梱包完了♪

ようやく梱包して販売できるようになりました!
構想から形になるまで、ちょっと時間がかかりましたが、やっぱり形になると嬉しいですね♪

欲しいと言ってくれる方がいたら、もっとうれしい!

先生をやっている方で、教室で取り扱いたいという方がいらっしゃれば
ぜひ、ご連絡くださいませ~♪

お問い合わせ

仕上げは手作業でやっています

オリジナル専用工具のカットは専門の業者さんにお願いしていますが、
お願いする前の木材の準備、表面の磨き、出来上がってきた後の加工は私がやっています。
カットされてきたものは断面が黒くなっています。
これは、レーザーカッターで焦がしながら切るために黒くなるもので、塗装しているわけではないんです。
焦げているため、多少すすが手について黒くなってしまいます。

「こすると黒くなりますが、拭けば落ちます」と言われたけど、このすす落としが
想像以上に時間がかかる作業で大変でした・・・(T_T)
機械を使わず手で落とすのが一番きれいに落とせることがわかりました。
このままでもいいんですけど、さらにパフをかけてつやを出しました。

化学薬品を塗らなくても、磨くと木材も光るんですね~♪
手前が磨く前、奥が磨いた後です。
だいぶ違うでしょう?

磨きが終わったら、組み立て作業です。
ワイヤーを巻いてい行く部分を取り付けていきます。

完成♪
一人でやっているし、時間がかかって大量生産は難しいのですが、
その分、心を込めて作っております!

 

紆余曲折も何とか商品化できます!

先日ご紹介したオリジナル工具ですが、業者さんとの最後の打ち合わせで
金額が折り合わず、その業者さんで製品にすることができませんでした(T_T)

あぁぁ~!!! やっと見つけた業者さんだったのに、また一から探さなければ…
がっくり来てしまいましたが、落ち込んでいる場合じゃない、早く探さないと!って焦ってました。
でもね!こんな時、神様は助けてくれるんですね~。

ちょっと相談した方が、知り合いの業者さんで作ってもらえるかもしれないから
聞いてみるねと言ってくださって、その場で連絡を取ってくれました。
すぐに営業さんが来てくれて、データが出来上がっていたこともあり、
あれよあれよという間に話が進み、本日製品を受け取りました!

本当にありがたい!ご協力いただいた方、ありがとうございます!

まだ、組み立てたりする部分がありますが、それはこれから私が仕上げていきます。

もう、出来るのかしら?って心配しましたが、何とか形になってきました。
来週にはお店に並べたいので、頑張りますよ~♪

より線ツールセットをオンラインで販売を始めました

より線を作るための工具のセットをオンラインで販売を始めました。

DSC_5115
より線を作るためにどんな工具を購入していいかわからない方は
このセットがあればすぐに作ることができます。
卓上バイスはプラスチック製のものでなく、厚いテーブルにも
固定できるようなものを厳選して選びました。
ヘッドに位置があともう少し角度が変わると使いやすいんだけど、
テーブルにここ以外付けられないしなぁ~っていう時も、
ヘッドが回転するので、わざわざ固定位置を変更しなくても
ちょうどいい角度で作品作りができるのも便利なところです。

DSC_5110

DSC_5110

ハンドドリルは付属していますねじフックを先端に付けてお使いいただきます。
もともとハンドドリルですので、ねじフックを外して、ドリルビットを付け替えれば
穴をあける道具としても使えます。
(黄色のドリルは旧モデルです)
より線作り方1

バイスはより線を作る以外に、ワイヤーやひも類を何本か固定して三つ編みなど
編んで作品を作るときなど、幅広く使えますので、1つもっていると便利です。

どちらか一方をすでに持っている方のために、単品での販売もしています。
セット価格はちょっとお得な価格となっています。

ぜひご利用ください。

http://shop.beadsya-kuroneko.com/items/3256492

http://shop.beadsya-kuroneko.com/items/3256413

http://shop.beadsya-kuroneko.com/items/3256261

フレンチリリアン入荷!

フレンチリリアンの編み機とラメの入ったリリアン編み糸が入荷になりました。

子供のころにリリアンを編んだことがあるという方も多いのではないでしょうか。
昔、一生懸命編んだ記憶はあるけど何を作ったんだっけ?
ただ紐のようなものが出てきたような・・・っていう思い出しかないって思うかもしれないですけど、
このフレンチリリアンは、高級ジュエリーのような素敵なアクセサリーが簡単に作れるんですよ。

まずは編み機をご紹介。
大きさは2つあります。
フレンチリリアンフプチ と フレンチリリアン
フレンチリリアン1

フレンチリリアンは上に飛び出しているピンに糸をひっかけて、作っていくのですが、
作り方が簡単なので、お子さんでも簡単に作れます。
フレンチリリアン

穴の大きさが違いますが、これで太さの違う作品が作れます。
こちらはプチで作っています。
フレンチリリアンプチ

大きな方で作ると以前ご紹介したこの商品ができます。
481

こちらはビーズを入れた作品
479&480

大きなビーズを入れる場合はフレンチリリアンの方で編んでいくとボリュームのある
作品もできますよ。

次に糸のご紹介。
今回入荷になった糸の色は、定番のシルバーとゴールドの他に
新色も入りました。

ラメ糸シルバー
ラメ糸シルバー

ラメ糸ゴールド

ラメ糸ゴールド

ラメ糸EX紺

ラメ糸EX紺

ラメ糸EX銀古美

ラメ糸EX銀古美

ラメ糸EX真鍮古美

ラメ糸EX真鍮古美

ラメ糸EX緑古美

ラメ糸EX緑古美

このラメ糸の古美シリーズですが、編んでいくと、渋い光沢があるので
編んでいくとチェーンのように見える作品ができるんですよ。

フレンチリリアンは糸の他に、テグスや細いワイヤーで作っても面白い作品ができるんです。
ちなみに、先日ご紹介したこちらのブローチの花の部分はこのフレンチリリアンプチで作っています。
o119-2

ステンレスニッパー入荷

新しくステンレスがサクサク切れるステンレスニッパーが入荷しました!
こういうのすごーく待っていました。
切れ味抜群で、ヘッドが小さくて、アクセサリーを作るのに最適。

DSC_1720

アクセサリーを作るためのニッパーって工具の中でも刃の部分が小さいですよね。
そうでないと細かいところが切れないので当然なのですが、そのニッパーで
ステンレスワイヤーを切ると刃がボロボロになっちゃってしまうんですよね。
刃に穴が開いたようになってしまっていました。
こうなるともう細いワイヤーでも潰れたようになって、切れなくなってしまいます。
私の場合は、専門の業者さんに研ぎに出していました。
写真のように研ぎに出すときれいに復活します。

でも、研ぎ代に送料を考えると新しいものかってもいいかなって気持ちにもなってしまうんですよね。
ニッパー研ぐ

ステンレスニッパーは通常のニッパーより高いですが、何本も買うよりずっとお得です。
同じようなお悩みの方、このニッパーを試してみてください!