
お花の隙間に見える座金の地が見えないように同系色のガラスビーズで飾っています。

大人でシックな落ち着いているけどゴージャスなコサージュ!
人と違うものがほしいという方、お勧めですよ♪

アレンジいろいろロングネックレスとコサージュのコラボ

ロングのコットンパールのネックレスとそれと一緒に使えるコサージュをという
オーダーを頂きました。
お店でコットンパールの色を選んでいただき、ホワイトよりちょっと黄色がかかった
キスカを選ばれました。
ロングがご希望ということで、身長などによってロングの似合う長さもいろいろです。
お店にあるネックレスをいろいろ首にかけてもらって、ちょうどいい長さを決めました。
そのあとパールの大きさを小さいものから大きなものに徐々に変化していく
グラデーションのようにすることになりました。

よくネックレスの途中でつけられるリボン型の飾りを取り外して切るようなものがありますが、
ああいう感じでパールで作ったコサージュのようなものがご希望ということでした。
パールも色や形がいろいろあるので、それも実際見ていただき、こんなのもできますよ等
ご提案させていただきながら決めていきました。
他であまり見かけない長方形のパールで、カジュアルにもつけやすいものということで、
真っ白ではなく、少しオレンジがかったケシパールに決定。

そして出来上がったのがこちら♪
少し黄色みがかったコットンパールと薄いオレンジのコサージュがちょうどいい感じで
優しく上品な雰囲気のセット品になりました。

o140-0

コットンパールとパールの間は金属カラーではなく、白い色をご希望。
マットな白にすると安っぽくなってしまうので、ちょっとフロスト加工された
ガラスにパールの輝きを付けたようなシードビーズを入れました。

ケシパールのコサージュは全体的にどこから見ても立体的に見えるように工夫しました。
(撮影の腕がなくて、ライトのせいでオレンジやパープルが強く見えますが、薄いオレンジなんです・・・)
o140 o140-3
上から見ると隙間なくパールがびっしりですが、角度を変えると隙間ができてしまう所もあります。
そういう所にはシードビーズで飾り、座金の表面が見えないようにしています。
裏側は回転ピンのついたブローチになっています。
パールのネックレスに取り付けやすいよう、少しくぼみを付けたかったので
ドーナツ型のブローチ台を選びました。
o140-2

ネックレスとコサージュをそれぞれ別々に使うこともできますし、
2つ一緒にコラボするとこんな感じでいろいろできます。

クラスプを首の後ろに持っていき、コサージュを途中に付けたタイプ。
胸の前に来るパールが一番大きくて、上に行くにしたがって小さく変化しています。
540-2

コサージュをクラスプの所に付けてクラスプを隠します。
クラスプの部分が前面に来ますので、パールの大きさが左右で違うようになります。
こうしたアシンメトリーも楽しめます。
540-3

ネックレスの左右の両方を途中でコサージュで掴んだタイプ
全然違った華やかさが出ますね。
コサージュを付ける高さによっても雰囲気がだいぶ変わります。
540-4

ロングなので、普通につける分には頭からかぶることができますが、
コサージュを付ける高さが高くなると、頭からかぶることができません。
でも大丈夫!クラスプを開閉して付けることができます!薔薇のクラスプを付けています。
540-1

卒業式や入学式に使われるということで、喜んでいただけました。

o139 ラベンダーカラーの巻薔薇コサージュ

ラベンダーカラーのさわやかな色の巻薔薇コサージュです。
淡い色なので紫ですが地味になりませんよ。
年齢も問わない色なので、どなたでもお使いいただけます。
o139

周りには同じ色のラベンダーカラーのガラスカットビーズをフープにして
装飾して、透明なのはオーラ水晶です。
水晶の表面にオーラ加工されていますので、普通の水晶より光ります。
o139-2

薔薇の縁取りは、紫の上からシルバーラメを少し付けています。
シルバーにも見えますし、紫にも見えますが、濃い紫ではありません。
周りをきゅっと引き締めるアクセントになっています。

o139-4

黒や紺のワンピースにパールのネックレスと合わせても素敵ですよ。
o139-1

このほかパーティーや結婚式にもお使いいただけます。

裏側はクリップ式のブローチピンになっていますので、結った髪にクリップで
付けるだけで華やかな髪飾りにもなります。

DSC_4478

こちらで販売しております。

オンラインショップ