貝殻とパールとお花のネックレス

夏っぽいネックレスを作ろう!
夏は海、そしてそこに見えるのはきれいな貝殻♥
可愛いですよね。
今年は貝殻を使ってほかにはないネックレスを作って作りましたよ~

599

サンゴとコンクシェルのお花
チェコビーズのお花
水晶のお花
オーラ水晶としずく型の水晶で飾っています。
貝のクリーム色の上に接着剤を使わず、ワイヤーでつけていますので
取れる心配はありません。

599-1

599-2

チェーンは2mmのライス型パールでうっすらとオレンジがかった色です。
パールの間に水晶のラウンドカットを入れて、ちょっと涼しげに見えるようにしました。
貝殻に水晶のお花と水晶でバチカンを作り、そこにパールのチェーンを通しています。
599-3

599-5

チェーンはアジャスターを付けていますので、長さの調整ができます。
599-4

ご注文はこちら→599貝殻とお花のネックレス

 

589 コンクシェルと染めサンゴの3wayネックレス

3通りの使い方ができるネックレスを作りました。
ピンクと白で可愛らしいネックレスです。
色がマットなので、オールシーズン行けると思いますよ~♪
589

チェーン部分にうっすらピンクが入ったマットなホワイトが柔らかい印象を与えてくれる
コンクシェルという貝ですね。
その間にピンクの染めサンゴを入れています。
お花の部分はピンクの染めサンゴと真ん中にサーモンピンクの淡水パールを入れました。
染めサンゴのピンクがきつい色ではなく、オレンジを柔らかくしたような色合いなので、
パールともよく合います。
中央のパールの照りもきれいです。

さて、これはどう3通りなのかと言いますと、トップが外せるんですね。
こちらはブローチとして使えます。
コンクシェルのネックレスは1連の可愛らしいネックレスになります。
589-1

589-3

589-2

 

それだけ~?それじゃあ2wayじゃないって思ったあなた!
もう一つ付けたがあるのですよ♪
こちらはトップがどのようについているか、裏から見た写真も載せますね。

こんな風に、チェーンの途中にブローチを付けると、雰囲気の違うネックレスになっちゃうんですね!
チェーンの小さいビーズのところにピンを入れて留めると、大きな玉がしっかり固定して
動かなくなるので、ブローチが留まるんです。
589-4

このブローチピンは回転ピンなので、しっかり回転させておけば、外れる心配もありません。

ネックレスの留め金はカニカンでアジャスターを5㎝付けていますので、
ブローチを飾る場所などによって、長さを変更して楽しんでください。
45-50㎝で調整可能です。

ちなみに上記の写真はトップが下にぶら下がった左の写真は45㎝
トップにループを作った右の写真は48㎝で調整して着けています。
アジャスターの先に付けたものも染めサンゴです。

589-5

ついに完成!赤メノウのブローチリメイク

ようやく完成しました!
完成品をお見せする前に、昨日の続きから。

上の部分をまだ作っていなかったんですよね。
また上部のパーツをつくります。

DSC_4833

これはこんな風に組み立てる予定です。

DSC_4834

組み立て途中。
大きな渦巻きを付ければ上部完成。

DSC_4835

今度は小さいなメタルビーズやチェーンを使って、
これでもか!って位にゴージャスにします。

DSC_4839

 

メタルビーズを上のトップと下のハートの脇に飾りました。
そして下にはチェーンのフリンジ

これでネックレストップ完成!

DSC_4842

ここから、チェーンを付けてネックレスにします。
トップが大きいので、チェーンは太めのものを2本使いました。

完成! ゴージャスな赤メノウアンティークネックレスです。
557
557-1

連バーもワイヤーで作っています。
557-3

ネックレストップの裏は何も加工していないので、
このままになっています。
赤メノウペンダント0

このお客さんは大きなネックレスがお好きで、
自分の似合うものがよく分かっていらっしゃるので、
すごく素敵につけるんですよ。
これもきっと素敵につけてくださると思います。

クレオパトラ型パールネックレス

クレオパトラ型ネックレス?
542-1
なぜこれがクレオパトラ?
その理由は私もわかりませんが、上下に凸凹に互い違いになるデザインを
クレオパトラと呼ぶようです。
そういえば、ビーズの上部に横に穴が開いているのを
クレオ穴と呼んでいますが、クレオ穴のビーズを互い違いにして作っているので
この穴の呼び方もクレオパトラ型のネックレスから来ているんでしょうね。

それはさておき、今回のクレオパトラ型のパールネックレスは
普通の一般的なクレオパトラ型とちょっと違います。
ビーズの横穴がそろって斜めに開いているので、全部通してみると
葉っぱの葉脈のように斜めにきれいに並ぶんですね。
542
一般的な上下の凸凹よりもスーッと流れるような軽やかさがあります。
見た目もエレガントです。
今回のパールの色は薄いサーモンピンクを選びました。
エレガントですが、色が柔らかい色なので、かわいらしさもありますね。
542-2

いつものパールとは雰囲気が違って、華やかでしょう。
絶対目を引くネックレスです。
結婚式やパーティーなどにいかがですか?

長さは42㎝
留め金は簡単なマグネット式ですよ。
542-3

538,539 ゴシック薔薇クロスペンダント

以前、教材で作ったゴシック調の薔薇とクロスのペンダントは販売していないのですか?
という問い合わせをいただきましたの、販売用を作りました。

ゴシック薔薇クロスペンダント

薔薇たっぷりタイプ1

538

538-1

薔薇すっきりしたタイプ2

539-1

539

このチェーンはどこでもカニカンが入りますので、長さの調整が好きなところでできます。
539-3

今回は、creemaではなくて、こちらでの販売になります→ オンラインショップ

 

明日の教材 ゴシック薔薇クロスペンダント

明日の教材は薔薇とクロスのゴリゴリのゴシックペンダントです。
ワイヤーだけのシンプルな材料ですが、ちゃんと雰囲気が伝わる作品になりました。
スクエアワイヤー、ハーフラウンドワイヤー、ラウンドワイヤーでできています。

526

これは以前作った天秤座がベースになっています。
o121

523 ヴィンテージフラワーボタンペンダント

ヨーロッパのヴィンテージのお花のボタンを使ってペンダントを作りました。
真ん中にコットンパールを入れたシンプルなものですが、ボタンが大きめなので
存在感のあるネックレスです。
523
523-1

山吹色なのですが、明るすぎずシックなお洋服にもよく合います。
チェーンは細いチェーンを編んで作っています。
全体的にとても軽いんですよ。
523-2
裏側は、メタルの蝶を付けています。

DSC_4089
実はご紹介する前に、昨日売れてしまいました。
実物はお店にもございません。
もう少し緑がかった黄色のボタンがあるので、それを使い、
デザインを少し変えて作っていますので、
そちらが出来ましたら、ご紹介します♪

512 緑の革ネックレス(リメイク)

リメイク品のご紹介です。
お客様はご自分で革製品を作っていらっしゃって、革紐と樹脂ビーズを合わせた
素敵なネックレスを持ってこられました。
作られたネックレスもとても素敵だと思ったのですが、もっとビーズなどを使って
豪華にしてほしいと依頼がありました。

こちらが作られた革のネックレストップです。

DSC_4069

こちらの革のモチーフの間にチェコビーズを入れてみました。
ちょっと華やかになりましたか?

DSC_4069
チェーン部分はお客様が作られた革のチューブビーズや
元々使われていた天然石やガラスビーズの他にチェコビーズなどを足して作りました。
512-2
モチーフがかなり大きいので、あまり短くせずに45㎝位にしました。

512

5㎝のアジャスターをつけて50㎝まで伸ばせるようにしています。
512-1

コンクシェルの2wayラリエット(イヤリングからのリメイク)

こんばんは。
久しぶりにリメイク品のご紹介です。
ご依頼はコンクシェルのイヤリング。
裏側が片方壊れてしまったので、両方とも裏側の金具を外しました。

DSC_2947

このお客様はピンクをもう着けないので、これをアンティークな落ち着いた雰囲気の
ネックレスにしてほしいということでした。
そしてできたのはこちらのラリエット。
508
お客様は青や緑が好きな方なので、周りをアンティーク調にして、クリソコラをポイントに入れました。

DSC_3677

2つを一つのペンダントにするとものすごく大きな作品になってしまうので、
2つを分けてラリエットにすることにしました。

このラリエットはモチーフの裏側がスカーフクリップになっています。
こういうデザインはミリアムハスケルの作品にありますね。
ミリアムハスケルの作品は3連のものが多いですが、あまりに仰々しくならないよう
色を抑えて2連にしました。

DSC_3675

このクリップはどのように使うかというと、すごくいろいろ使えて、普通のネックレスより
用途が広くなるんですよ。

そのまま下げて2連のチェーン部分に交差させたり、片方のペンダント部分を胸元に
クリップで留めて、残りを垂らしたり。
両方クリップで胸元を挟んだり。
軽く結んで、片方のペンダント部分でチェーン部分を挟んだり。
508-13

首の下で結んで、そのまま胸元を挟んだり、ちょっとづらして挟んだり。
ストールの上からかけてストールが広がらないように押えたり。

508-14-1

このラリエットこんなにいろんな形で使えるのには秘密があります。
実は、長さの調節ができるんです。
普通ラリエットって長さの調節ができないんですけど、これは首の後ろでアジャスターを入れているんです。
508-2
これで洋服にデザインによって長さを調整することができます。

これが2wayってことなの?って思ったでしょう?
違いますよ~。

2wayなのはこれからです。
このゴージャスなラリエットは、1連でペンダントしても使えるんです。
2本の連結部分を外すと、1本のネックレスに早変わり!
508-3

アジャスターが付いた普通のネックレスとしても使えちゃいます!
508-4

お客さんが喜んでくれるといいな~。