体験教室も好評です!

ビーズ屋黒猫も仙台での営業が残り2週間。
現役の生徒さんもお客様からも好評の体験教室に、先週は男性の方が挑戦されました。
時々石を買いに来てくださるお客様で、お友達にアクセサリーの作成依頼があるとのこと。
体験教室で穴の開いた石のラッピングを覚えるといろいろ応用できそうだということで、参加していただきました。

普段から工具は使い慣れていらっしゃったので、サクサク作っていましたよ。

出来上がった作品はこちら♪

飾りの付け方は、皆さん個性が出るところですね~。

来週は現役の生徒さんもやってみたいということで参加されます。
火曜日は体験教室の予約が取りやすい日です。
それ以外の水曜から土曜日は15時から予約可能です。
興味がある方は、後2週間ですので、お早めにご連絡くださいね。

 

ベーシック8 ビーズボールの色違い 生徒さん作品

なんだかとっても忙しく、なかなか生徒さんの作品をご紹介できておりませんが、
上級者の方が作ったベーシックコースの作品をご紹介。

上級者の方でもベーシックコースをやってみたいというご要望が結構あります。
以前のレッスンで、8番を作ったのですが、その課題作とは別にもう一つ同じものを作り、
ビーズボールをカラフルなものに変えて作ってくれました。

オレンジと淡いグリーンの可愛らしいビーズボールで、猫がかぼちゃを取ろうとしているみたいですね♪
こんな風に洋服に合わせてビーズボールの色を変えてみても楽しいかも~!

黒十字に金の薔薇(生徒さん作品)

またもや思いっきりゴシックな作品紹介!
黒の角ワイヤーのクロスに金の薔薇です。
こちらは親子で来ていただいている生徒さんの作品。

まずはお母さんの作品から。

次は娘さんの作品。

上下に薔薇を付けたアレンジ作品になっています。
素敵でしょう?

全体的にどのくらいのモチーフなのかわかりにくいと思いますので、
生徒さんにモデルになっていただいて写真を撮りました。
このくらいの大きさなんですね。

割と使いやすい大きさですよ。

上級者からも人気のベーシックの作品

ベーシックコースの作品は全くの初めての方を対象にした作品ですが、
すでに何年も習っている方からも人気で、今回はオリジナル4の作品を
色違いで作ってきてくださいました。

ワイヤーはヘマタイトカラーで葡萄の部分はお店で販売しているグレーのチェコビーズ。
蔦部分はペリドット、アメジスト、ラブラドライトが付いていてとてもシックで
素敵な作品に出来上がっています。

上級者の方が作ってみた感想は、案外蔦をふんわり巻いていくのが難しくて
左右対称に苦労したとのことです。
こうしてアレンジして作ってくださるのは嬉しいですね~♪
黒で作ったことありませんでしたが、とても私好みの作品です!

 

穴のない石をワイヤーを編んで包む(生徒作品)

私の作品はワイヤーを編んでフレームを作り
それで穴のない石を包むというのが好きでよくやっています。
編んで作るので、時間がかかりますし、綺麗に編むためには
それなりに練習も必要です。
今日来た生徒さんはこれを完成させましたので、ご紹介します。

選んだ石はアズライトマラカイトでとても美しいブルーの石でした。
しずく型をシルバーカラーのワイヤーで包みましたよ♪
表もきれいに編めていますし、裏も石の淵ぎりぎりで綺麗に包んでいます。
なかなか最初は石の淵ぎりぎりで作るのは難しいのですが、とても綺麗にできていますね~。
石の上に飾りをつけてみたいということで、ラウンドカットの水晶を3つ付けて
取れにくい留め方の方法も一緒に覚えていただきました。

 

さて、もう御一方もワイヤー編みに挑戦です。
最初からフレームを作ろうと思うと、自分の思った通りの幅に編めなくて
がたがたになるので、悲しい思いをしてしまいます。
せっかく石を購入しても、上手く出来ないとがっかりしてしまいますので、
この作品を作る前にひたすら編み続けて作る作品をご用意しています。

 

ローズリングです。
こちらの作品は私のデザインではございません!
KIKI APRILIA ADIWIJAYAさんという外国の方の作品を参考にしたものです。
とにかくひたすら編んでいく作品で、編みの練習にとてもいいのです。
多少でこぼこになっても、出来上がりの薔薇にはあまり影響がなく、出来上がった作品は可愛らしく出来ます。

今回は黒いワイヤーで白の石を入れたので、かっこいい大人の雰囲気に物に仕上がっていますね。

 

ボール包とweaving ペンダント(生徒さん作品)

今日は2人の生徒さんが来てくださいました。
2人とも中級コースを突き進んでおります。
ボール包とweavingペンダントトップを作りました。

水晶をシルバーカラーのワイヤーで包んだのですが、
涼しげで素敵でしたよ~♪

こちらはワイヤーを編んで包むトップですが、表側の編みの練習を重点的に
裏はバイキングニッティングで包んでいます。
石はバリサイトという石で、濃い緑や薄い緑がありますが、
こちらは薄い色に濃い色がマーブルに入っていて綺麗ですね!

 

爪留と体験教室の生徒さん作品

昨日は最近ベーシックが終わったばかりの生徒さんが中級の爪留を作りました。
時間内にちゃんと出来上がりましたよ~♪
こちらはシトリン!
美しく出来ました。

今日は体験教室に来てくださったお客様の様子です。
もう無駄話もできないくらい、真剣に集中しております。

そして出来上がったものがこちら。
初めてということでしたが、ワイヤーの押さえ方など、特に説明しなくても
要所要所大切なところをきちんとつかんでいらっしゃって、サクサク作っていました。

メガネ留難しいと言いながら完成しました!

オリジナルベーシックコースでは4番目に初めてメガネ留が出てきます。
3番目まではピンワークや巻き付けなどメガネ留より簡単にできるものからスタートします。
簡単といってもピンワークのピンの曲げ方、ビーズの持ち方、ペンチの持ち方はメガネ留と共通ですので
最初にこれをマスターしてメガネ留に入ることになります。

メガネ留はワイヤーワークの基本的な技術ですが、結構難しいんです。
今日来た生徒さんも「メガネ留が上手く出来ませんでした」って言いながら持ってきたのですが、
輪の大きさも巻き方もきれいにできていて、特に問題ありませんでした。
皆さん、作っているときに手早く失敗しないで作れないので、上手く出来ないと思ってしまうのでしょうね。
メガネ留の習得には、結構な練習量が必要です。
いきなり上手に作れる人は、本当に稀ですね。
最初から上手く出来ないからといって、落ち込まないでください。

私は習い始めのころ、毎日作り続けて、失敗せずに自分が納得する形と速度で
できるようになるまで6か月もかかりました。
あの頃はお店をやっていなかったのに、何かに憑りつかれたように毎日何か作っていましたね(^▽^;)
(そして鳥の巣の様な大量のくずワイヤーを出していました)

習得にはそれだけ時間がかかるんです。
メガネ留で好きな石を選んで自分だけのネックレスを作ってみてくださいね。
いくつか作品を作っていくうちに6か月後には、最初に作った作品とは見違えるほどきれいに作れるようになりますよ。

出来上がった作品はこちら♪
グリーンの葡萄を選ばれました。

 

生徒さんから嬉しいコメント

オリジナルベーシックコースの受講生が最終作品に取り掛かり始めました。
こちらはその一つ手前の7番目の作品です。
フリーハンドでフレームを作るのに苦労されていましたが、
出来上がりは大変綺麗にできています。
座金とフレームもしっかり固定されていますし、編み方もとても綺麗です。
春から秋にかけて腕を出す時期のおしゃれに使っていただけると嬉しいな~♪

こちらの生徒さんから、テキストについてものすごくうれしい言葉いただきました。
「テキストがこんな詳しく細かく書かれているのは見たことがない
宿題もこれを見ればできるし、おそらく10年後に同じものを作ろうと思っても
このテキストがあれば作れると思います♪」
という何とも嬉しいお言葉をいただきました。
オリジナルベーシックコースはとても簡単なテクニックから中級に差し掛かるくらいのものまでを
段階的に学べるように作っています。
全く初めての方でも画像と解説で分かっていただけるよう、かなり細かく作りました。
1工程だけに100枚以上の写真を撮ったりして、手間と時間をかけて作ったものなので、
こうして実際に作っていただいた生徒さんからの声は、本当にうれしいです。

さて、こちらは前回ベーシックコースを終了されたばかりの方の中級の作品です。

ローズクォーツの穴無の丸玉です。
チェーンの部分はより線でチョーカー風にかっちりしたデザインにしています。
そして、チェーンの終わり部分のカツラをワイヤーで作る方法を学んでいただきました。
丁寧なつくりで、時間内に完成されて帰りましたよ~。

オリジナルベーシックコース初の卒業生♪

オリジナルベーシックコース8番まで全部作製完了された生徒さんが作品を身に着けてくれました♪
私は感無量!!!
「8番難しそう・・・本当にできるのかしら」って思いながら始めたんだそうです。
でも、ちゃんと綺麗に完成させましたよ!
これで、ベーシックコースは卒業です。

猫ちゃんもちゃんと可愛らしく出来ていますよ。

そして、今日から中級編に入りました。
穴のない石のラッピングです。
こちらもサクサク時間内に作り終わりましたよ~♪

 

もう一人の生徒さんもものすごい勢いで進んでおります。
1月に初めて5番目が完成して、今日は6番目を作り始めました。
こちらは完成した5番目の作品。
どのパーツも同じ間隔で綺麗に仕上がっていますし、メガネ留の輪が同じ大きさ、巻目の巻き数も左右同じにできていて素晴らしいです。