こんな作品を展示しています!

横浜の吉田町画廊で「存在の理由」展が今日からはじまりました。
ぜひ多くの方に見ていただきたいです。

中はこんな雰囲気です。
5319

そして私の作品は片隅でこんな感じで展示していただきました。
5317

切り絵作家さんとのコラボということで、切り絵っぽい作品にしました。
月と猫の作品という話でしたので、こっそり猫を入れています。
今まで作った事の無いような雰囲気の作品に仕上がりました。

月に住む猫1

全部ステンレスワイヤーで作っています。
今回は、展示会用だったので、「月に住む猫」という題名を付けました。
普段は使っている石の名前を入れた名前がほとんどなんですけど、
今回はストーリーを想像できるような名前にしました。
月に住む猫

月に住む猫2

猫は中央の円の中にいます。
石はラブラドライトです。
映りが良くありませんが、青く美しく光るんですよ。
そして、上下にムーンストーンを付けました。
月に住む猫4

サークルの両脇はペーズリーがらです。
月に住む猫5

チェーンもワイヤーから作っています。
月に住む猫6

留め金はフックで、アジャスターにムーンストーンを使用しました。
このフックやアジャスターは最近のアクセサリーには使われていませんが、
ミリアムハスケルが活躍した時代には結構あったパーツなんですよね。
なんか素敵なので、作ってみました。
フックを石の間にひっかけるだけです。
ネックレスの重みで外れません。
月に住む猫8

透かしのようなデザインなので、大きいですが軽いんです。
是非、本物を間近で見ていただけたらと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です