ホワイトローズとソウタシェのコサージュ

今回のホワイトローズの縁取りはシルバーです。
キラキラのシルバーを淵に付けています。同じリボンで作っているのですが、縁取りでイメージが変わりますよね。

毎日コサージュを作っておりますが、今日は今まで私が作品に取り入れたことなかった新しい技術を取り入れてみました。
ソウタシェという技術で、ホワイトローズの後ろにソウタシェで作った葉っぱを入れました。
これはソウタシェコードというコードをいくつか重ねてその間にビーズを入れて糸と針で縫い合わせていくというものです。

色の違う2種類のコードを使っていて、中にはガラスビーズが入っています。
コサージュの上の方にはドロップカットの水晶を3つ並べています。
これもアクセントとしてキラッと光ってくれますよ。

着画はこちら

 

こちらはコサージュの裏側です。
ピンのほかにクリップが付いていますので、髪を結ってその上からクリップで頭に飾ることもできます。
ソウタシェは通常裏側にフェルトのような当て布をして仕上げるのですが、今回はビーズの透明感を残したかったので、裏側の当て布をしない方法で作りました。

今日でホワイトローズはいったん終了。
明日からピンクのコサージュを作ります♪

本当は午前中に完成する予定でしたが、シャワー台に付けたところで、シルバーカラーの作品なのに、ゴールドカラーのシャワー台に留めつけてしまったことに気が付き、やり直し・・・
午前中の仕事を無駄にしてしまいました。
配置を見るだけだからと色の違うパーツで確認して、本当につける時はシルバーの台に付けようと思っていたんですけど、夢中になってそのまま色の違う台に付けちゃった。
ちゃんと正しいパーツを用意してやらないとダメですね。

ホワイトローズのコサージュ(その3)

今回もホワイトローズですが、濃い目のアンティークブラスカラーの縁取りで薔薇の後ろに黒のメッシュを入れたちょっとハードな印象のコサージュです。
ゴールドの粗目のメッシュの葉っぱに黒にゴールドラメのメッシュの葉っぱ、さらにその下にゴールドラメのメッシュの葉っぱを付けました。

着画はこちら
ハードと言っても、ゴシック系になるほどのハードさないので、合わせやすいと思います。

裏側は今までと同じくクリップが付いていますので、結った髪に付けることできますよ。
裏にブラスのワイヤーでループを付けていますが、メッシュの葉っぱがとても柔らかいので、裏側に折れないように支えとしてつけています。

リボンから薔薇を作っています

コサージュの為の薔薇を作っているのですが、リボンから作っています。
後のリボンを手前の薔薇の形にしていくんですね。

そのあと、薔薇の花びら1枚1枚に縁取りで色を付けていきます。
これはコサージュの台座の色とちぐはぐにならないような色を選んで付けます。
まずは手前のものがシルバーのラメで縁取りしました。
奥にある2つはまだ何もしていない状態です。

これでも綺麗なんですけど、もうちょっと色を入れたいな~と思ったので、ラメのほかに少し青い縁取りにしてい見ました。
うっすら青い色にシルバーのラメを入れています。
これがどんなコサージュになるかお楽しみに~♪

トルソーに布ドレス

トルソーに素敵なドレスを着せたいけど持っていないので、布でドレス風にしてみました。
よく見ると全身シースルーで海外のレッドカーペットを歩く女優のようにセクシー路線になっております!
ちょっとラメの入ったシフォンジョーゼットの布を巻いただけ。
肩はレースリボン。
簡単だけど華やかになりました。


そこにゴールドのローズコサージュを付けています。

このコサージュは手が込んでいて、葉っぱの部分から作っています。
ブレードリボンというものにシードパールを付けているんです。
詳しくはこちら

こちらは紺のワンピースに合わせたときの様子です。
ギラギラした色合いのゴールドではないので、紺などに合わせると華やかだけど落ち着いた雰囲気になりますよ。
卒業、入学シーズンに活躍します。