Loading

ビーズ屋黒猫Blog

教室の様子とめがね留め

今日は教室でした。
前回の続きを完成させて、もう一つ同じものを作るのに、モチーフを何度も練習されてきました。
上手くできなかった場所はちょっと修正するだけで綺麗な渦巻きにすることができます。
周りへの石の巻き付けは次回までの宿題です。

次の課題に入りました。
めがね留めです。
これが今日作った初めてのめがね留めですが、すごく綺麗にできていますよね!
輪の大きさも左右の巻き回数も同じです。

めがね留めは、ワイヤーを長いままで作っていくと無駄が少なくていいのですが、ビーズ屋黒猫では短いワイヤーで作れるようになってから長いワイヤーで作る方法を教えています。

綺麗に作るにはくるくる巻き付ける前につくる輪が綺麗にできているかどうかが決め手です。
ビーズの穴の延長線上にちゃんと円がまっすぐ隙間なく乗っていて、左右の大きさが同じことがポイントですね。
ここがうまくできていないまま巻き付けてしまうと後から修正することができません。

巻き付ける前に輪を作る練習をしましたよ。
「難しい~」って言いながら、こんなに綺麗にできていますうよね。

一生懸命作っています。
細かいものが見えないという方には、拡大鏡付きのスタンドを使って作っていただきます。

臨時休業

鯨歯細工とワイヤーのアロマポットの合体

関連記事

  1. ベーシック2 ブラックベリーとホワイトベリー

    2016.10.25
  2. 2回目のレッスンの様子

    2019.03.31
  3. 生徒さんの作品 1点留と3点留

    2016.06.08
  4. 通信講座のOさんの作品とサポート体制

    2019.06.28
  5. 12月の教室日程

    2015.11.17
  6. 11月から「午前の部」を開始します。

    2014.10.22

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。