黒猫ちゃんがファーの上にちょこんと乗ったスカーフクリップ

黒猫がミンクファーの上にちょこんと乗っかって、
こちらを見つめている可愛らしいスカーフクリップを作りました。
色は全部で4色
%e9%bb%92%e7%8c%ab%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97

猫(チェコガラス)+オニキス
o175 o175-1

ご注文はこちら(黒)

こげ茶

猫(チェコガラス)+オニキス

o176 o176-1

ご注文はこちら(こげ茶)

茶色

猫(チェコガラス)+シトリン

o177 o177-1

ご注文はこちら(茶色)

猫(チェコガラス)+ラベンダーアメジスト

o178 o178-1

ご注文はこちら(紫)

 

血と汗の結晶

私の作品は血と汗の結晶・・・ これだけ聞くと怨念こもってそうですよね。
一生懸命作っていると汗が出てきて、時々ワイヤーが指に刺さったりして、
流血するだけですから、怨念など籠っていないですよ~。
今日もそんなエピソードを加えながら作品をご紹介しますね。

卒業、入学シーズンですのでコサージュを作っております。
前回コサージュを作って紹介したところ、生徒さんが作ってみたいとのことで
急きょコサージュも教材にすることになりました。
今日紹介するのはお店で販売するものになります。
まずは薔薇が一つのシンプルなタックピンタイプのコサージュ
o137
こちらも梨地オーガンジーを使って作っています。
梨地オーガンジーはギラギラする光沢を抑えた上品な輝きで
表面が梨の表面のようにちょっとザラザラした感じの生地です。
ゴールドですが、シャンパンゴールドのような色合いで、
とても落ち着いている色なんですよ。
縁取りにも同じ色合いのゴールドで縁取っています。

タックピンなので、後ろはブローチピンのようになっていません。
針になっているんですね。
ピアスのスタッドピアスのように針を刺して、裏からキャッチで押える感じで留めます。
タックピンの作品はないの?って結構聞かれるので、作ってみました。
タックピンの良いところは、ブローチのように上下を気にしなくていいことですね。
くるくる回して好きな表情の所で使えます。
表から見えないところなんですけど、裏側の座金が見えないように周りを
ガラスカットビーズでぐるりと装飾しています。
o137-2

着画
o137-1

次にご紹介は白xシルバーの組み合わせ。
o138

こちらの生地は前回ご紹介した白xピンクや白x金と同じ生地ですが、
縁取りにシルバーを使い、さらにちょっとブルーのラメを入れてみました。
ちょっとした違いなんですけど、雰囲気が変わりますね。

飾りは水晶です。
ステンレスのワイヤーを4本でデザイン寄り線を作って、それに一つづつ
水晶を巻き付けました。
割と太めのステンレスワイヤーを寄って作っているので、このフレームは
ちょっとやそっとのことでは形が変わりません。
o138-2
とにかくシャワー台に留めつけるのが、硬くて、硬くて苦労しました。
あまりにシャワー台をギュッと抑えたせいで、シャワー台の淵で
親指の皮が切れて、また流血してしまいました・・・(T_T)シクシク
安心してください、作品には付着しておりませんよ。

裏はクリップもついていますので、結った髪に付けたりして
髪飾りとしても使っていただけます。
o138-1

着画
白のパールととてもよく合いますよ♪
o138-3

というわけで、本日も血と汗の結晶を見ていただきまして、ありがとうございました。
お近くの方はお店に遊びに来てくださいね♪
お待ちしています。

o96 グリーンとパールのスカーフクリップ&使い方

春のスカーフクリップを作りました。

スカーフって薄手で歩いていると知らないうちに首から外れていたりしても
軽くてとれていることに気が付かないことってありませんか?
そんな時に便利なのが、スカーフクリップ。
ブローチのように穴をあけないので、薄手のスカーフを痛めることなく
大振りの飾りをつけることができる優れものです。
o96

スワロフスキー、シェル、樹脂パールとガラスカットビーズを使っています。
春色のパステルカラーに使うと映えるかな~
こんな風に、胸元や首周りに付けるだけでグッとおしゃれになるでしょう?
首元で結ぶのもいいですが、すっきりとクリップで留めると素敵に見えますよ。
o96-1 o96-2

これってどうやってつけるの?って思いますよね~。
使い方はものすごーく簡単です。
クリップの裏はリングがバネで跳ね上がるようになっているんですね。
まずはリングを跳ね上げて、矢印の方向にスカーフを入れます。
そして閉じるだけ。
o96-3
布を使ってやってみますね。
これは裏から見た状態です。
上の写真のようにリングを跳ね上げ、布を入れた状態がこれですね。
o96-4

リングを下します。
o96-5

これをスカーフを首にかけた状態でやると、胸元でクリップがこんな風になるわけです。
o96-6
簡単でしょう?

スカーフを留めないときには、襟や胸元に挟んで使うこともできますよ。
一番最初の写真は胸元のインナーに挟んで使っているものです。
素敵なスカーフクリップで春のおしゃれを楽しんでくださいね。