363 スウェディッシュブルーツイストペンダント

スウェディッシュブルーをもう一つペンダントにしました。
今回は石を横に使ってみました。
363
どこかヨーロッパの紋章みたいになりました。
363-1

ブロンズカラーの角ワイヤーとフラットワイヤーにゴールドカラーの
角ワイヤーとファンシーワイヤーを使いました。

ファンシーワイヤーとはヨリ線を角ワイヤーにしたものだそうです。
今回初めて使ってみたのですが、ブラスのせいか、とにかくワイヤーが跳ね返って
くるというか、戻る力が強くて今まで使ったワイヤーとちょっと性質が違っていました。
ノンターニッシュシルバーだとまた違うのかもしれませんが、そちらも使ってみたら
またご紹介します。

ブロンズとゴールドって一緒に使うとすごくなじむんですね。
私はこの組み合わせが結構好きですね。
フラットワイヤーを使ったので、ちょっと厚みがでて、高級そうにみえますね。
363-3

裏はそんなにきれいじゃありません・・・
363-2

チェーンは45㎝ですが、このタイプのペンダントは長く着けたい方もいるかな~と思って、
10㎝のアジャスターを付けました。
アジャスターの先には色が同じようなチェコガラスを付けています。
チェーンは取り外し可能ですので、お好きなチェーンや紐に変えて楽しめます。

363-4

マイナーチェンジですが、Cerna kockaのフォントを変えました。
ちょっと大人な感じにしようかな~なんて・・・ウフフッ(o^-^o)

 

 

350 バリサイトフラットワイヤーネックレス

大粒のしずく型バリサイトをフラットワイヤーでラッピングしてみました。
350
ブロンズカラーと明るい緑のコントラストがとても綺麗です。
裏と表で少し違います。
350-1

フラットワイヤーはねじるとらせん状になるので、エレガントな雰囲気になりますね。
この作品には、ラウンドワイヤー、角ワイヤー、甲丸ワイヤー、フラットワイヤーの全部を使用しています。
フラットワイヤーは結構硬いワイヤーで一度曲げたものをやり直したくても、折れてしまったりするので、
一発で形を作らないとならず、難しいですね・・・

チェーン部分もフラットワイヤーで作ったパーツに染めメノウを入れて、
首周りはチェーンを編んで平たいチェーンを作りました。かつらもフラットワイヤーで作ってみました。
350-2

留め金はカニカンで、5㎝のアジャスターを付けました。
350-3

ネックレスの長さは52~57㎝です。
長めなので、セーターとかの上から着けていただきたいです。
着画

350-4

340 チタンコーティングドゥルージーペンダント

紫にチタンコーティングされたドゥルージーを黒いチェーンとワイヤーで包んだ
ハードな雰囲気のペンダントです。
340
色がくっきりはっきりの紫なので、ハードな感じしようと思いました。
裏を見ると白いので、元々のドゥルージーの色は白なのだと思います。
結晶のある表はチタンコーティングされているということで、紫で、光が当たると青やピンクにも変わる、不思議でちょっと怪しい輝きがあります。
340-1

石の周りにはチェーンを使っています。
チェーンを軸にワイヤーを絡めて編んで石を固定しています。

チェーン部分は合皮を4本使って、立体的に編んだ紐にしました。
かつらの部分はヘマタイトカラーのワイヤーで作っています。
340-2

留め金は大き目のカニカンで、受け部は羽モチーフです。
340-3

着画

340-4

339 水晶エッグゴシックペンダント

たまご型の水晶を黒のワイヤーとビーズで包みました。
小さい水晶ですが、黒なので結構目立ちます。
339-2

正面から見ると周りに装飾したビーズが三角に張り出したようにも見えますよ。
339-1

チェーンはボールチェーンにしました。
アジャスターがありますので、長さの調整が来ますし、
取り外し可能です。
339-3

切る洋服によって、印象が変わるペンダントだと思います。
339

木の葉のリバーシブルネックレスと体験教室

本日は通常の教室と体験教室がありました。

通常レッスンの内容は「木の葉のリバーシブルネックレス」です。
表も裏もありません。
全く違う石を付けているので、印象が違いますよね~。
1つで2つのネックレスを持っているように使えます。
0-IMG_6926 0-IMG_6927

 

体験教室は穴の開いた石のラッピングでした。

大きな石で、たくさん渦巻きを練習していかれました。
DSC_1606

328 アメジストフラワー付エッグペンダント

先日ご紹介した卵型の石を使ったペンダントです。

328

穴の開いていないエッグ型のアメジストのペンダントです。
アメジストのお花と葉っぱに見立てたペリドットをあしらいました。
ステンレスの角ワイヤーで包んでいますので、色変わりしにくい素材となっています。
328-1

これを見た人はみんながみんな「ブドウ」っていいます。
ブドウをイメージして作ったわけでもないのですが、色がそう見えるのでしょう。
実際なんだかおいしそうに見えるから不思議ですよね(*^.^*)

裏はこんな感じ
328-2

留め金はカニカンで、8㎝のアジャスターがついています。
41㎝~49㎝で調整可能です。

328-3

着けてみた感じはこんな感じ

328-4

体験教室 生徒さん作品とキット紹介

本日は体験教室にお二人来ていただきました。
お二人ともとても器用で、サクサク作っていかれましたよ。
すごくかわいらしくできました。
作品をご紹介します。

DSC_1380

お1人目は9ピン曲げで作る淡水パールのネックレスです。
DSC_1387
DSC_1385
9ピン曲げの丸い輪っかがうまくできない~とおっしゃっていましたが、ちゃんとできていましたよ~。
全くやり直すことなく1時間で仕上げてしまいました!
初めてだと、ワイヤーがうまくつかめなかったり、輪っかができる方向が
左右バラバラになったりすることもありますが、全然失敗しないで
あっという間にできてしまいました。

 

お二人目は穴の開いた石のラッピングに挑戦です。
以前お作りしたオニキスの1連ネックレスに通して使うペンダントトップを
自分で作れるようになりたいということでした。

穴の開いた石を丸玉とオーバル型を1つづつ選んでいただきます。
2時間のうちに2つのラッピング方法を学びます。
DSC_1381 DSC_1383 DSC_1389 DSC_1390

初めてとは思えないほど、きれいにできましたよ~。
ご本人もとても喜んでいました。

お二人とも最後に「楽しかった~」と言ってお店を出て行かれました。
私も嬉しい!!!ありがとうございました~♪

 

さて、9ピンで作る淡水パールネックレスは作り方のレシピ入りで、
キットとして商品化しましたので、自分でも作ってみたい~って方は
お店に来てくださいね~(^o^)丿

DSC_1377