Loading

ビーズ屋黒猫Blog

ワイヤーリング10-12のご紹介

ご紹介が遅くなってしまっていた10-12について説明まします。
10番は蔦の葉ワイヤーリングです。
このリングは1本のワイヤーでできていますが、リングフレームの半分だけにツタの葉が巻き付いたような形になっています。
ワイヤーの切り口はリングの内側に見えないように処理しています。
0.6㎜のワイヤーですが2重でしかも2本線が巻き付いているということもあり、とても丈夫なリングです。
葉っぱの作り方などはほかの作品にも応用できますね。

10 蔦の葉ワイヤーリング

11番は定番の1つ石のリングで、ワイヤーリングというとこの形を思い出す人も多いと思います。
下の写真は白い方が石の周りに1重のフレーム、ピンク方は幾重にもフレームが巻いてあります。
今回ご紹介している作り方は、ピンクのタイプのものにしています。

白い方は1重ということもあり、とても作り方が簡単です。
ただ個人的に気になるのが、石の穴から出ているワイヤーがちょっぴり見えてしまっているのが、見えなきゃいいのにって思うんですよね。
そこで、装飾して隠してしまったのがピンク方です。

まぁよく見ないとわからない程度の所ですが、ちょっとしたひと手間で隠せるなら、隠したいですよね。
作り方はほぼ一緒なんですが、フレームを巻き付ける作業が入るので、2工程くらい多くなりますね。
それでも簡単に作れますので、ぜひ作ってみてくださいね。

11 1粒ワイヤーリング

12番はワークショップなどでやっていたことがある肉球リングです。
これは11番のリングの応用編となりまして、途中まで作り方が一緒です。
最後に肉球をアーチ形に取り付けるんですけど、ただアーチ形にして巻き付けただけでは、アーチが動いてしまうんですね。
最後に見えないところでアーチが動かないような一工夫がされています。
11番が作れるようになったら、こちらも作ってみてください。

12 肉球ワイヤーリング

ワイヤーリングシリーズ13回目

第14 V字1粒ワイヤーリング

関連記事

  1. ビーズ屋黒猫の今後の活動

    2017.06.27
  2. 新商品のご紹介

    2014.10.24
  3. 台風ですね。

    2016.08.30
  4. 薔薇展の様子 動画です。

    2018.08.26
  5. 夢の扉でご紹介 2回目

    2021.01.11
  6. 第14 V字1粒ワイヤーリング

    2021.10.01

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。