壁の下塗り

今日から実際に壁にいろんなものを塗っていきました。
まずは壁紙やベニヤ板のアクが出てくるのを防止するガードシーラーという薬剤を塗ります。
これはローラーで1度縦に塗ったら2時間ほどおいて、今度は横向きにもう一度塗るんですね。
この2度塗り作業で午前中終わり。

今日は暑かったから、もう汗が半端なく流れて、一度家に帰って着替えてきました。
午後からは、板と板の継ぎ目や角の所にファイバーテープというものを貼りました。
これは地震などで漆喰にひびが入りにくくするものです。
粗いガーゼのような網目状のシールを貼ります。

そしてそのテープがはがれないようにタッカーで留めます。
タッカーとは大きなホチキスのようなものです。
これは100均ショップで300円で売っているんですよ。
すごく便利で木に布など貼るときに便利そうです。

中央にホチキスみたいになっているでしょう。

ここまで来たらようやく壁に漆喰の下地材を塗ることができます。
下地材は見た目はほぼ漆喰です。
塗る道具も漆喰を塗るのと変わりありません。
下地材は1mmの厚さで平らに塗らないといけないのですが、これがなかなかできない・・・
下地材をこぼしちゃうわ、うまく伸びなくて、ものすごいムラが出来ちゃったりで、難しいですね。
それでも1時間くらいするとだんだんこぼさなくなりました。
そして、最初の箇所に比べるとだいぶ薄く塗れるようになってきて楽しくなってきました。

旦那さんと二人で塗って、今日は一部屋するのが精一杯でしたね。
乾いたところは白くなってきています。

こちら養生したところが外れたわけではなく、全部塗り終わった後に奥の部屋に行くためにわざと外したんですね。
とにかくビニールで密閉しているうえにビニールのエプロンとか着けちゃっているので、暑くて暑くて、終わりかけのころには、くらくらしちゃって、軽く熱中症のようになってしまいました。

明日はこのお部屋に漆喰を塗ることができます。
そして、縁側の方にも下塗りをしますよ~。
明日は私一人でやるので、水分補給しながら、無理せずできるところまで頑張りまーす♪