Loading

ビーズ屋黒猫Blog

524 マイケル ミショー風コインパールのネックレス

オーダー品のご紹介です。
コインパールとマイケル ミショーのネックレス画像をご持参で
このパールを使って、画像のようなデザインでネックレスを作ってほしいというご依頼がありました。
その画像にあったネックレスは、平たいケシパールの中央に穴があけらたものが
大小様々ランダムに並べられていて、チェーンはパールが3連になっているものでした。
座金もそのネックレスを作るために特別に設計された素敵なデザインでした。
お客様のご要望は、ネックレス部分はゆるく捩じってつけたり、
出来れば捩じらずストレートでも着けられれば尚いいなということでした。
デザインは全く同じようにはできないので、似たような感じで作ってみました。

524-2

マイケル ミショーの作品はもっとパールの厚みが薄くて、パールの大きさももう少し
小さめなのかなと思います。
もっとパールとパールの間も開いているのですが、座金の構造が違うので、
こちらの方は密集させて形を作りました。

524

46㎝でアジャスターが4㎝ということで、その通り作成したのですが、
お客様はそんなに身長がある方ではないので、長いんじゃないかな~
と思いまして、46㎝で出来上がった画像を送って見ていただきました。
実際マイケル ミショーの作品は47㎝位なんですよね。
たぶん日本人と外国人は骨格が違うので、それでちょうどいいのかもしれませんね。
ということで、ちょっと短くしました。
44㎝+4㎝のアジャスターです。

初めにストレートの3連を作って、それを捩じってみたのですが、クラスプの所が
自然と元に戻ろうと捩じれてしまったり、コインパールを付けている座金の部分も
捩じれたりして、綺麗にならないので、こちらは断念しました。
そこで、最初から少し緩やかなねじれが出るように3連を留めつけました。

3連の長さを調整するのがすごく大変でした。
トップのコインパールは左右対称ではないので、左右の3連の長さも若干変わってきますし、
座金のどの位置にパールを付けるかでもバランスが変わってしまいます。
さらに、ねじりを加えているので、1本づつの長さもそれぞれちょっとづつ変えないといけないんです。
机の上で見ているだけでは調整がうまくできないので、最後はトルソーにかけた状態で
長さを見ながら調整しました。
524-3

3連を留めつけているバーにはストーンがついています。
524-4

画像を送って、気に入っていただけたようなので、
本日発送いたしました。

明日には到着するかな~♪

523 ヴィンテージフラワーボタンペンダント

525 ヴィンテージフラワーボタンペンダント2

関連記事

  1. 展示会作品が戻ってきました

    2015.07.14
  2. ビタミンカラー レモンイエローでさわやかな印象に!

    2016.07.12
  3. 535 チェコフラワーのコスチュームジュエリー

    2016.02.16
  4. ソードペンダント 上級者教材

    2016.11.26
  5. チェーンの陳列はどうする?

    2017.11.14
  6. Diploma(終了証)が出来上がりました

    2017.07.08

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

アーカイブ

PAGE TOP