貝殻とパールとお花のネックレス

夏っぽいネックレスを作ろう!
夏は海、そしてそこに見えるのはきれいな貝殻♥
可愛いですよね。
今年は貝殻を使ってほかにはないネックレスを作って作りましたよ~

599

サンゴとコンクシェルのお花
チェコビーズのお花
水晶のお花
オーラ水晶としずく型の水晶で飾っています。
貝のクリーム色の上に接着剤を使わず、ワイヤーでつけていますので
取れる心配はありません。

599-1

599-2

チェーンは2mmのライス型パールでうっすらとオレンジがかった色です。
パールの間に水晶のラウンドカットを入れて、ちょっと涼しげに見えるようにしました。
貝殻に水晶のお花と水晶でバチカンを作り、そこにパールのチェーンを通しています。
599-3

599-5

チェーンはアジャスターを付けていますので、長さの調整ができます。
599-4

ご注文はこちら→599貝殻とお花のネックレス

 

524 マイケル ミショー風コインパールのネックレス

オーダー品のご紹介です。
コインパールとマイケル ミショーのネックレス画像をご持参で
このパールを使って、画像のようなデザインでネックレスを作ってほしいというご依頼がありました。
その画像にあったネックレスは、平たいケシパールの中央に穴があけらたものが
大小様々ランダムに並べられていて、チェーンはパールが3連になっているものでした。
座金もそのネックレスを作るために特別に設計された素敵なデザインでした。
お客様のご要望は、ネックレス部分はゆるく捩じってつけたり、
出来れば捩じらずストレートでも着けられれば尚いいなということでした。
デザインは全く同じようにはできないので、似たような感じで作ってみました。

524-2

マイケル ミショーの作品はもっとパールの厚みが薄くて、パールの大きさももう少し
小さめなのかなと思います。
もっとパールとパールの間も開いているのですが、座金の構造が違うので、
こちらの方は密集させて形を作りました。

524

46㎝でアジャスターが4㎝ということで、その通り作成したのですが、
お客様はそんなに身長がある方ではないので、長いんじゃないかな~
と思いまして、46㎝で出来上がった画像を送って見ていただきました。
実際マイケル ミショーの作品は47㎝位なんですよね。
たぶん日本人と外国人は骨格が違うので、それでちょうどいいのかもしれませんね。
ということで、ちょっと短くしました。
44㎝+4㎝のアジャスターです。

初めにストレートの3連を作って、それを捩じってみたのですが、クラスプの所が
自然と元に戻ろうと捩じれてしまったり、コインパールを付けている座金の部分も
捩じれたりして、綺麗にならないので、こちらは断念しました。
そこで、最初から少し緩やかなねじれが出るように3連を留めつけました。

3連の長さを調整するのがすごく大変でした。
トップのコインパールは左右対称ではないので、左右の3連の長さも若干変わってきますし、
座金のどの位置にパールを付けるかでもバランスが変わってしまいます。
さらに、ねじりを加えているので、1本づつの長さもそれぞれちょっとづつ変えないといけないんです。
机の上で見ているだけでは調整がうまくできないので、最後はトルソーにかけた状態で
長さを見ながら調整しました。
524-3

3連を留めつけているバーにはストーンがついています。
524-4

画像を送って、気に入っていただけたようなので、
本日発送いたしました。

明日には到着するかな~♪

シードパールフラワーネックレスとイヤリング

先日入手したシードパールを使ったネックレスとイヤリングを作りました。
460-3
シードパールはやっぱりいいですね~
460
p380
なんといっても本物のパールの質感がとても上品です。
本当に細かいので、座金に留めつけた時に綺麗に並んで
ガラスのシードビーズを付けた時のように綺麗に並びます。

ネックレスはゴールドと金古美の両方を使って、アンティーク調にしています。
下についているドロップパールも淡水パールで本物です。
この形の大粒のパールもずっと探していたんですが、今回一緒に入手できました。
チェーンはギラギラしないマッドゴールドで、周りに小さなパールをぶら下げました。
460-1

留め金は簡単なマグネットクラスプです。
460-2

イヤリングは蝶バネ式のイヤリングです。
欲しい形のイヤリング台が市販されていないので、バネ式のイヤリング台と
シャワー台のペンダントトップを使って、オリジナルのイヤリング台を作りました。
イヤリングの後ろについているシリコンキャップも元々ついていたものより
取れ難いものに変更していますし、耳に当たる金属部分もレジンで全部覆って金属が
当たる部分を極力減らしています。
レジンとシリコンキャップで蝶バネ式のイヤリングも痛くなりにくくしました。
p380-1

お揃いで着けていただけたら嬉しいですね♪

真鍮三つ編みパール

真鍮シリーズの三つ編みにパールを織り込んだものを3点作りました。
三つ編みパール
出来上がってみるとかなり上品で素敵なものになりました。
まずはネックレス

449

449-1

三つ編みの目に一つづつ淡水パールを織り込んでいます。
449-2
後ろはチェーンですね。
449-3

ブレスレットも同じように作って、留め金も真鍮を叩いた手作りです。
o109

ピアスはパールのサイズをかなり小さいものにして作っています。
p372

あかるい雰囲気で出来上がりましたよ~♪

436 ラピスとシトリンのペンダント

最近は、お直し、リメイク、オーダーなどたくさんのご依頼をいただきまして、
大変嬉しく思っております。
ありがとうございます。

こちらは、大きな真円に近い形の青い石を中心に周りをゴールドにしたペンダント
をというオーダーを頂きました。
お客様のイメージ的にはカイヤナイトが近いのかと思いましたが、カイヤナイトの
大きな真円に近い石はなかなか見つけられないですし、合ったとしても金額が高価になってしまうので、ラピスラズリにしました。

アフガニスタン産のラピスラズリです。
436-1
周りをゴールドカラーのワイヤーで包み、周りにゴールドのシードビーズと
シトリン、水晶、淡水パールで囲みました。
小さい青い石はラピスではなく、ハウライトを染めたハウライトラピスです。
小さくて同じようなラピスがなかったので、色を合わせてハウライトラピスを使いました。

とてもインパクトのある作品になりました。
436

チェーンはパールのようなピュアホワイトをご希望されておりましたので、
トップにも少しパールを入れて、チェーンとのバランスをとりました。
436-2

パールをそのままつなげてしまうと、ゴロゴロと重たそうなイメージになってしまうので、
パールとパールの間に小さな水晶を入れてみました。
こちらの方がエレガントな雰囲気になりました。

436-3

トップに使ったシトリンと、こちらで使っている青い石はラピスになります。
後ろは、アジャスターを付けて5㎝ほどの調整ができるようにしています。
436-4

形状記憶ワイヤーでエレガントなチョーカー

ステンレスの形状記憶ワイヤーを使った淡水パールのチョーカーです。
名付けてパールフォールネックレス
フォールって何? フォールって滝です。
この間友達がエンジェルフォールを見に行きたいって話していて、
なんだかこれを作った時にエンジェルフォールの響きが残っていたんですよね。
だからパールフォールってつけてみました。
水が流れているような感じかな~。

DSC_2664

DSC_2664

ちょっとパーティーとかにも使えそうな感じでしょう?
細いワイヤーを4本使って長さを変えて先に淡水パールを付けています。

DSC_2661

DSC_2661

DSC_2658

DSC_2658

形状記憶ワイヤーなので、ガバッと広げて首に回すだけ。
外すときもガバッと広げてください。

形状記憶のワイヤーの形を変えるのが、なかなか思い通りの形にならず、
しかも、4本束ねるのにものすごく力を入れてペンチを掴んでいたせいで、
指の第二関節の腹が痛い!豆ができると、明日から仕事できなくなっちゃうので、真っ赤に腫れあがったところで終了~。

こうして出来上がったわけです♪

DSC_2667

DSC_2667

これに合わせてつけたら似合うかなっていうピアスも作りました。
洋服にひっかけているのは3連のチェーンに付けたパールフォールピアスです。

DSC_2668

DSC_2668

パールならどんな形のものでも合いそうですよね。

DSC_2686

DSC_2686

DSC_2684

DSC_2684

DSC_2687

DSC_2687

体験教室 生徒さん作品とキット紹介

本日は体験教室にお二人来ていただきました。
お二人ともとても器用で、サクサク作っていかれましたよ。
すごくかわいらしくできました。
作品をご紹介します。

DSC_1380

お1人目は9ピン曲げで作る淡水パールのネックレスです。
DSC_1387
DSC_1385
9ピン曲げの丸い輪っかがうまくできない~とおっしゃっていましたが、ちゃんとできていましたよ~。
全くやり直すことなく1時間で仕上げてしまいました!
初めてだと、ワイヤーがうまくつかめなかったり、輪っかができる方向が
左右バラバラになったりすることもありますが、全然失敗しないで
あっという間にできてしまいました。

 

お二人目は穴の開いた石のラッピングに挑戦です。
以前お作りしたオニキスの1連ネックレスに通して使うペンダントトップを
自分で作れるようになりたいということでした。

穴の開いた石を丸玉とオーバル型を1つづつ選んでいただきます。
2時間のうちに2つのラッピング方法を学びます。
DSC_1381 DSC_1383 DSC_1389 DSC_1390

初めてとは思えないほど、きれいにできましたよ~。
ご本人もとても喜んでいました。

お二人とも最後に「楽しかった~」と言ってお店を出て行かれました。
私も嬉しい!!!ありがとうございました~♪

 

さて、9ピンで作る淡水パールネックレスは作り方のレシピ入りで、
キットとして商品化しましたので、自分でも作ってみたい~って方は
お店に来てくださいね~(^o^)丿

DSC_1377

301 長方形のケシパールネックレス

ちょっと珍しい長方形のケシパールのネックレスです。
うっすらオレンジ色のケシパールとの間には3mmの淡水パールを入れています。
柔らかくて優しい雰囲気です。
301-1

首周りをふんわり飾るようなデザインにしました。
301

首周りのサイズは人それぞれなので、アジャスターで調整できるようにしています。
301-3

上品で、華やかなのですよ~
301-2