Loading

ビーズ屋黒猫Blog

今年の目標って決めた?

毎年今年の目標って立てますか?
私はあまり明確にそれを打ち出すと、できなかった時凹むのでなんとなく「これができたらいいな」くらいに思っていましたが、今年はノートに書きだしました。
書き出すといいですね。
これをどういう段取りでやろうかなって、頭の中が整理できるので、ちゅうちょなく取り掛かれるということに、今更気が付きました。
店を4年もやっているのに、「今頃かよ!」って自分でも思いますが、気が付いてよかったです。

さて、その中の一つに、そろそろ体験教室の内容を変更するというものがあります。
今まで人気があったものは残しますが、もうちょっとグレードアップしたものもあってもいいのかなと思うようになりました。
グレードアップってどんなもの?
その定義から考えないといけないんですけどね。

そんなことを考えているときに、あるイベント参加のご招待がありました。
そのイベントの関係で、急遽、試作品を作ることになりました。
今回のコンセプトは初めての方でも作れて、素敵に見えて、高級感があるもの。
おぉ!グレードアップの内容にぴったりだ!
びっくりするくらい、いいタイミングで考える機会がめぐってきたんですよ~。
そして私のこだわりとして、壊れにくいものというのが加わります。
これを元に、ワイヤーの太さを決めて、素材も選びます。
頭で考えても実際作ってみないとわからないこともあるので、いろんな材料で作りました。

これは、試作品の一部です。
イメージしているものに近い形でほぼ出来上がっているものもありますが、強度とか、最終的に出来上がった時の見た目とか、作る工程が初心者にわかりにくかったりして、どうもしっくりこなくて、ボツ作品ばかりです。


難しいところなんですけど、簡単すぎてもダメなんですよね。
達成感が味わえないし、だからと言って初めてなのに全然できないような複雑なものもダメですし。
リングなので、あまりに強度がないものだとおもちゃみたいになっちゃうし、ごついと着けたくないし。
その加減がなかなか難しい。
そういうことを考えて出来上がったのが、こちらの葉っぱの形をしたリーフリング。
フリーサイズのリングではなく、自分に合ったサイズで作るものになります。

これね、体験教室では絶対使わない太さのワイヤーです!
太いからリングとしての強度はばっちり♪
硬いけど大丈夫、作り方を誰でも作れるように考えたから。

上からシルバー925、アーティスティックワイヤー(銅線)、アーティスティックワイヤーブラス(真鍮)でできています。
太いので、結構丈夫ですが、それでも私の中では中央の銅線はボツですね。(この中では一番柔らかいから作りやすいんだけどね)
作るならシルバー925、真鍮、14gfがいいかなって思っています

体験教室という短い時間だけど、普段使いできる丈夫でさりげないリングです。
プレゼントにも最適♪
どう? 作ってみたい、着けてみたいと思えるようなリングになったかな?

新年最初の作品はオーダー品

親子で楽しめる体験教室♪

関連記事

  1. 犬の歯アクセサリー続々

    2018.06.01
  2. オーダー品 タペストリーワークのペンダント

    2015.05.29
  3. 8月 教室日程

    2014.07.11
  4. 初めてとは思えない生徒さんの作品

    2016.12.10
  5. 9月の教室日程

    2015.08.25
  6. 可愛らしいタンジェリンクォーツのペンダントトップ

    2018.06.23

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。