くつろぎのカフェスペース

仙台の時にはやりたかったけどできなかったこと。
それはくつろげるカフェスペースの設置。
いつも飲んでいる珈琲だって、リラックスできるくつろぎの空間で飲むのと、せわしなく仕事場で飲むのでは満足感が違うと思うんですよね。
忙しくてもゆったりした気持ちに戻れるようなそんなスペースが小さくてもほしいなと思っていました。
縁側だったところをリフォームして出来上がりつつあるカフェスペースをご紹介。


ここのスペースは障子戸を閉めると3畳と広くありません。
でもね~この狭さがまた落ち着くんですよ!
ソファーには詰めて座ると3人座れます。
テーブルをちょっとづらして窓側に椅子を置いたり、ソファーと反対側にも椅子を置けるので最大5名まで座れます。
この写真は夕方撮ったので明るくありませんが、昼間だと日の光が入ってかなり明るい空間になります。
夕方寒くなったらカーテンを閉めます。

ここの部屋には「青の間」と名前を付けました。
以前両親がロシアに旅行に行って、青の間や琥珀の間という美しい宮殿を見てきた話や写真をみて素敵だったから、真似してみました。
あんなに豪華じゃないけど、青と白で統一しています。

今日は突然この場所で本とか読めたら楽しいなって思って、急きょ余った木材で本棚を作りました。
あまりものの木材なので、若干寸法が短かったりするところもありますが、本が置ければOK。
上の本は売り物ですが、全部見本を置いて中を確認していただくことができます。
欲しい方は買ってね。
下の本は私の本ですが、ビーズやワイヤーだけでなく、私がお店を開く前に参考にしていた起業に関する本とかDIYの本とか、天然石の本を置いていたりします。
ここに来たお客さんが自由に座ってみていただいて楽しんでいただけたらと思っています。

今日は本棚が完成して疲れちゃったので、夕方このソファーでコーヒー飲んでお菓子食べてゴロっと横になってみたら、そのまま寝ちゃって・・・そのくらいくつろげます。
無料のコーヒーも用意しますので、ぜひ遊びに来てくださいね♪

 

オープニングパーティのご案内

だんだんと出来上がってきました。
この建物が古くて完備されていた設備もいろいろ修理したので、当初の予定よりかなり遅れてしまいましたが、12月にオープンいたします。
応援してくださった方やいろいろ相談に乗ってくださった方、いろんな方にお世話になって、オープンできます。
つきましてはささやかながら食べ物や飲み物を用意して小さなパーティを予定しております。

どんなお店なのか気になっている方、教室に来てみたい方、ビーズ屋黒猫の店主ってどんな人なのか気になっている方、ぜひ、遊びに来てくださいませ。

日時 12月17日

時間 15:00~

場所 ビーズ屋黒猫

住所 横浜市磯子区中浜町10-8

電話 045-875-0662

駐車場 無

最寄駅 京浜東北線根岸駅より徒歩15分(1.2㎞)

バス ①根岸駅 バス乗り場 4番 21番系統(市電保存館行き) 禅馬下車 徒歩1分
   ②根岸駅 バス乗り場 4番 78番系統(磯子駅行き)   市電保存館下車 徒歩6分
   ③根岸駅 バス乗り場 5番 58番系統(磯子車庫行き)  浜下車 徒歩5分

お店の駐車場はありませんが、裏にコインパーキングがあります。
駐車数が4台ほどなので、出来れば公共機関を使ってお越しください。

ドレスコード 普段着でいいですよ~!私も普段着ですから。
       でもせっかくの大正風のお部屋に合わせてモガスタイルをしたいという方、大歓迎!

ぜひ、お待ちしております!

教室のスペースが完成!

教室スペースで一番苦労したのは、椅子探し。
お金を掛ければ素敵な椅子はいくらでも手に入りますが、なるべく安く気に入った椅子を入手しようと思うとなかなか難しいんですね。
数か月ずっとリサイクルショップなどいろいろ探して、ようやく入手できました。
みんな揃いのものにしようかと思っていたのですが、途中で、なんでどうしてもそろってないとダメなんだろうって思うようになり、3脚づつ違うものにしました。
揃っていなくても変じゃないでしょう?

ぎっちり詰めると、前後にも座れるので8名で座ることができます。
でも、教室の時にぎっちりした間隔だと、手を動かしにくいので、6名でゆったり使います。
こんな感じ♪

このスペースは私が教室をしていない時に、使いたい方に貸し出ししようかと思っています。
私が脇で一人黙々と作品作ったりしていますが、教室を開いていただいてもいいですし、サークル活動やミーティングに使っていただいても結構です。
基本お店なので、たまにお買い物に来た方がその様子を見ながら商品を選んだり、話しかけてきたりするかもしれません。
イメージ的にはコワーキングスペースみたいな感じで、完全個室の貸し出しではなくて、オープンなスペースの貸し出しになります。
いろんな方がコミュニケーションをとれる場所になったらいいな~って思っています。

使いたいって方いますかね?
まだ、お値段とか決めていませんが、オープンなスペースなので、一般的な個室貸しよりかなりお安くなると思います。

対流式ストーブは見た目も暖かい♪

だいぶ寒くなってきましたね。
昨日の夕方まで暖房器具がない部屋で作業していましたが、築70年以上の低気密、低断熱の日本家屋は、16時を過ぎると寒くて、寒くて、私の作業の動きが悪くなっちゃってました。
いや~そろそろ限界だなと思いまして、ストーブを購入しました。

じゃ~ん! 見た目にも暖かそうな対流式のストーブ。

今日はこれを付けて作業していましたが、暖かい!
このストーブの特徴は、急速暖房ではなくて、上に向って暖かい空気が上がっていくので、ゆっくり芯まで温めてくれるのだそうです。
急速暖房じゃなくても、この家は現代の家よりだいぶ天井が低いからあっという間に温かくなりますよ。
冬はこの上にやかんを置いてお湯を沸かすこともできます。

でもね、一つデメリットを発見。
今日の仕事は終了って消火して、灯油の残量みたら びっくり!!
(゜∇゜ ;)エッ!? こんな減ってる。ものすごく燃料食うのね・・・
まだそんなに寒くないのにこの減り方ってことは、真冬はもっと減るわよね?
デメリット:このストーブは全然エコじゃないってこと。

暖かさとレトロな見た目はお勧めです!

以前より広いのに、展示スペースが少ない理由

今回借りている戸建ては以前借りていたテナントより広いのですが、以前は教室スペースを隣のギャラリーを借りることでやっていたので、ほとんど展示スペースとして使うことができたんです。
しかも窓がなく全部壁だったので、そこを一面棚にできました。
しかし、今回は民家だったという事もあり、キッチンやお風呂といったデットスペースがかなりの面積を占めているんです。
そして、襖で仕切られている純和風の家だったので、とにかく壁がない。
その中で教室スペースもそれなりに必要ですし、私の目の届かないところに展示スペースを作るのも管理が大変なので、展示できるところが限られてくるんですよね。

今日はアクセサリーを出して展示してみました。

新作を作る暇もないので、仙台から持ってきたものだけですけど、全部並べることはできませんでした。
まぁ~これは、時々入れ替えながら展示するという事で、全部出す必要はないですね。
一番困ったのは、教材を展示できるところがなかったという事です!
これは売り物とは別の所に展示したいので、急遽トイレに行く途中の廊下にちょっとしたスペースがあるのでそこに棚を作って、展示することにしました。

ここに棚を作りました。

さぁ、棚が出来上がって、作品を置いてみましたよ~。

そうそう! ここのお店には今日紹介した展示スペースと教室のお部屋のほかにもう一つ縁側のスペースがあるのですよ。
床張りリフォームの時にちょっと触れたくらいで、そこを何にするのかまだ書いてなかったんですよね。
ここは、ソファとローテーブルを置いて、お友達と楽しくお話ししたり、ちょっとコーヒー飲んだりできるサロンスペースにする予定です。
障子を閉めると3畳位のお部屋になります。
もちろん来ていただいたお客さんに自由に使っていただこうかなと思っています。
まだ、工具や木材で一杯なので、綺麗にしたらお披露目しますね。
楽しみにしていてください♪

ジュエリー展示棚が完成

ジュエリー展示用の台を作ってからだいぶたちましたが、壁に棚を付けて、トルソー乗せて何となく完成しました。
台はマイナーチェンジしています。
天板部分は1x4材を張り付けていましたので、素朴なナチュラル系になっちゃう気がして布を敷いて雰囲気を変えました。
大正時代と言ったらステンドグラス!台の上のステンドグラスは友達からいただいたものなんです。
珍しいトンボの絵なんですよ。

さらに変えたところは、引き出しにガラスの取っ手を付けました。
取っ手がなくても引き出しは開けられるんですけど、取っ手があった方が可愛いのでね♪
これはお店で販売していたんですけど、2つだけになってしまったので、私が使いました。
取っ手を付けたり、デザイン変えるだけでおしゃれになるんですよね。

棚や台の上に飾って、さらに引き出しの中にも飾ることができます。
限られた空間でたくさん展示しようと思うと、引き出し式は便利ですよね。

トルソーの隣は普通の棚を並べて展示します。
まだこちらは整理中なので、雑貨を適当に置いています。

窓の所は、防犯用に内側から竹で格子を作っています。
角材では味気ないので、黒っぽい色の竹を使ってみました。
和の雰囲気ですが、このお店には合いますね。
ちょっと材料が足りなかったので、まだ途中です。

また、出来上がった個所を少しづつ紹介していきますね。

看板下げてみました

以前からお店にぶら下げていた看板。
今回の所はかなり天井が低いので、付けるか迷ったのですが、せっかくあるので下げてみました。
まぁ~雰囲気には合っているかな。
Σ(・o・;) アッ よく見るとトルソーの首が取れてて、気持ち悪いですね・・・すみません(^▽^;)


164㎝くらいの方でしたらぶつからずに下を通れますが、それ以上の方はちょっとかがんでいただくようになりますかね・・・
なぜ、壁にぴったりくっつけて取り付けないかといいますと、この看板は裏からも楽しめるように裏側も装飾しているんですね。
全く目立ちませんが、ところどころスワロフスキーがついているのと、裏の中央にデカい瑪瑙の石が付いています。

過去に看板づくりの過程を載せているので、興味のある方は見てね(主に看板の中身の写し方がメイン)。
http://beadsya-kuroneko.com/?p=408

 

チェーンの陳列はどうする?

チェーンの陳列について悩んでいました。
以前はチェーンをコイル巻してそれを横に陳列していたのですが、幅をとるので縦にしたいなと思っていました。
軸棒にコイルを突き刺すにしてもチェーンが重いので、ボンドで付けたような軸ではすぐに倒れてしまいます。

考えた末、どうせ軸の部分は見えなくなるのだし、ねじくぎが見えてていてもいいじゃない?ってことで簡単に作れるようなものにしました。
板の下から長いくぎを打ち込むだけの簡単な作りです。

でも、釘がむき出しになっていると危ないんですよね。
尖っている先端をどうしようか考えました。
最初は切ってしまおうと思って、切ってみたんですけど、切り口がまた鋭くてあまり変わりませんでした。
そこで、先端に丸いものをくっつけようと考えました。
石やガラスビーズは割れちゃうし、メタルビーズは釘が太すぎて入らないし。
あっ!コットンパールがいいじゃない?
コットンパールは柔らかくて、釘の先端にくっつけてネジの方向に回していけばナットのように入ってくれるし、見た目も何となく可愛いし、いいね~。

全部付けるとこんな感じ
なんか可愛いでしょう?

チェーンを入れた感じはこんな風。
チェーンを引っ張るとコイルが回ります。
軸がしっかりしているので、引っ張っても壊れることはありません。

そして、パーツコーナーの全体が出来上がりました。
前回開いていた下の部分にチェーンコーナーを作りました。
パーツコーナーはこれで完成です!
あ~ やっと終わった (*゜▽゜ノノ゛イェーイ

 

緊急告知!仙台の生徒さんと一緒にミネラルショーツアー企画

仙台にいるころ生徒さんに池袋のミネラルショーがたくさんブースが出て楽しいのよね~って話したら行って見たいという事で、12月近くになったら連絡しますね。
なんて話していたんです。
今年は12月1-4日なんですね。
すっかり告知が遅くなってしまいましたが、一緒に行きませんか?
土日のどちらかで計画しようと思っています。
皆さんの都合に合わせますので、ご連絡くださいませ。
すでに行きたいと連絡をくださった方もいます。

宿泊される方もいらっしゃると思いますが、宿泊先を横浜にしていただければ、中華街とかで食事もどうですか?
久しぶりにみんなでワイワイ楽しく過ごせたらいいな~♪
連絡お待ちしていまーす!

プチ押入れをパレス風にリフォーム

この家の玄関を入るとすぐの所に、プチ押入れがついているんです。
ここは狭すぎて陳列棚にできないし、微妙に奥が深いので、そのまま棚を作っても手に取りにくいんですね。
どうしようってずっと考えていて、上の押入れをディスプレイスペースに、下をそのまま押入れにすることにしました。

まずはこの押入れは綺麗じゃないベニヤと土壁がむき出しになっています。

もうここをベニヤを外してやり直すのは面倒なので、布で隠すことにしました。
ライトを1つ入れたら明るくなるように光沢があって、うっすら柄が見える白い布を選びました。
タッカーで布を張っていきました。

ところが! この布を張ったら、押入れの中が祭壇チックになっちゃって、お葬式するんですかって雰囲気になっちゃった(T_T)
こんなはずじゃなかったんだけど、どうしよう・・・

 

ここからまた、いろいろ考えまして、お店の教室をするところは、結構和の雰囲気が強いので、一つくらい全然違う雰囲気のスペースがあっても面白いかなと思って、パレス風の華やかな雰囲気にしてみました。
まずは、ふわふわする布を買ってきて、付けてみましたよ~♪
そして、以前教材の試作品として作ったビーズランプを入れました。

今開梱して出している雑貨を適当に置いてみるとこんな感じ。
上にはブランド名Cerna Kockaの看板を♪

全然雰囲気の違う空間もいいかな~