香りを持ち運べるバスケット型トップ

ロドピスさんという天然の香りを作っている方から
コットンにしみこませた香りを持ち運べるようなペンダントトップを
作ってほしいというご依頼がありました。

ロドピスさんはご自身で香りの研究をして、販売もされています。
きつすぎないほのかな香りが長続きするのが特徴です。
HPはこちら→ ロドピス
こんな感じでというサンプルを貸していただき、これからどのように
お使いになるのかの他、ご予算など、お伺いして製作しました。

香りを付けたコットンを直接入れるということから、
銅や真鍮だと変色する可能性がありますし、強度においても
ステンレスの方が硬いので、ステンレスで作ることにしました。

ペンダントトップは取り外せて、ブレスレットやアンクレット、バックインチャームにも
できるようにしたいということでしたので、取り外し可能な形にしなければなりません。

予算と製作時間と強度とデザイン・・・・
なかなか骨の折れる作業でした。

これは試作途中の作品の一部です。
もう捨ててしまったものが、この5倍くらいありました。

DSC_5473

そして、ようやくたどり着いたのが、こちらの作品。
香りのバスケット

香りのバスケット1

これは、チェーンを外すとコットンを取り出すことができます。
ピンセットで引っ張り上げるようになります。
チェーンがなくてもコットンは出てきませんが、チェーンがあることで
コットンが出てくることを防止しています。
このサイズだと、このままブレスレットやアンクレットにもお使いいただけますし、
短いチェーンに変えて、バックの中に入れることもできます。
香りのバスケット2

大きさは2つ用意しました。
香りのバスケット5

実は、このバスケットは10mmの天然石も入れられます。
入口は10mm玉がぎりぎり入る大きさなので、
取り出すときは、細い棒で押さないと出てきません。

香りのバスケット4

このほか、カラフルなフェルトボールなんかを入れても可愛いかなと思います。

 

凛とした大人の女性に着けていただきたい!

昨日まで製作途中を公開していましたカイヤナイトのペンダント。
周りのアラベスク模様はすべてステンレスの角ワイヤーで作っています。
ステンレスなので、細いですが硬いですし、色変わりが少ないのがいいですね。
今回のコンセプトは「♡」なのです。
ところどころよく見るとハートに見えるものを入れていますよ。

8

毎回ステンレスの作品は指にワイヤーを指して流血しておりますが、
今回は、ものすごーく気を付けて刺しませんでした!!!
だから、私にとっては奇跡の作品なのです!
(毎回どんだけ刺しているんだって話ですよね(;^_^A )

さて、着画です。
紺に合わせてシックな雰囲気ですが、白いシャツなどに
合わせてきていただいても神秘的で素敵になりますよ。
565-1

チェーンもステンレスチェーンで、カニカンがどこにでも入りますので
チョーカーのように使っていただくことも、もっと長くして胸の間
くらいまで長くすることができます。
ちなみにカニカンもステンレスです。
チェーンの先にはハートモチーフを付けました♪

565-3

裏の写真ですが、カイヤナイトの裏は装飾していません。
565-2

なぜなら、カイヤナイトって光を通すんですよ。
こちらは逆光ですが、光を通している石がどんなふうに見えるか
写した写真です。
綺麗でしょう♥
565-4

カイヤナイトって探求心を追及したり、整理できない事柄を
整理できるようにすっきりさせてくれたり、霊的な能力を高めてくれたりと
見た目だけじゃなくて、意味も神秘的なんですよね。

一本筋が通っていて、神秘的な大人の女性のイメージですね~。
そんな女性に着けていただきたい!

カイヤナイトのペンダント完成 製作途中公開

昨日の続きです。
昨日作ったパーツに、新たなパーツを追加します。

DSC_4870

合体させるとこうなります。

DSC_4871

さらにもう一つ似たようなパーツを作ります。

これを合体させて、隅々固定すると完成です。

DSC_4874

 

渦巻き同士を結束させて完成!
8

着画像や綺麗な石の紹介などは、今晩またアップしますね♪

カイヤナイトのペンダント製作途中を公開 その1

何ができるかな?
カイヤナイトのカボションをステンレスの角ワイヤーで爪留していきます。

DSC_4867

これを全部組み合わせます。

DSC_4868

さらに、この直線のワイヤーをくるくる巻きます。
だいぶ形が変わってきたでしょう?

DSC_4869

 

これで終わりじゃありませんよ。
ここにパーツを作って、まだもうちょっと周りの飾りが増えますよ。
続きはまた明日。
どんな形になっていくか楽しみにしていてくださいね♪

 

463 猫ちゃんペンダント

この間、展示会に出した「月に住む猫」の中にいた猫だけを
取り出したシンプルな猫ちゃんペンダントを作りました!
猫好きの方が見てくれたらうれしいな~♪
猫ちゃんは、飼い猫になって、ラブラドライトの首輪とアパタイトの鈴を付けています。
名前はまだついていないので、購入された方が付けてください。
463

使っている素材は全部ステンレスです。
なので、変色しにくいですね。

463-1

463-2

写すのを忘れてしまいましたが、チェーンは40㎝で5㎝のアジャスターがついていて
一番長いところで45㎝になります。
留め金はカニカンで、アジャスターの先にはラブラドライトの丸玉を付けています。

形状記憶ワイヤーでエレガントなチョーカー

ステンレスの形状記憶ワイヤーを使った淡水パールのチョーカーです。
名付けてパールフォールネックレス
フォールって何? フォールって滝です。
この間友達がエンジェルフォールを見に行きたいって話していて、
なんだかこれを作った時にエンジェルフォールの響きが残っていたんですよね。
だからパールフォールってつけてみました。
水が流れているような感じかな~。

DSC_2664

DSC_2664

ちょっとパーティーとかにも使えそうな感じでしょう?
細いワイヤーを4本使って長さを変えて先に淡水パールを付けています。

DSC_2661

DSC_2661

DSC_2658

DSC_2658

形状記憶ワイヤーなので、ガバッと広げて首に回すだけ。
外すときもガバッと広げてください。

形状記憶のワイヤーの形を変えるのが、なかなか思い通りの形にならず、
しかも、4本束ねるのにものすごく力を入れてペンチを掴んでいたせいで、
指の第二関節の腹が痛い!豆ができると、明日から仕事できなくなっちゃうので、真っ赤に腫れあがったところで終了~。

こうして出来上がったわけです♪

DSC_2667

DSC_2667

これに合わせてつけたら似合うかなっていうピアスも作りました。
洋服にひっかけているのは3連のチェーンに付けたパールフォールピアスです。

DSC_2668

DSC_2668

パールならどんな形のものでも合いそうですよね。

DSC_2686

DSC_2686

DSC_2684

DSC_2684

DSC_2687

DSC_2687

428 黒サンゴの化石とムーンストーンのリバーシブルペンダント

久々に手の込んだ作品を作りました。

ダイヤ型の黒サンゴの化石をステンレスワイヤーで爪留しました。
428-1

その裏に穴の開いていないムーンストーンのカボションを付けてみました。
裏側に穴の開いていない石を使うのは初めてで、思ったより大変でした・・・(^▽^;)

428-2

ステンレスだったので、巻き付ける細いワイヤーも硬くて、爪がボロボロになってしまいました。

付けてみるとこんな感じです。
428

428-3

チェーンはステンレスチェーンです。
このステンレスは、医療用に使われているサージカルステンレスでできています。
これから暖かくなって、素肌に付けることも多いので、アレルギーの方が
よく気になさっているので、アレルギーが起こりにくいものにしようかと思って使ってみました。
今回は、アジャスター部分やつなぎのカン、そしてカニカンも全てサージカルステンレスで
出来ているものを使用しています。

428-4

アジャスターの先につているのはムーンストーンのロンデルです。

ピアスいろいろ

ピアスをいろいろ作りました。
まずはリーフ型フープの中にドロップカットを入れたもの。
リーフ型だと大人っぽく見えますね。
このほかレモンクォーツのものも作ったのですが、写真を撮る前に売れてしまいました。
まずはガーネット
p352

ブルームーンストーン

p350-1

分かるかな? 光が射し組む角度で青く光っているんですけど、
写真だと分かりにくいかもしれないですね。
p350

次は極細チェーンを使った三角なピアス
よく見る形だと思いますが、底辺をちょっと弧を描いてみているのと
一般的に市販されているチェーンより細いチェーンを使っているので、
とても繊細で華奢な印象のピアスに仕上がっています。
こちらはムーンストーンのロンデルと間には小さなラブラドライトを入れています。
こちらも光の加減で青く光りますよ。
p356 p356-4

次の三角ピアスはラブラドライトの3段ピアスです。
p357p357-2

こちらも極細チェーンを使っています。
3段がきれいに重ならないように工夫しています。
こういう形もワイヤーで作っているのはよく見ると思いますが、
チェーンを使うことで、とてもしなやかで女性らしい作品になりました。
小さなラブラドライトが光が当たると螺鈿のように光る箇所が合って、
神秘的にも見えますよ。
ちなみに、こちらのチェーンはサージカルステンレスという素材で、
医療用に使われているステンレスと同じです。
フックもステンレスです。

最後にとってもシンプルなペリドットのピアスです。
こちらのピアスはただのフックピアスなのですが、
薄い耳たぶの方専用に作ってみました。
なんでこんなもの作ったのか・・・・
じつは私も耳たぶが薄くて、ホールが耳たぶの下の方にあるので、普通のフックって大きくて
落としやすいな~って思っていたんですよね。
そこで、フックのふくらみ部分を薄くして、フックの曲線から石までの距離も短くして
使ってみたところ、すごくフィットして、落としにくいことが分かりました。
曲線から石までの距離はホールの位置とも関係しているのですが、ホールが
耳たぶの下にある人はこのくらい小さいと耳たぶの下からすぐに石がぶら下がるようになるので、
すごくかわいらしく見えるんです。

p355-1 p355

自分で作ったフックがぴったりで、着けていることも忘れるくらい着け心地がいいんですよね。
なかなか写真ではわかりにくいですが、耳たぶ薄くてホールが下にある人に使ってほしいな~
ものすごくニッチな商品ですけどね・・・(^▽^;)

このフックは14GF(14金ゴールドフィルド)というメッキよりもぶ厚く14金が塗られている
ワイヤーで作っていますので、色変わりがしにくく、メッキのようにはがれたりしません。

 

ステンレスニッパー入荷

新しくステンレスがサクサク切れるステンレスニッパーが入荷しました!
こういうのすごーく待っていました。
切れ味抜群で、ヘッドが小さくて、アクセサリーを作るのに最適。

DSC_1720

アクセサリーを作るためのニッパーって工具の中でも刃の部分が小さいですよね。
そうでないと細かいところが切れないので当然なのですが、そのニッパーで
ステンレスワイヤーを切ると刃がボロボロになっちゃってしまうんですよね。
刃に穴が開いたようになってしまっていました。
こうなるともう細いワイヤーでも潰れたようになって、切れなくなってしまいます。
私の場合は、専門の業者さんに研ぎに出していました。
写真のように研ぎに出すときれいに復活します。

でも、研ぎ代に送料を考えると新しいものかってもいいかなって気持ちにもなってしまうんですよね。
ニッパー研ぐ

ステンレスニッパーは通常のニッパーより高いですが、何本も買うよりずっとお得です。
同じようなお悩みの方、このニッパーを試してみてください!

313 ルビーインフックサイト

33×51㎜の大きなしずく型のルビーインフックサイトをステンレスの角ワイヤーで包んだペンダントです。
すごく大きいのですが、厚さが薄いので、ものすごく重いということはありません。
とても個性的な石で、つい惹かれて購入してしまいました。
こちらも、20日の泉マルシェに持っていきますよ~♪
313-1

フックサイトという緑の石の中にルビーが入ったものです。
本当はルビーインゾイサイトという名前で販売されていました。
黒いものが入っているとゾイサイトで、白いものが入っているとフックサイト。
フックサイトはアベンチュリンの中に入っているようなキラキラが入っていますが、
ゾイサイトはキラキラしません。
今回の石は、あまりキラキラしていないんです。そして、黒い点も少しあります。

が!裏を見ると白いものが・・・どっちなんだ?
まぁ~特徴が多いものとしては白い色以外はゾイサイトなんですけど、
両者は硬度がかなり違うんですね。
この石、少し柔らかい気がするので、私はフックサイトなんじゃないかと思ってます。
ですので、フックサイトという名前に変えました!

313-2

かなり大きいので、ただのチェーンだとバランスが悪いため、
チェーンメイルでワイヤーに少しボリュームを持たせました。
313-3313

チェーンはどこでもカニカンが入るので、長さの調整ができます。

313-4

全体的にはこんな感じですね。
313-6