ジュエリー展示棚が完成

ジュエリー展示用の台を作ってからだいぶたちましたが、壁に棚を付けて、トルソー乗せて何となく完成しました。
台はマイナーチェンジしています。
天板部分は1x4材を張り付けていましたので、素朴なナチュラル系になっちゃう気がして布を敷いて雰囲気を変えました。
大正時代と言ったらステンドグラス!台の上のステンドグラスは友達からいただいたものなんです。
珍しいトンボの絵なんですよ。

さらに変えたところは、引き出しにガラスの取っ手を付けました。
取っ手がなくても引き出しは開けられるんですけど、取っ手があった方が可愛いのでね♪
これはお店で販売していたんですけど、2つだけになってしまったので、私が使いました。
取っ手を付けたり、デザイン変えるだけでおしゃれになるんですよね。

棚や台の上に飾って、さらに引き出しの中にも飾ることができます。
限られた空間でたくさん展示しようと思うと、引き出し式は便利ですよね。

トルソーの隣は普通の棚を並べて展示します。
まだこちらは整理中なので、雑貨を適当に置いています。

窓の所は、防犯用に内側から竹で格子を作っています。
角材では味気ないので、黒っぽい色の竹を使ってみました。
和の雰囲気ですが、このお店には合いますね。
ちょっと材料が足りなかったので、まだ途中です。

また、出来上がった個所を少しづつ紹介していきますね。

大物は終わったはずなのに・・・棚作り始めちゃった

ディスプレイ什器としては引き出し付の台を作って終わりだったはずなのに、ディスプレイ始めたら全部商品が並ばないことに気が付きました。
もう押入れの所はいっぱいで、新商品を仕入れることもできない状態。

考えてみれば当たり前。
仙台の時に作ったフックがいっぱいついているバーがどこにも用意されていないから・・・
写真のように壁にフックがいっぱいついた棒を付けていたんでした。

 

以前のテナントは壁がいっぱいあったんですけど、今回の所は壁が全然なくて、このフックバーをどこにもつけられないじゃないの~。
仕方がないので、また棚を作ることにしました。
棚の大きさは襖くらいの大きさかなと決めたところで、このサイズの木材がないことに気が付きました。
中途半端な長さの木材はあるのに、また買ってくるのは嫌だな~。
倒れず安全、フックバーを活用できるデザインで、今手持ちの材料でできるものを作ろうと2日考えました。
足りない高さの分は下に箱を作って、棚を乗せたらいいんじゃない!なーんだ簡単だ~っていう事で作り始めました。

台の下の部分から外した木材を使っていますので、色むらがすごいですね・・・(^▽^;)

この棚は薄いので、自立しないんです。
下に付ける箱の大きさを考えないと倒れちゃいますね。
床材も中途半端に色の違う板が余っているので、それを利用して出来上がりました。
背板は重くなるので付けていません。
黒い部分は襖の色ですね。
(まだ色を塗っていないので、完成ではありません)

箱を付けたので、ちゃんと自立します。
箱の下には普段動かさないような重たいものでも入れておこうかな。

さらに倒れないように、鴨居に金具で固定する予定です。
押入れの隣に置きます。

今回倒れないようにするために、木材を45℃でカットするというのを初めてやってみました。
ほとんどまっすぐに切って作るものしか作ったことがなかったのですが、どうしても補強しないと怖いので、挑戦してみました。
やってみると思っていたより簡単でした。

明日は色を塗って完成です♪
今度こそ、のこぎりや電動工具を使って作るのは終わりにしたい!

アクセサリー用引き出し式トレーを作る♪

昨日と今日は以前作ってずっと使っていた台に引き出し式のトレーを付けてみたいな~と思っていたので、挑戦してみました。
いや~昨日も今日も、失敗ばっかりして、なかなか進まないし、重たいから疲れてくるし・・・
もう途中から引き出しなくてもよくない?って思っちゃったり。
でも部材買っちゃったし、どうしても出来なかったらあきらめようと思って作ってました。
結果、何とかなりました。

こちらが以前使っていた台です。
2台のうち1台はテーブルに変身しました。

この下についている台を外して、上の淵も手前側を外しました。
外した下の台をちょっと変更してこれを引き出しトレーの土台にすることにしました。
中央の板を外して、淵と同じ高さで固定します。
2つありますが、テーブルを作ったときに外した方から持ってきたんですよ。

引き出しレールを止めるためのストッパーを受けます。
付けたら色を塗ります。

次に、トレーを作らないといけません。
またもや登場「床材」♪
床材が余っているので、新たに板を買ってくる必要がなくて大助かりです♪
幅が足りないので、2枚を組み立て作ります。
必要なサイズで板を切ります。

床材は凸凹を合わせると離れにくいようになっているのですが、これだけでは当然外れてしまいますので、タッカーで両面固定していきます。
片面でも大丈夫かな~って思っていたら、持ち上げた途端に壊れてしまいましたので、両面です。

表にタッカーってかっこ悪くないって思ったでしょう?
大丈夫、布をかぶせていきます。
その前に表側に障子用の糊をべっとり塗ります。

板より大きなサイズの布を用意して、裏側を出して広げます。

ここに糊面を布に当てるように中央に置きます。

ひっくり返して、ピンと布が貼るように手で伸ばします。
綺麗になったら、また裏にします。

布で板を包む様に包み、タッカーで留めていきます。

中央に引き出し用のレールを付けます。

土台のペンキが乾いたら、レールの土台側を固定します。

さぁ、土台と引き出し用トレーができたので、くっつけてみて、動くかどうか確認します。

トレーは外します。
そしてトレーと同じ長さの板を用意して、ペンキを塗ります。
乾いたら、トレーの手前側にビスで固定して、内側にはL字金具で固定します。

土台は台の脚に付けました。

さぁ!トレーも台もようやくこれで完成です。
今回は、机についているようなぴったり閉まる引き出しではなくて、隙間が空いていて、アクセサリーを飾るためのトレーが引き出せる台ってアクセサリーショップで見たりしますよね。
そういうものをイメージして作りました。
これは少し引き出した状態。

全部引き出すとここんな感じ。

いや~疲れました。
疲れすぎて、エアコンに向ってテレビのリモコン押して、動かない!動かない!ってやってたよ!
これで、これから作らなければいけない大物は終了しました。
これからお掃除して、ディスプレイします。