Loading

ビーズ屋黒猫Blog

ハート型水晶の原石をラッピング

先日の赤坂プリンスのイベントでオーダーをいただきました。
お客様が水晶の原石をお持ちになって、これを包んでほしいということでお預かりしたんです。
パッと見ハート型に見えるこの水晶は、できるだけこのハートの形を生かしたラッピングにしてほしいというご要望で、ワイヤーの種類は色変わりが少ないステンレスをご希望されました。
大きさも結構あるので、重たいのかなって思って受け取ったのですが、厚みが左右で違うため、正面から見るほど重くありませんでした。
普段はだいたい石を見た瞬間にこんな風にラッピングすると合うんじゃないかとかこんなこともできるなってアイディアが浮かぶんですけど、この石は左右の厚みのほかに表面の結晶の付き方なども全然違うので、どのように包もうか全くアイディアが浮かびませんでした。

この写真は左右から見たものです。
左右で厚みが全然違いますし、表面の凸凹加減もだいぶ違いますよね。

いろいろ考えた結果、厚みのほか表面の結晶の現れ方も左右で違うことから、左右で違う包み方をすることにしました。
そのほうが左右の違いをより綺麗に見せることができるかな~と思いまして。

なるべく石が主役になるようにワイヤーが目立たないように、水晶が欠けてしまわないようにワイヤーの太さをいつもフレーミングで使うよりも細いものにしました。
細くてもステンレスなので強度はあります。
ふんわりと柔らかい印象になったと思います。
一番悩んだのはバチカンの位置です。
ハートの辺こんだ部分でバチカンを作ったのですが、この部分で固定するのは円形と違って、変形しやすく難しかったです。
バチカンをハートの左右どちらかの飛び出した部分に作るということも考えたのですが、それだと胸にぶら下げたときにハートがより大きく見えて、重たそうに見えるかなと思って止めました。
バチカンがハートの一番低い部分で固定するために裏側に細いワイヤーで1本補強を入れています。
補強がなくてもバチカンの位置はずれないのですが、もし、落としたり引っ掛けたりして変な力がかかっても形が崩れないように補強を入れました。
細いワイヤーは表から見たときには補強が入っているかどうか見えません。

チェーン部分はソウタシエコードを使っています。
コードのチェーンは最近の私のお気に入りなんですよ。
軽いし気分で色を変えられるし、何よりメタリックカラーでメタル素材じゃないのにメタルに見えるのがいいですね。
お客様のご希望で長め希望ということだったので55-60㎝で調整できるようにしています。
取り外し可能ですので、気分合わせてチェーンを交換できます。

アジャスターの先にも水晶が付いています。

写真を送ったら気に入ってくださったので、実物を見ても気に入ってくださるといいのですが、渡すまでドキドキしますね。

揺れる孔雀羽風ピアス

螺旋パールピアス 大と小

関連記事

  1. これもベーシックコースに入れようかな

    2016.09.02
  2. ピアスフックも作れちゃう

    2015.02.07
  3. 銅線を黒色化した渋いバングル

    2017.03.27
  4. 当てた方には先着5名様にプレゼント♪

    2018.05.12
  5. 射手座

    2015.10.30
  6. コンクシェルの2wayラリエット(イヤリングからのリメイク)

    2015.12.12

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。