Loading

ビーズ屋黒猫Blog

真鍮とブルーのロマンティックブローチネックレス

こんにちは。
本格ワイヤージュエリー教室のビーズ屋黒猫です♪

さて、久々にワイヤーで作ったコスチュームジュエリーです。
今回は真鍮とブルーを基調に作ってみました。
ゴールドとブロンズカラーとブルーの組み合わせは落ち着いているのに華やかに見える、お気に入りの組み合わせです。

ワイヤーって、シンプルに石を包む物のほかに、ゴージャスなものを作ることもできます。
全く違ったテイストのものを作ることが出来るのがワイヤーの魅力かなって思っています。
私はこれが楽しくて続けていられるのかもしれませんね。

今回はブローチにもネックレスにもなるものを作りました。

中央に透明感のある美しいアクアマリンの白い花を中心に左右にメタリックブラウンのシードビーズの葉っぱの上にメタルの葉っぱを置いて飾っています。

このお花は3枚の座金を使って作っていて、配色にこだわりました。
まず真ん中の白いお花はゴールドの座金で華やかに。
2枚目の座金は、本当はゴールドなんですけど、酸化剤で色を黒くしてアンティーク色出しています。
色がすごく黒くなるところと金色がまだ残っているところなど、自然に風化してできたような色合いになりました。
金古美の座金も持っているんですけど、それだと均一的に暗くなりすぎるので使いませんでした。
そして3枚目に、2枚目と同じ座金を少しずらして花びらが重ならないように2枚目の花びらと花びらの間から3枚目の花びらが見えるように作っています。
パッと見てゴールドのお花のように見えますが、全部ゴールドだとギラギラしすぎて浮いてしまうので、真ん中にアンティークカラーの花びらをちらっとのぞかせているんです。

花の上にはキラッと光るモンタナカラーのスワロフスキーやチェコビーズのドロップカットとベビーフラワーにメタルパーツなど付けて、ブルーがぐっと引き立つような配色にしました。
それと、今回も私の好きなアールヌーボー、クルクル渦巻きも忘れていません。

ブローチとネックレスの2wayでお使頂けるように裏側に細工をしました。

チェーンを通すのは上の部分ですね。
通すとこんな感じ。
これは真鍮板から作ったオリジナルパーツです。
パーツはカンが開かないように彫金のロウ付けつけていますが、座金にはワイヤーで固定しています。

今回はアンティーク調に見せるのに、チェーン部分をブレードリボンを使いました。
メタルチェーンより華やかに見えるでしょう?
トップがある程度大きいので1本だと華奢でバランスが悪かったので、2本どりです。
でも、リボンなのでとても軽いんですよ。
長さはアジャスターが付いているので7㎝ほど調整できます。
40-47㎝で調整可能。
上の写真は一番短いとき、下の写真は一番長いときです。

通信講座のOさんの作品とサポート体制

どの角度からみても素敵なブローチ

関連記事

  1. ファイヤーキング 初売りセール!

    2018.01.04
  2. シンデレラのガラスの靴です♪

    2018.06.09
  3. 本日特別レッスン

    2017.07.19
  4. 溶岩のようなチェコビーズ

    2014.09.06
  5. ルチルクォーツのアンティークペンダントトップ

    2018.11.30
  6. 水晶と古金美のチェーンで何作ろう?

    2016.04.01

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。