Loading

ビーズ屋黒猫Blog

私、根が暗いのかも・・・

オリジナルのベーシックコースはあえて白と黒を基調に
すべての作品が出来上がっています。
統一した色遣いがいいな~と思って考え始めたのですが、
「白と黒」は「光と影」「陰と陽」「表と裏」などを意味して、
まったく反対のものなのに、同時に存在するものを表していたりするんですよ。
「なんか・・・これいいな!」って思ったんですね。

このシリーズは「光と影」です。

えっ?なんか雰囲気、暗くない?って思いました?
そうなんです! 私ちょっと暗い感じの雰囲気が漂うものが好きなんです。
哀愁とかさみしい感じというか・・・ 根が暗いんですかね?
なんでも選ぶものは、明るすぎるものは選びませんね。
ちょっと物悲しい雰囲気がすこーしだけ入っているものが好きです。
暗さが思いっきり前面に出てるのもNGですね(^▽^;)

そして、それぞれ一つづつの作品にも名前を付けました。
今までの作品にも名前を付けてきましたが、使った材料の
名前を入れて、どんな作品だったかすぐに思い出せるような
名前にしていたんですけど、今回はそんな風にしませんでした。

1)日食ペンダント
2)ブラックベリーとホワイトベリー
3)ジキルとハイド
4)カシスとグレープ
5)レトロで乙女
6)リースと揺れる葡萄
7)光と影の華
8)猫と鞠

光と影

ちょっと怪しげな名前でしょう?
ジキルとハイドとか、何それ!って感じですか?
これらの名前の意味や学べるテクニックについて、
1つづつピックアップして、次回から順に詳しくご紹介します!

 

 

 

アンモナイト、生きていたころを想像して!

ベーシック1 日食ペンダント

関連記事

  1. 体験教室 穴のある石をラッピング

    2018.04.20
  2. 教室の様子

    2014.06.14
  3. 5月の教室日程

    2017.05.01
  4. ベーシック5 レトロで乙女

    2016.10.31
  5. プチハプニングの連続だった出張レッスン♪

    2018.10.10
  6. タペストリーワークネックレス

    2014.05.15

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。