真鍮三つ編みパール

真鍮シリーズの三つ編みにパールを織り込んだものを3点作りました。
三つ編みパール
出来上がってみるとかなり上品で素敵なものになりました。
まずはネックレス

449

449-1

三つ編みの目に一つづつ淡水パールを織り込んでいます。
449-2
後ろはチェーンですね。
449-3

ブレスレットも同じように作って、留め金も真鍮を叩いた手作りです。
o109

ピアスはパールのサイズをかなり小さいものにして作っています。
p372

あかるい雰囲気で出来上がりましたよ~♪

曲げてたたいて真鍮棒

今日は、真鍮棒と格闘しておりました。
硬い真鍮棒を曲げて、たたいて形を作っていたのですが、
午後3時くらいにはペンチを握る薬指の第2関節に豆ができはじめ、
左手の親指の爪と指の間が裂けてきて・・・ つまり深爪したような状態になり
製作不能のになりました。

まぁそんなになりながら作った作品をご紹介します。
IMG_8501
太くて硬い真鍮を使っているので、モチーフを作っても
アーティスティックワイヤーで作るよりだいぶ丈夫です。

シンプルな渦巻きピアス
真鍮渦巻きピアス

良く作る4つばのモチーフとブルーカルセドニーのネックレス

クローバーとブルーカルセドニーネックレス

お揃いでピアス

クローバーピアス
真鍮線を組み合わせて作ったモチーフとアクアマリンのブレスレット
真鍮とアクアマリンブレス
一つづつのモチーフが少し弧を描いているので、
腕にしたときに立体的なります。
真鍮とアクアマリンブレス1

染めメノウと真鍮のネックレス
珠が抜けないように棒の下をたたいて平たくしています。

真鍮とブルーメノウネックレス1

中央のパーツも平たい角の真鍮を曲げて作っています。
硬かった・・・
こういうのを曲げるときは安いペンチは壊れそうになりますね。
真鍮とブルーメノウネックレス

最後はシンプルな真鍮のⅤ字チョーカー
シックな洋服に合うと思います。
真鍮v字チョーカー

だいぶたたきましたから、マットゴールドみたいな色になりました。
左右対称に、首に沿った湾曲を作るのが難しかったな~

真鍮v字チョーカー1

こちらの作品はお店でもネットでも販売しません。
いずれ販売が決まりましたら、ご連絡します。

p362 アワビの火の玉ピアス

火の玉のような形で青く加工されたアワビ貝をピアスにしました。

DSC_2767

DSC_2767

穴が開いていないので、ステンレスの角ワイヤーのぎざぎざで包みました。

アワビ貝の表面は青いプラスチックのようなものをかぶせてあるのですが、
透き通る素材なので、下の貝の輝きを見ることができます。
こちらはライトを当てた状態です。

夏にぴったりでしょう!
貝だからすごく軽いんですよ。

DSC_2770

DSC_2770

形状記憶ワイヤーでエレガントなチョーカー

ステンレスの形状記憶ワイヤーを使った淡水パールのチョーカーです。
名付けてパールフォールネックレス
フォールって何? フォールって滝です。
この間友達がエンジェルフォールを見に行きたいって話していて、
なんだかこれを作った時にエンジェルフォールの響きが残っていたんですよね。
だからパールフォールってつけてみました。
水が流れているような感じかな~。

DSC_2664

DSC_2664

ちょっとパーティーとかにも使えそうな感じでしょう?
細いワイヤーを4本使って長さを変えて先に淡水パールを付けています。

DSC_2661

DSC_2661

DSC_2658

DSC_2658

形状記憶ワイヤーなので、ガバッと広げて首に回すだけ。
外すときもガバッと広げてください。

形状記憶のワイヤーの形を変えるのが、なかなか思い通りの形にならず、
しかも、4本束ねるのにものすごく力を入れてペンチを掴んでいたせいで、
指の第二関節の腹が痛い!豆ができると、明日から仕事できなくなっちゃうので、真っ赤に腫れあがったところで終了~。

こうして出来上がったわけです♪

DSC_2667

DSC_2667

これに合わせてつけたら似合うかなっていうピアスも作りました。
洋服にひっかけているのは3連のチェーンに付けたパールフォールピアスです。

DSC_2668

DSC_2668

パールならどんな形のものでも合いそうですよね。

DSC_2686

DSC_2686

DSC_2684

DSC_2684

DSC_2687

DSC_2687

ピアスいろいろ

ピアスをいろいろ作りました。
まずはリーフ型フープの中にドロップカットを入れたもの。
リーフ型だと大人っぽく見えますね。
このほかレモンクォーツのものも作ったのですが、写真を撮る前に売れてしまいました。
まずはガーネット
p352

ブルームーンストーン

p350-1

分かるかな? 光が射し組む角度で青く光っているんですけど、
写真だと分かりにくいかもしれないですね。
p350

次は極細チェーンを使った三角なピアス
よく見る形だと思いますが、底辺をちょっと弧を描いてみているのと
一般的に市販されているチェーンより細いチェーンを使っているので、
とても繊細で華奢な印象のピアスに仕上がっています。
こちらはムーンストーンのロンデルと間には小さなラブラドライトを入れています。
こちらも光の加減で青く光りますよ。
p356 p356-4

次の三角ピアスはラブラドライトの3段ピアスです。
p357p357-2

こちらも極細チェーンを使っています。
3段がきれいに重ならないように工夫しています。
こういう形もワイヤーで作っているのはよく見ると思いますが、
チェーンを使うことで、とてもしなやかで女性らしい作品になりました。
小さなラブラドライトが光が当たると螺鈿のように光る箇所が合って、
神秘的にも見えますよ。
ちなみに、こちらのチェーンはサージカルステンレスという素材で、
医療用に使われているステンレスと同じです。
フックもステンレスです。

最後にとってもシンプルなペリドットのピアスです。
こちらのピアスはただのフックピアスなのですが、
薄い耳たぶの方専用に作ってみました。
なんでこんなもの作ったのか・・・・
じつは私も耳たぶが薄くて、ホールが耳たぶの下の方にあるので、普通のフックって大きくて
落としやすいな~って思っていたんですよね。
そこで、フックのふくらみ部分を薄くして、フックの曲線から石までの距離も短くして
使ってみたところ、すごくフィットして、落としにくいことが分かりました。
曲線から石までの距離はホールの位置とも関係しているのですが、ホールが
耳たぶの下にある人はこのくらい小さいと耳たぶの下からすぐに石がぶら下がるようになるので、
すごくかわいらしく見えるんです。

p355-1 p355

自分で作ったフックがぴったりで、着けていることも忘れるくらい着け心地がいいんですよね。
なかなか写真ではわかりにくいですが、耳たぶ薄くてホールが下にある人に使ってほしいな~
ものすごくニッチな商品ですけどね・・・(^▽^;)

このフックは14GF(14金ゴールドフィルド)というメッキよりもぶ厚く14金が塗られている
ワイヤーで作っていますので、色変わりがしにくく、メッキのようにはがれたりしません。

 

ピアスフックも作れちゃう

ピアスフックを作りたいけど、アーティスティックワイヤーだと柔らかすぎるんですよ
そこで、14金ゴールドフィルド(14GF)を使ってみました。
14GFは硬さがいろいろあるんですよね。
フルハード、ハーフハード、デッドソフトと3種類あって、作るものによって硬さを選べます。
これは、とても便利!
いろんな形のフックを作ってみました。
楽しい~♪

p334-1 p335-1 p336 p337 p338 p339 p340p340-2

p325 ホワイトファーのパーティーイヤリング

真っ白いファーと2色のコットンパールの冬の忘年会や新年会に
使えるゴージャスなイヤリングです。コットンパールのネックレスとの相性も抜群ですよ。
p325-1

耳に付けた時には、コットンパールなどの飾りが正面に向いて、
ファーが斜め上にふわっと乗るようなデザインです。
p325

前面に見える飾りは、2色のコットンパールと
オーロラ加工されたシナモンロールのような形をしたチェコビーズと
メタルビーズを付けています。
シナモンロールのようなチェコビーズは、光が当たると淡く七色に輝きます。
ギラギラしすぎない、控えめで上品な輝きです。

p325-2

大きいのですが、コットンパールとファーなので、とても軽いです。
耳を挟んだ時に痛くないように、シリコンキャップを付けています。
これがついていると全然違うんですよ~

p325-3

豪華イヤリングとつけ方のコツ

ブルーとグリーンのチェコビーズのお花の下に
大き目のコットンパールを付けた、華やかなイヤリングです。

シルバー

お花の中心には水晶を入れています。
座金が葉っぱ型で、左右に反るようなデザインで、右耳用、左耳用とそれぞれ決まっています。
耳に付けていただいたときに外側に反るように着けてください。

イヤリング台はバネ式です。
バネ式って、ネジバネ式よりおしゃれなんですけど、痛いんですよね。
でも、シリコンキャップを付けたので、痛くないんですよ~。
シルバー1

こういう大き目のイヤリングを素敵につけるには少しコツがあります。
イヤリングをつけたら、耳たぶを外側に引っ張ります。
そして、イヤリングを思いっきり顔側にくっつけるように着けるんです。
耳に付けるというより顔の横にくっつけるようなイメージです。
大き目のイヤリングは重さもありますし、うまく着けないと耳たぶの下でぶらぶら揺れて、
ぶら下がっているようになっちゃって、全然素敵に見えなーい(T_T) なんてこともあります。
顔にくっつくように着けると、ぶらぶらしないで、どの角度から見ても立体的に見えて素敵に見えますよ。
イヤリングがうまくつけられない、うまく決まらないという方、是非やってみてください。

実は、このイヤリングは依頼があって作ったものです。
以前ネックレスをご購入いただいたお客様よりおそろいでつけられる
イヤリングがほしいということで作成したものです。

以前に作ったネックレスはかなり豪華なネックレスです。
172-8 172-5

こちらとおそろいでつけることができるんですね~。
お客様は、これを付けてイギリスでバレエ鑑賞されてきたそうです。
素敵ですね~!活用してただいて感激です~。

イヤリングは色違いで、ゴールドカラーもあります!
ゴールド

ひし形チェコビーズシリーズ

夕方から暗くなって雷が鳴り、ものすごーく激しい雨、こういうのをゲリラ豪雨っていうんですかね?
とにかく道路が川のようになる前に、帰宅しました。
途中排水溝からボコボコ水があふれ出している個所があったり、国道も一部川のようになっていましたね。
日本中どこでもこういう雨が降る可能性があるそうなので、皆さんお気を付けください。

さて、今日はひし形のチェコビーズを使ったネックレスとピアスです。
使ったのはこのビーズ
ひし形

作品にするとちょっと雰囲気変わりますよね。
アンティークな雰囲気にしてみました。
アジャスターがついているので、40㎝~45㎝の調整が可能です。

ひし形チェコビーズシリーズ

311 310 309

アンバーカラーは写真の撮り方失敗しちゃったので、ありません。

次はピアス
p276 p275 p274 p273