宇宙(そら)の鍵

アンモナイトとスモーキークォーツのポイントで鍵を作りました。
また鍵ですか・・・?
なんだか私は最近鍵が作りたいんですね。
空かない扉が目の前にあるんでしょうか?
無意識に開けようとしているんですかね?

本当はアンモナイトだけで作るつもりだったんですけど、
急にポイントと合わせてみようなんて思いついちゃったんですね。
しかももともとポイントが斜めに切れていまして、その斜め具合が
アンモナイトとぴったり合っちゃったんですよ。
これは合わせて使えってことね~って思いましてね。

題名は「宇宙(そら)の鍵」
不思議な形の鍵は知らない世界に行けそう。
過去にも未来にも行けるような・・・宇宙にはそういう不思議な空間がありそうだな~って
思いで名づけました。

後で調べたら、アンモナイトは宇宙エネルギーの象徴。
スモーキークォーツは未来予知、地球外生命体との交信など宇宙に関する意味もあるんですね。

これは「星めぐり展」で展示します♪

594594-1

594-2
このマダガスカル産アンモナイトは色がきれいなんですよ。
表面が一部オパールのように虹色に光るんです。
これを遊色効果というそうなんですが、表面がそのように変化したようです。
両面がきれいに見えるので、両方見て楽しめるようにラッピングしました。
角度によっていろんなところが輝きますよ。
594-9

594-3

ポイントは水晶に見えますが、うっすらグレーがかったスモーキークォーツなんです。
水晶の玉と比較してみました。
色がついているのがわかりますか?
594-8

実物を星めぐり展でご覧くださいませ。

 

星めぐり展

日時 2016/7/7(木)-7/12(火) 12:00-18:30(最終日17:00まで)

場所 Garally 銀座一丁目

住所 東京都中央区銀座1-9-8 奥野ビル4F

map

 

凛とした大人の女性に着けていただきたい!

昨日まで製作途中を公開していましたカイヤナイトのペンダント。
周りのアラベスク模様はすべてステンレスの角ワイヤーで作っています。
ステンレスなので、細いですが硬いですし、色変わりが少ないのがいいですね。
今回のコンセプトは「♡」なのです。
ところどころよく見るとハートに見えるものを入れていますよ。

8

毎回ステンレスの作品は指にワイヤーを指して流血しておりますが、
今回は、ものすごーく気を付けて刺しませんでした!!!
だから、私にとっては奇跡の作品なのです!
(毎回どんだけ刺しているんだって話ですよね(;^_^A )

さて、着画です。
紺に合わせてシックな雰囲気ですが、白いシャツなどに
合わせてきていただいても神秘的で素敵になりますよ。
565-1

チェーンもステンレスチェーンで、カニカンがどこにでも入りますので
チョーカーのように使っていただくことも、もっと長くして胸の間
くらいまで長くすることができます。
ちなみにカニカンもステンレスです。
チェーンの先にはハートモチーフを付けました♪

565-3

裏の写真ですが、カイヤナイトの裏は装飾していません。
565-2

なぜなら、カイヤナイトって光を通すんですよ。
こちらは逆光ですが、光を通している石がどんなふうに見えるか
写した写真です。
綺麗でしょう♥
565-4

カイヤナイトって探求心を追及したり、整理できない事柄を
整理できるようにすっきりさせてくれたり、霊的な能力を高めてくれたりと
見た目だけじゃなくて、意味も神秘的なんですよね。

一本筋が通っていて、神秘的な大人の女性のイメージですね~。
そんな女性に着けていただきたい!

カイヤナイトのペンダント完成 製作途中公開

昨日の続きです。
昨日作ったパーツに、新たなパーツを追加します。

DSC_4870

合体させるとこうなります。

DSC_4871

さらにもう一つ似たようなパーツを作ります。

これを合体させて、隅々固定すると完成です。

DSC_4874

 

渦巻き同士を結束させて完成!
8

着画像や綺麗な石の紹介などは、今晩またアップしますね♪

カイヤナイトのペンダント製作途中を公開 その1

何ができるかな?
カイヤナイトのカボションをステンレスの角ワイヤーで爪留していきます。

DSC_4867

これを全部組み合わせます。

DSC_4868

さらに、この直線のワイヤーをくるくる巻きます。
だいぶ形が変わってきたでしょう?

DSC_4869

 

これで終わりじゃありませんよ。
ここにパーツを作って、まだもうちょっと周りの飾りが増えますよ。
続きはまた明日。
どんな形になっていくか楽しみにしていてくださいね♪

 

538,539 ゴシック薔薇クロスペンダント

以前、教材で作ったゴシック調の薔薇とクロスのペンダントは販売していないのですか?
という問い合わせをいただきましたの、販売用を作りました。

ゴシック薔薇クロスペンダント

薔薇たっぷりタイプ1

538

538-1

薔薇すっきりしたタイプ2

539-1

539

このチェーンはどこでもカニカンが入りますので、長さの調整が好きなところでできます。
539-3

今回は、creemaではなくて、こちらでの販売になります→ オンラインショップ

 

明日の教材 ゴシック薔薇クロスペンダント

明日の教材は薔薇とクロスのゴリゴリのゴシックペンダントです。
ワイヤーだけのシンプルな材料ですが、ちゃんと雰囲気が伝わる作品になりました。
スクエアワイヤー、ハーフラウンドワイヤー、ラウンドワイヤーでできています。

526

これは以前作った天秤座がベースになっています。
o121

523 ヴィンテージフラワーボタンペンダント

ヨーロッパのヴィンテージのお花のボタンを使ってペンダントを作りました。
真ん中にコットンパールを入れたシンプルなものですが、ボタンが大きめなので
存在感のあるネックレスです。
523
523-1

山吹色なのですが、明るすぎずシックなお洋服にもよく合います。
チェーンは細いチェーンを編んで作っています。
全体的にとても軽いんですよ。
523-2
裏側は、メタルの蝶を付けています。

DSC_4089
実はご紹介する前に、昨日売れてしまいました。
実物はお店にもございません。
もう少し緑がかった黄色のボタンがあるので、それを使い、
デザインを少し変えて作っていますので、
そちらが出来ましたら、ご紹介します♪

龍と水晶

今までと違ったテイストの作品を作ってみました。
こちらは、非売品で実験的に作った作品です。

水晶に巻き付いている龍です!

DSC_2713

DSC_2713

お店を始める前は、目玉とかトカゲとか使ったような、引いちゃう人も出るだろうなっていう
作品も時々作っていました。
お店の運営に忙しくて、そうした冒険した作品を作る心の余裕がなくなっていましたが、
最近、体を壊してから、ちょっと心境の変化がありまして、もっと作ることを楽しみたいと
思うようになりました。
アクセサリーとは関係ない、いろんな素敵な作品を見たりして、刺激を受けて
自分の作品に還元できたらいいなと思っています。

今回のこだわったところは、平面ではなくて、3Dでどこから見ても龍に見えるものを
作りたいなと思って作ってみました。

DSC_2714

DSC_2714

DSC_2715

DSC_2715

DSC_2716

DSC_2716

短い時間で仕上げたので、まだ改良の余地があるのですが、作れるなという手ごたえは掴みました。
作っている時間は楽しかったな~。

ルビーの話と作品紹介

とても綺麗な丸玉のルビーを使って2つの作品を作りました。
まずはルビーのお話。
ルビーは採れたものをそのまま磨いて市場に出ているものはとても高価なものです。
一般的に売られているものの多くは含侵処理というものを施されています。
採れたルビーの多くは、傷ついたり、ひびが入ったりして透明度もなく綺麗ではありません。
そこで、鉛ガラスをその隙間に埋めることで、透明感をだすという処理を含侵処理と言います。
巷で売られているルビーの多くはこうした処理を施されているものと考えてもいいと思います。

でもちゃんと含侵処理してされたルビーですということを言わないで売っているところも多くありますね。
きちんと説明しないといけないと思うんですけどね~。

さて、含侵処理されたものでも透明度のないものと、とても綺麗になっているものとあります。
やはり、もとになるルビーによって、きれいになるものとそうでないものがあるのかもしれません。
含侵処理されているとはいえ、他の石よりルビーは高いですね。
そして、透明度が低いものほど安く売られているようです。
含侵処理されたものは鉛ガラスが入っているので、物によっては気泡が入っているものも
あると聞きます。
今回仕入れたルビーはそうした気泡のようなものはありません。
ところどころ、プチっと黒い点が見えるところがありますが、全体的には透明感のある綺麗なものです。

では、ペンダントからご紹介します。
ストロベリークォーツのラフカットのポイントがメインでルビー。を脇役にしました。
脇役なんですけど、すごく目立つんですよね~。
やっぱりルビーって綺麗だわ~!!!

429-1

ストロベリークォーツは表面がつるっとしていません。
光沢も磨いたようにピカピカではありませんので、原石って感じが強く出ていますね。
ですが、レピドクロサイトの特徴でもあるキラキラがたくさん見ることができるんですよ。
その上にステンレスワイヤーで装飾を付けました。
石が裏と表で形が違うので、装飾も全く同じにはできませんが、
一応裏も同じような形になっています。

DSC_2652

DSC_2652

横から見た感じ
光を通したルビーがきれいでしょう?

DSC_2654

DSC_2654

男性的なものにしようかと思ったのですが、ストロベリークォーツのピンクが
ルビーとぴったりで、合わせてみたら、かっこいい!!!
こんなのさらっとつけてる女性ってかっこよくないですか?

DSC_2651

DSC_2651

アジャスターの先にも付けました。

DSC_2657

DSC_2657

次は贅沢にルビーだけのブレスレット

DSC_2649

DSC_2649

ルビー綺麗でしょう?

DSC_2650

DSC_2650

かわいいけど、エレガントな感じに仕上げました。

DSC_2646

DSC_2646

DSC_2648

DSC_2648

留め金も作っています。
ハートの受け部にフックの方は外れないようにひっかける部分を付けました。

DSC_2647

DSC_2647

 

 

386 黒サンゴの化石ネックレス2

本日2回目の投稿です。
かっこいい黒サンゴの化石をヘマタイトカラーのワイヤーで包んだネックレスです。
ちょっとハードな印象ですね。
386

以前にも同じようなものを作ったのですが、今回は裏も装飾しています。
乳白色のガラスビーズです。
386-1

裏を装飾しているので、裏返っても裏だと分かりません。
リバーシブルとして使っていただいても構わないかなって思います。
表と裏の着画です。
386-2 386-3
チェーンは取り外し可能ですので、皮ひもにすると男性でも付けていただけるデザインになりますね。
チェーンのどこでもカニカンが入りますので、長さ調整も可能です。
386-4